塔1997年11月1日

今回は, 「ものみの塔」誌1997年11月1日号に絞り論考します。

6-7頁「しかし, 過去において甚だしい不一致をもたらしてきた外部の勢力についてはどうですか。その力はこの新しい体制にも意のままに潜入し, その結果, そこに住む人たちはもういちど最初から破壊的な過程を繰り返し, 仲間の住人たちと戦いすべての人の生活を悲惨な状況に陥れるのでしょうか。そのようなことは決してありません。この立ち退きと修復は, 最終的かつ完璧なものです。」

訂正:ナホムはアッシリヤ人に関係して預言しています。

ナホム 1:1「ニネベに対する宣告。エルコシュ人ナホムの幻の書。」

7頁「人間であれ悪霊であれ, 宇宙の秩序を乱したり, 正邪に関する神の基準を破ったり, 仲間の人間を苦しめたりするような行いを続けることはだれにも許されません。一致を乱す者は皆, 除き去られます。−詩編 21:9-11。ゼパニヤ 1:18; 3:8。」

ノート:不信仰な人は, イエスを愛しません。

コリント第一 16:22-24「主を愛さない者はだれでも, のろわれよ。主よ, 来てください。 主イエスの恵みが, あなたがたとともにありますように。私の愛は, キリスト・イエスにあって, あなたがたすべての者とともにあります。アーメン。」

8頁「クリスチャンはエホバの基準に従い, また世に対して神の王国の良いたよりを宣べ伝えるようにとの命令に聞き従うゆえに, 自分たちと世との関係に於いて難しさを経験することもありました。(テモテ第二 3:12。ヨハネ第一 3:1, 13)」

訂正:良いたよりとは, イエス・キリストです。

コリント第一 15:1-4「兄弟たち。私は今, あなたがたに福音を知らせましょう。これは, 私があなたがたに宣べ伝えたもので, あなたがたが受け入れ, また, それによって立っている福音です。また, もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら, 私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば, この福音によって救われるのです。私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは, 私も受けたことであって, 次のことです。キリストは, 聖書の示すとおりに, 私たちの罪のために死なれたこと, また, 葬られたこと, また, 聖書に従って三日目によみがえられたこと, 」

ノート:イエス・キリストにある者だけが, 信仰にある迫害を受けます。

テモテ第二 3:2「そのときに人々は, 自分を愛する者, 金を愛する者, 大言壮語する者, 不遜な者, 神をけがす者, 両親に従わない者, 感謝することを知らない者, 汚れた者になり, 」

14頁「ローマの後には第七世界強国が興る, ということも預言されていました。(ダニエル 7:3-7; 8:3-7, 20, 21。啓示 17:9, 10)これは大英帝国と結局は英国を力の点で凌駕したその同盟国の米国から成る, 英米世界強国であることが判明しました。」

訂正:米国世界の支配は, 真のクリスチャンを一度も禁止したことがありません。

ダニエル 7:25「彼は, いと高き方に逆らうことばを吐き, いと高き方の聖徒たちを滅ぼし尽くそうとする。彼は時と法則を変えようとし, 聖徒たちは, ひと時とふた時と半時の間, 彼の手にゆだねられる。」

14-15頁「大英帝国は, ローマ帝国の最後の名残がようやく消えたあと伸展しはじめました。相次いで登場する七つの世界強国は, 『啓示』の書の中で, 動揺してやまない人類という海から出現する, 七つの頭のある野獣のその頭によって象徴されています。(イザヤ 17:12, 13; 57:20, 21。)」

訂正:最後の世界支配の支配者は, 42ヶ月だけ君臨します。

黙示録 13:5-7「この獣は, 傲慢なことを言い, けがしごとを言う口を与えられ, 四十二か月間活動する権威を与えられた。そこで, 彼はその口を開いて, 神に対するけがしごとを言い始めた。すなわちネ 神の御名と, その幕屋, すなわち, 天に住む者たちをののしった。彼はまた聖徒たちに戦いをいどんで打ち勝つことが許され, また, あらゆる部族, 民族, 国語, 国民を支配する権威を与えられた。」

15頁「エホバの証人は, 神の王国だけが地上に平和をもたらし得ることを知っています。」

訂正:イエス・キリストだけが地に平和をもたらします。

ダニエル 7:14「この方に, 主権と光栄と国が与えられ, 諸民, 諸国, 諸国語の者たちがことごとく, 彼に仕えることになった。その主権は永遠の主権で, 過ぎ去ることがなく, その国は滅びることがない。」

黙示録 17:14「この者どもは小羊と戦いますが, 小羊は彼らに打ち勝ちます。なぜならば, 小羊は主の主, 王の王だからです。また彼とともにいる者たちは, 召された者, 選ばれた者, 忠実な者だからです。」

15頁「彼らはこの王国に付き従うゆえに, 世の政府の行う事柄には中立です。」

ノート:イエス・キリストが地上に帰還するまで私達の国籍は, 天にあります。

ピリピ 3:20「けれども, 私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを, 私たちは待ち望んでいます。」

15頁「また, その印, つまり野獣の名もしくはその名の数字を持つ者以外はだれも売り買いできないようにします。(啓示 13:16-17)これはどういう意味でしょうか。右手の印は, 活発に支持することの適切な象徴です。」

訂正:食物の分配のためのしるしは, 個人的識別の形態です。

黙示録 6:5-6「小羊が第三の封印を解いたとき, 私は, 第三の生き物が, 『来なさい。』と言うのを聞いた。私は見た。見よ。黒い馬であった。これに乗っている者は量りを手に持っていた。すると私は, 一つの声のようなものが, 四つの生き物の間で, こう言うのを聞いた。『小麦一枡は一デナリ。大麦三枡も一デナリ。オリーブ油とぶどう酒に害を与えてはいけない。』」

16頁「さらに, 彼らは背教した宗教の行う忌むべきことのために『嘆息し, うめいている』ので, 自分の額に, エホバの裁きが執行される時に命を救われるに値する者であることを示す象徴的な印を受けます。」

訂正:144,000人の油そそがれたクリスチャンは, この時に封印されて救われます。

黙示録 7:3-4「私たちが神のしもべたちの額に印を押してしまうまで, 地にも海にも木にも害を与えてはいけない。」。

30頁「風あらしがエリヤを取り去り, 奇跡的な方法で別の場所に移しました。」

訂正:エリヤはヨラム(エホラム)の治世の数年間まで天に昇りませんでした。

列王記第二 1:17「王はエリヤが告げた主のことばのとおりに死んだ。そしてヨラムが代わって王となった。それはユダの王ヨシャパテの子ヨラムの第二年であった。アハズヤには男の子がなかったからである」。

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1998 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.