統治体の聖書解釈−信頼できますか

今回は, 「ものみの塔」誌1997年4月1日号に絞り論考します。

6頁「弟子達は, イエスの臨在のしるしについても尋ねていたのです。当時彼らはそのことを知りませんでしたが, 統治を行う王として天で即位される時のことを指し示していました」。

訂正:弟子達はイエス・キリストの地上への肉体的な帰還について話しました。

ペテロ第二 1:16「私たちはあなたがたに私たちの主イエス・キリストの力と来臨とを知らせましたが, それはうまく考え出した作り話に従ったものではありません。この私たちは, キリストの威光の目撃者なのです」。

8頁「今世紀に, エホバの証人は人類史上, 他に類のない業を行って来ました。証人たちは, エホバ神の王国に関する聖書の音信−王国とは何か, どの様に支配するか, 何を成し遂げるか−を受け入れ, それを全地に広めてきました」。

訂正:彼らが語らなければならないのは, イエス・キリストを通しての救いです。

ルカ 24:44「さてそこでイエスは言われた。『わたしがまだあなた方に話したことばはこうです。わたしについてモーセの律法と預言書と詩篇とに書いていることは必ず成就するということでした。』」。

Luke 24:44 「・・・about me・・」NWT.

8頁「イエスが, これを『良いたより』と呼んで, 悪い知らせと呼んでおられないことに注目して下さい。今は暗い時代であるのに, なぜそういえるのでしょうか。この古い世の終わりの時に事態がどれほど悪くなるかは, 聖書の主要な音信ではないからです。聖書の主要な音信は, 神の王国と関係があります。しかもその王国は, 平和を愛する人々すべてが心に慕うもの, すなわち救出を約束しています」。

訂正:イエス・キリストは救出を与えられます。

テサロニケ第一 1:9-10「すなわち, やがて来る御怒りから私たちを救い出してくださるイエスが天から来られるのを待ち望むようになったか, それらのことは他の人々が言い広めているのです」。

テサロニケ第一 1:9-10「・・・who delivers us・・・」NWT

11頁「警報となる種々の知らせに注意を払って適切な行動をとる人々にとって, 救出が近づいているのです。ヨハネ第一 2章17節は何を行わなければならないかを示しています。『世[サタンの事物の体制]』は過ぎ去りつつあり, その欲望も同じです。しかし, 神のご意志を行うものは永久にとどまります」。

訂正:相応しい行動は, あなたの人生にイエス・キリストを迎え入れることです。

ヨハネ第一 5:1「イエスがキリストであると信じる者はだれでも神によって生まれたのです。生んで下さった方を愛する者は誰でもその方によって生まれた者をも愛します」。

ヨハネ 1:12「しかし, この方を受け入れた人々すなわちその名を信じた人々には神の子供とされる特権をお与えになった。」

11-12頁「神の僕たちが救出されるためには, サタンとその世界的な事物の体制全体が除き去られる必要があります。それには救出をもたらす, 人間よりはるかに強力な方が必要です。その方は, 畏怖すべき宇宙の全能の創造者である, 至上の主権者, エホバ神です。この方こそ主要な救出者です。わたしが−わたしがエホバであり, わたしのほかに救う者はいないと言っておられます。−イザヤ 43:11。箴言 18:10 」。

訂正:新約聖書はイエス・キリストが救い主であることを宣言しています。

ルカ 2:11「きょうダビデの町であなた方のために救い主がお生まれになりました。 この方こそ主キリストです」。

テモテ第二 4:1-2「神の御前でまた生きている人と死んだ人とを裁かれるキリスト・イエスの御前で, その現れとその御国を思って私はおごそかに命じます」。

15頁「6 偽りの宗教を滅ぼした政治分子は, 今度はエホバの僕たちに矛先を向けます。預言の中で『マゴグの地のゴグ』と呼ばれているサタンは, 『わたしは, 騒乱のおそれもなく, 安らかに住んでいる者たちのところに入っていく』と言います。サタンは彼らを格好の餌食と考え, 『地を覆う雲のように, おびただしい軍勢』によって襲いかかります。(エゼキエル 38:2, 10-16)」。

訂正:この預言は, ユダヤ人の為のものです。

エゼキエル 38:18「ゴグがイスラエルの地を攻め入るその日−神である主の御告げ−わたしは怒りを燃え上がらせる。」

・・Gogs comes in upon soil of Israel(ゴグがイスラエルの地に入ってくる。)・・」NWT

15頁「その時, 人の子[キリスト]のしるしが天に現れます。そしてその時, 地のすべての部族は嘆きのあまり身を打ちたたき, 彼らは, 人の子が力と大いなる栄光を伴い, 天の雲に乗って来るのを見るでしょう。(マタイ 24:29, 30)」。

訂正:誰もがイエス・キリストの地球への帰還を見ます。

黙示録 1:7「見よ。彼が雲に乗ってこられる。すべての目, 事に彼を突き刺した者たちが彼を見る。地上の諸族はみな, 彼の故に嘆く。しかり。アーメン」。

啓示 1:7「見よ, 彼は雲と共に来る。そして, すべての目は彼を見るであろう。彼を刺し通したものたちも[見る]・・・」新世界訳。

(注意:聖書のどこにも「理解の目」という言葉はありません。聖書は, すべて目と述べています。)

15頁「サタンの体制の残存物はことごとく滅ぼし去られます。神を無視する人々から成る人間社会は完全に滅ぼし尽くされます。それが『大患難』の最高潮をなすハルマゲドンです。」

訂正:誰も神の人々に対して対抗することが出来ず滅ぼすことが出来ません。

ゼカリヤ 14:16「エルサレムに攻めてきたすべての民のうち, 生き残った者はみな, 毎年, 万軍の主である王を礼拝し, 仮庵の祭りを祝うために上ってくる」。

15頁「11 全地の幾百万人というエホバの崇拝者は, 『大患難』の中から救出されます。それらの崇拝者たちは, 『すべての国民と部族と民と国語の中から』来た『大群衆』を構成しています」。

訂正:真のクリスチャンは, イエスの証しのため特別に死から逃れられません。

マタイ 24:9「その時, 人々はあなた方を苦しい目に会わせ殺します。またわたしの名のために, あなたがたはすべての国の人々に憎まれます。」

15-16頁「彼らがそうした畏敬すべき方法で救い出されるのはなぜでしょうか。なぜなら, 彼らはエホバに『昼も夜も神聖な奉仕を』ささげているからです。そのゆえにこの世の新しい終わりを生き残り, 義の新しい世に招じ入れられます。(啓示 7:9-15)」。

訂正:真のクリスチャンは, イエスの証しのため特別に死から逃れられません。

黙示 6:11「また兄弟たちで, あなた方と同じように殺されるはずの人々の数が満ちるまで, もうしばらくの間, 休んでいなさい。と言い渡された」。『新改訳』聖書。

啓示 6:1「・・・自分達が[殺された]と同じように殺されようとしている仲間の奴隷また兄弟たちの数が満ちるまで・・・」。新世界訳

16頁「ですから彼らは『エホバを待ち望み, その道を守れそうすれば, 神はあなたを高めて地を所有させてくださる。邪悪な者たちを断ち滅ばされるとき, あなたがたはそれを見るであろう』というエホバの約束が成就するのを目撃します。−詩編 37:34」。

訂正:イエス・キリストは新約聖書の中で私達の希望として述べられています。

テモテ第一 1:1「私たちの救い主なる神と私たちの望みなるキリスト・イエスとの命令によるキリスト・イエスの使徒パウロから」。

「・・・our Savior and of Christ Jesus , our hope , 」NWT

18頁「22 この終わりの日にエホバが忍耐しておられるおかげで, ほかにも重要な事柄が成し遂げられています。神は大群衆を集めて教育する時間を与えておられ, その大群衆はすでに500万人を超えています。エホバの導きのもとに, 彼らは前進してゆく一つの組織へとまとめられてゆきました」。

訂正:神は人々が悔い改め永遠の命を持つように憐れみを示しておられます。

ペテロ第二 3:9「・・・かえってあなた方に対して忍耐深くあられるのであって, ひとりでも滅びることを望まず, すべての人が悔い改めることを望んでおられるのです」。

テモテ第一 1:16「それなのにわたしが憐れみを示されたのはキリスト・イエスがその辛抱強さの限りを示し, 永遠の命を求めて彼に信仰を置こうとしている人達への見本とするためだったのです」。新世界訳

21頁「母は私にバプテスト派の信者としてのバプテスマを授けさせたいと思っていましたが, 私はそうしたくありませんでした。愛ある神が地獄の火で人々をいつまでも燃やし続けるとは信じられなかったからです」。

訂正:みことばは言います。悪魔の追随者は永遠の火の中に入ります。

黙示録 20:10 「そして, 彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣もにせ預言者もいる所で, 彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける」。

22頁「火の燃える地獄などないことを聖書から学び, 自分のルーマニア語の聖書にエホバという神のお名前が出ているのを見てその晩は本当に感激しました」。

訂正:みことばは言います。悪魔の追随者は永遠の火の中に入ります。

黙示録 19:20「すると獣は捕らえられた。また獣の前でしるしを行い, それによって獣の刻印を受けた人々と獣の像を拝む人々とを惑わしたあのにせ預言者も, 彼と一緒に捕らえられた。そしてこのふたりは硫黄の燃えている火の池に生きたままで投げ込まれた」。

啓示 19:20「そして, 野獣は捕らえられ, それと共に[野獣]の前でしるしを行い, それによって, 野獣の印を受けた者とその像に崇拝をささげる者とを惑わした偽預言者も[捕まえられた]。彼らは両方とも生きたまま, 硫黄で燃える火の湖に投げ込まれた。」新世界訳。

25頁「私は数年の間, 記念式で表象物にあずかるのをやめていました。十分な資格のある兄弟達があずからないのを見て, 『ほかの人たちがあんなに流ちょうに話すのに, エホバはどうして私などに天でみ子の共同相続人になる特権をお与えになるのだろうか』と考えたのです。ところが, 表象物にあずからないと, とても気持ちが落ち着きません。自分で何かをかたくなに拒んでいるような感じなのです。いろいろと研究し, 祈りのうちに祈願をささげたのち, 再び表象物にあずかり始めました。私は安らぎと喜びを取り戻し, 以来それらを失ったことは一度もありません。」

訂正:神の御霊に導かれる者は, 誰でもイエス・キリストとの共同相続人です。

ローマ 8:14-17「神の御霊に導かれ人は, だれでも神の子どもです。・・・もし子どもであるなら相続人でもあります。」

26頁「エホバの証人は, あらゆるふさわしい機会に, 神の王国の良いたよりを宣べ伝えることによって『種』をまきます。230を超える国や地域や群島で, エホバの証人は『たゆみなく教え, キリスト・イエスについての良いたよりを宣明』し続けています。(使徒 5:42)」。

訂正: 神の王国は, 地上の楽園ではありません。

ヨハネ 14:6-7「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり, 真理でありいのちなのです。私を通してでなければだれひとり父のみもとに来ることはありません。あなたがたは, もしわたしを知っていたなら,父をも知っていたはずです。しかし, 今やあなたがたは父を知っており, またすでに父を見たのです。』」

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1998 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.