塔1997年7月15日

今回は, 「ものみの塔」誌1997年7月15日号に絞り論考します。

5頁「『神の像』に創造されるとは, どういう意味でしょう。簡単に言えば, 人間は神に似た様に, 公正や知恵や愛といった, 神の属性を持つように造られたということです。そのような属性は, 人と動物と区別するものでした。(コロサイ 3:9-10と比較して下さい。)」。

訂正:神は人間のうちに霊を住まわされました。

ヨハネ 4:24「神は霊ですから, 神を礼拝する者は, 霊とまことによって礼拝しなければなりません」。

コリント第一 6:20「For you were bought at a price; therefore glorify God in your body and in your spirit, which are God's.」。NKJV

ローマ 8:9「けれども, もし神の御霊があなたがたのうちに住んでおられるなら, あなたがたは肉の中にではなく, 御霊の中にいるのです。キリストの御霊を持たない人は, キリストのものではありません。」

ローマ 8:9「しかし, 真に神の霊があなた方の内に宿っているなら・・・」新世界訳

ローマ 8:11「もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が, あなたがたのうちに住んでおられるなら, キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は, あなたがたのうちに住んでおられる御霊によって, あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。」

ローマ 8:11「そして, イエスを死人の中からよみがえらせた方の霊があなた方の内に宿っているのなら・・・あなた方の内に住むご自分の霊によって・・・」新世界訳

コリント第一 6:19「あなたがたのからだは, あなたがたのうちに住まれる, 神から受けた聖霊の宮であり, あなたがたは, もはや自分自身のものではないことを, 知らないのですか。」

コリント第一 6:19「あなた方の体が, あなた方の内にある聖霊の神殿であることを知らないとでもいうのですか。」新世界訳

5頁「そのような発言は憎むべきうそであり, 罪の行為でした。そのみ使いは, このようなうそを言うことにより, 自ら罪を犯した者となりました。その結果, この者は悪魔つまり中傷する者, またサタンつまり神の反対者と呼ばれるようになりました」。

訂正:サタンは, 誇り高ぶりを通して堕落しはじめました。

イザヤ 14:12-15「暁の子, 明けの明星よ。どうしてあなたは天から落ちたのか。国々を打ち破った者よ。どうしてあなたは地に切り倒されたのか。あなたは心の中で言った。『私は天に上ろう。神の星々のはるか上に私の王座を上げ, 北の果てにある会合の山にすわろう。密雲の頂に上り, いと高き方のようになろう。』しかし, あなたはよみに落とされ, 穴の底に落とされる。」。

7頁「イエスの贖いの犠牲は, 今も人に益をもたらすことができます。わたしたちは, それに信仰を働かせることにより, 神のみ前で清い立場を享受でき, エホバの愛のこもった, 優しい世話を受けることができます」。

訂正:イエス・キリストの贖いの目的は, そうではありません。

ガラテヤ 3:26「あなたがたはみな, キリスト・イエスに対する信仰によって, 神の子どもです。」。

19頁「今日, エホバの民は義の新しい世の門口に立っています。そこへ入ることは, この世の悪徳を今後も退ける人たちの祝福された特権となります」。

訂正:イエス・キリストに対する信仰は, 人を神の前に義とされ入場を許されます。

ローマ 3:20-22「なぜなら, 律法を行なうことによっては, だれひとり神の前に義と認められないからです。律法によっては, かえって罪の意識が生じるのです。しかし, 今は, 律法とは別に, しかも律法と預言者によってあかしされて, 神の義が示されました。すなわち, イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって, それはすべての信じる人に与えられ, 何の差別もありません。」

ローマ 5:1-2「ですから, 信仰によって義と認められた私たちは, 私たちの主イエス・キリストによって, 神との平和を持っています。またキリストによって, いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは, 神の栄光を望んで大いに喜んでいます。」

ローマ 8:1-2「 こういうわけで, 今は, キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら, キリスト・イエスにある, いのちの御霊の原理が, 罪と死の原理から, あなたを解放したからです。」

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1998 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.