真理の証人ですか

今回は, 「ものみの塔」誌1998年9月1日号に絞り論考します。

5頁 「そうすれば, イザヤを通して語られた次のようなエホバの預言の通りになることを体験できます。『あなたの目は必ずあなたの偉大な教訓者を見る目となる。そして, あなた方が右に行くにしても左に行くにしても, あなたの耳はあなたの後ろで, [これが道であるあなた方はこれを歩め]という言葉を聞くであろう』。−イザヤ 30:20, 21; 48:17」

ノート:あなたはイエス・キリストの内を歩んでいますか。

ヨハネ 14:6「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり, 真理であり, いのちなのです。わたしを通してでなければ, だれひとり父のみもとに来ることはありません。』」

6頁「エホバはご自分を信頼する人たちに対して, 『わたしはあなたに洞察力を持たせ, その行くべき道を教え諭す。わたしはあなたに目を留めて忠告を与えよう』と約束しておられます。−詩編 32:8」

14頁 「6 人間から成る一つの組織が, どうして目に見えない天に住むエホバの支配を受けられるでしょうか(詩編 103:19)そこに交わる人々が, 『心を尽くしてエホバに依り頼め。自分の理解に頼ってはならない』という, 霊感による助言に従うからです。(箴言 2:6; 3:5)」

ノート:あなたは, 自分の信頼をイエス・キリストに置きましたか。

詩篇 2:12「御子に口づけせよ。主が怒り、おまえたちが道で滅びないために。怒りは、いまにも燃えようとしている。幸いなことよ。すべて主に身を避ける人は

詩篇 2:12 Kiss the Son, lest He be angry,And you perish in the way,When His wrath is kindled but a little.Blessed are all those who put their trust in Him.NKJV

8頁「『ものみの塔』誌(英語), 1922年12月1日号の陳述は, その答えを示唆していました。 『我々は今, 邪悪な日にいるサタンの組織と神の組織との間で戦いが繰り広げられているこれは, すべてを賭けた戦いである』。この闘争において, 神の組織は霊的な安全の得られる場所です。」

11頁「12 この保護を受けられるのが神の組織の成員だとすれば, だれがその中に含まれるでしょうか。」

訂正:イエス・キリストは組織ではありません。

テサロニケ第一 1:9-10「私たちがどのようにあなたがたに受け入れられたか, また, あなたがたがどのように偶像から神に立ち返って, 生けるまことの神に仕えるようになり, また, 神が死者の中からよみがえらせなさった御子, すなわち, やがて来る御怒りから私たちを救い出してくださるイエスが天から来られるのを待ち望むようになったか, それらのことは他の人々が言い広めているのです。」

テサロニケ第一 1:9-10「・・・すなわちイエスであって, 来たらんとする憤りからわたしたちを救い出して下さる方なのです。」新世界訳

8頁「これを念頭に置くと, 使徒たちが1世紀のクリスチャンをエルサレムの統治体から監督を受ける土地ごとの会衆に組織したのですから, それら『仲間の兄弟たち』は一つの組織を成していたと言うことができます。(ペテロ第一 2:17)」

ノート:パウロは, 統治体の命令に従っていたペテロの間違いを指摘しました。

ガラテヤ 2:11-12「ところが, ケパがアンテオケに来たとき, 彼に非難すべきことがあったので, 私は面と向かって抗議しました。なぜなら, 彼は, ある人々がヤコブのところから来る前は異邦人といっしょに食事をしていたのに, その人々が来ると, 割礼派の人々を恐れて, だんだんと異邦人から身を引き, 離れて行ったからです。」

9頁「そして, 何という喜びでしょう。天と地の生きとし生けるすべてのものが組織されて一致の内にエホバ神を賛美する時を待ち望めるのです。」

ノート:イエス・キリストを忘れてはいけません。

黙示録 5:13「また私は, 天と地と, 地の下と, 海の上のあらゆる造られたもの, およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。『御座にすわる方と, 小羊とに, 賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。』」

啓示 5:13「・・・子羊とに, 祝福と誉れと栄光と威力が限りなく永久にありますように新世界訳。

9頁「7 神の組織は, サタンとその謀略から身を守る助けとなります。(エフェソス 6:11)」

訂正:イエス・キリストは組織ではありません。

エペソ 6:10「終わりに言います。主にあって, その大能の力によって強められなさい。」

エフェソス 6:10「終わりに, 主にあって, またその力の強大さによって強くなって行きなさい」新世界訳

9-10頁「8 神の組織はこの保護をどのように差し伸べるのでしょうか。第一に, エホバの霊の僕たちの絶えることのない支援があります。」

訂正:御父ご自身が御子イエス・キリストを通してあなたを保護されます。

ピリピ 4:6-7「何も思い煩わないで, あらゆるばあいに, 感謝をもってささげる祈りと願いによって, あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば, 人のすべての考えにまさる神の平安が, あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」

フィリピ 4:6-7「・・・そうすれば, 一切の考えに勝る平和が, あなた方の心と知力を, キリスト・イエスによって守って下さるのです。」新世界訳

10頁「エホバの目に見える組織も, 保護となります。どのようでしょうか。箴言18章10節には, 『エホバのみ名は堅固な塔。義なる者はその中を走り込んで保護される』とあります。 これは, エホバの名を繰り返し唱えさえすれば保護されるということではありません。神のみ名に避け所を得るとは, むしろエホバご自身に依り頼むことを意味します。」

訂正:御父は, 全ての人がイエスの名に避け所を得ることを望んでおられます。

使徒 4:12「この方以外には, だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには, 私たちが救われるべき名としては, どのような名も, 人間に与えられていないからです。」

10頁「それには, エホバに全く専心的に仕えることも含まれます。エホバをそのように崇拝する人だけが, 詩編作者と共に, 『わたしたちの心は[エホバ]にあって歓び, わたしたちはその聖なるみ名に信頼を置いた』ということができます。」

ノート:御父は, 全ての事柄に於いてイエス・キリストを第一にして欲しいと願っておられます。

コロサイ 1:18「また, 御子はそのからだである教会のかしらです。御子は初めであり, 死者の中から最初に生まれた方です。こうして, ご自身がすべてのことにおいて, 第一のものとなられたのです。」

コロサイ 1:18「, that he might become the one who is first in all thingsNWT

10頁「したがって, エホバの組織の一員であるとは, 神の名に保護を求め, 神の名において保護を求める人々の一人であるということになります。」

訂正:御父は, 私たちの信頼をイエスという名前に置くことを私たちに命じておられます。

ヨハネ第一 3:23「神の命令とは, 私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられたとおりに, 私たちが互いに愛し合うことです。」

ヨハネ第一 3:23「実際, これが[]のおきてです。すなわち, わたしたちがそのみイエス・キリストの名に信仰を持ち, 彼がわたしたちにおきてを与えたとおり, 互いに愛し合うことです。」新世界訳

10頁「『忠実で思慮深い奴隷』は, この組織を通して『時に応じて・・・食物』を提供します。(マタイ 24:45)」

訂正:「ものみの塔」誌は, イエス・キリストの可視的帰還を探していません。

マタイ 24:44「だから, あなたがたも用心していなさい。なぜなら, 人の子は, 思いがけない時に来るのですから。」

マタイ 24:44 "Therefore you also be ready, for the Son of Man is coming at an hour you do not expect.NKJV

10-11頁「油そそがれたクリスチャンで構成されるその『奴隷』は, 霊的に良いものの中で最良のもの−すなわち, 人を永遠の命に導く, 聖書に基づく正確な知識−を提供します。(ヨハネ 17:3)」

訂正:真の油そそがれたクリスチャンは, イエス・キリストを理解の源と認めます。

ヨハネ第一 5:20「しかし, 神の御子が来て, 真実な方を知る理解力を私たちに与えてくださったことを知っています。それで私たちは, 真実な方のうちに, すなわち御子イエス・キリストのうちにいるのです。この方こそ, まことの神, 永遠のいのちです。」

11頁「使徒ヨハネが見たところによれば, 終わりの日には『子羊』, ケルブたち(『四つの生き物』), および『多くのみ使いたち』が神のみ座のすぐそばにいます。」

訂正:イエス・キリストは神のみ座の中央に立っておられます。

黙示録 5:6 And I looked, and behold, in the midst of the throne and of the four living creatures, and in the midst of the elders, stood a Lamb as though it had been slain, having seven horns and seven eyes, which are the seven Spirits of God sent out into all the earth. NKJV.

啓示 5:6 And I saw standing in the midst of the throne and of the four living creatures and in the midst of the elders a lamb as though it had been ・・・. NWT.

11頁「したがって, 『天の王国』がその中心を成す, 神の組織の成員であるためには, 神のご意志を行っていなければなりません。」

訂正:神のご意志を行うとは, あなたの真摯な信仰と信頼をイエス・キリストに置くことです。

ヨハネ 6:39-40「わたしを遣わした方のみこころは, わたしに与えてくださったすべての者を, わたしがひとりも失うことなく, ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。事実, わたしの父のみこころは, 子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。」

ヨハネ 6:39-40「わたしにお与えになったすべてのもののうちわたしがその一つも失わず, 終わりの日にそれを復活させること, これがわたしを遣わした方のご意志なのです。というのは, 子を見てそれに信仰を働かせる者がみな永遠の命を持つこと, これがわたしの父のご意志だからです。」新世界訳

11頁「ご意志とは何でしょうか。パウロはその肝要な一面を明らかにして, 『神のご意志は, あらゆる人が救われて, 真理の正確な知識に至ること(です)』と述べました。(テモテ第一 2:4)」

ノート:真理の正確な知識とは, イエス・キリストについてです。

テモテ第一 2:5-7「神は唯一です。また, 神と人との間の仲介者も唯一であって, それは人としてのキリスト・イエスです。キリストは, すべての人の贖いの代価として, ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。そのあかしのために, 私は宣伝者また使徒に任じられ・・私は真実を言っており, うそは言いません。・・信仰と真理を異邦人に教える教師とされました。」

13頁「神の聖霊の助けや, 忠実なクリスチャン兄弟たちの支えのおかげで, またイエスの贖いの犠牲の恩恵を受けているので, 忠実なクリスチャンは自分の肉の弱さに征服されません。(ローマ 7:24, 25)そのような人は, 神の組織の中にいて, つまり世の友ではなく神の友たちに囲まれていて安全です。」

訂正:真のクリスチャンは, イエス・キリストのために苦難に遭います。

ヨハネ 16:33「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは, あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは, 世にあっては患難があります。しかし, 勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」

ローマ 8:35-37「私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか, 苦しみですか, 迫害ですか, 飢えですか, 裸ですか, 危険ですか, 剣ですか。 『あなたのために, 私たちは一日中, 死に定められている。私たちは, ほふられる羊とみなされた。』と書いてあるとおりです。しかし, 私たちは, 私たちを愛してくださった方によって, これらすべてのことの中にあっても, 圧倒的な勝利者となるのです。」

13頁「わたしたちは, 本当にエホバの現代の『国民』, 神の目に見える組織の成員であるなら, 神が与えて下さる力にあずかり, 神がご自分の民に祝福して与えておられる平和を享受することができます。」

訂正1:あなたを強めるのはイエス・キリストであり組織ではありません。

ピリピ 4:13「私は, 私を強くしてくださる方によって, どんなことでもできるのです。」

コリント第二 12:9 「しかし, 主は, 『わたしの恵みは, あなたに十分である。というのは, わたしの力は, 弱さのうちに完全に現われるからである。』と言われたのです。ですから, 私は, キリストの力が私をおおうために, むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」

コリント第二 12:9「・・・「キリストの力が天幕のごとくわたしの上にとどまるようにします。」新世界訳。

フィリピ 4:13「自分に力を与えてくださった方のおかげで, わたしは一切の事に対して強くなっているのです。」新世界訳

訂正2:あなたは組織からではなく, イエス・キリストから平和を享受できます。

ヨハネ 14:27「わたしは, あなたがたに平安を残します。わたしは, あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは, 世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」

マタイ 28:18-20「イエスは近づいて来て, 彼らにこう言われた。「『わたしには天においても, 地においても, いっさいの権威が与えられています。それゆえ, あなたがたは行って, あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして, 父, 子, 聖霊の御名によってバプテスマを授け, また, わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように, 彼らを教えなさい。見よ。わたしは, 世の終わりまで, いつも, あなたがたとともにいます。』 」

14頁「イスラエル人は目に見える王を戴くようになりましたが, 真の支配者はエホバでした。イスラエル人の預言者イザヤは, 『エホバはわたしたちの裁き主, エホバはわたしたちの法令授令者, エホバはわたしたちの王』と述べました。−イザヤ 33:22」

ノート:クリスチャン・ギリシャ語聖書(新約聖書)の中に於いて, イエス・キリストが裁き主であり, 法令授与者です。

ヨハネ 5:22-23「また父はだれをもさばかず, すべてのさばきを子にゆだねられました。 それは, すべての者が, 父を敬うように子を敬うためです。子を敬わない者は, 子を遣わした父をも敬いません。」

ヨハネ 15:14「わたし[イエス・・・引用者による補充]があなたがたに命じることをあなたがたが行なうなら, あなたがたはわたしの友です。」

黙示録 19:16「その着物にも, ももにも, 『王の王, 主の主。』という名が書かれていた。」

14頁「そうするためには, 聖書研究生でなければなりません。(詩編 1:1-3)昔の, 『気持ちがおおらかであった』ベレアの人々のように, これらの人々は, 人間の言うことを鵜呑みにせず, 自分の学んでいる事柄が真実かどうかをいつも聖書で確かめます。(使徒 17:10, 11。 詩編 119:33-36)」

ノート:ものみの塔聖書冊子協会からの出版物や雑誌は, 聖書ではありません。ものみの塔の教理は, 聖書に基づいていますか。

15頁「これらの人は, 複合的な『忠実で思慮深い奴隷』を構成しています。クリスチャンは, その『奴隷』による監督を受け入れることにより, イエスに対する服従, またそれゆえにイエスの頭であるエホバに対する服従を示します。(マタイ 24:45-47; 25:40)」

訂正:あなたは, 組織ではなくイエス・キリストの奴隷となるべきです。

ローマ 1:1「神の福音のために選び分けられ, 使徒として召されたキリスト・イエスのしもべパウロ」

ローマ 1:1「イエス・キリストの奴隷であり・・・」ユダ 1「イエス・キリストの奴隷であるユダから」ペテロ第二 1:1「イエス・キリストの奴隷また使徒であるシモン・ペテロから・・・」 ヤコブ 1:1「神およびイエス・キリストの奴隷ヤコブから・・・」新世界訳

15頁「それでも, ユダヤ人に『子は、自分からは何一つ行うことができず, ただ父がしておられて, 自分が目にする事柄を行えるにすぎません』と語りました。(ヨハネ 5:19)」

訂正:イエス・キリストは御使いの働きではなく神の働きだけを成しておられます。

ヨハネ 5:21「父が死人を生かし, いのちをお与えになるように, 子もまた, 与えたいと思う者にいのちを与えます。」

ヨハネ 5:21「・・・子もまた自分の望む者を生かすからです。」新世界訳

15頁「同様に, 地的な希望を持つ人も, 天的な希望を人をねたましく思ったりしません。」

訂正:クリスチャンの希望は一つです。

エペソ 4:4-6「からだは一つ, 御霊は一つです。あなたがたが召されたとき, 召しのもたらした望みが一つであったのと同じです。主は一つ, 信仰は一つ, バプテスマは一つです。すべてのものの上にあり, すべてのものを貫き, すべてのもののうちにおられる, すべてのものの父なる神は一つです。」

エフェソス 4:4-6「・・・あなたがたが召されたその一つの希望・・・新世界訳

(質問:召しのもたらした希望は, 一つのなのに天的希望と地的希望があるのは何故ですか。)

16頁「今日でも同じ事が言えます。今世紀中ずっと, エホバの証人は独裁的な支配者たちの手で大いに苦しめられて来ました。イエスの予告されたとおりです。(マタイ 24:9-13)」

訂正:彼らは, イエスの名のためではなく, 不必要に苦しんでいます。

マタイ 24:9「そのとき, 人々は, あなたがたを苦しいめに会わせ, 殺します。また, わたしの名のために, あなたがたはすべての国の人々に憎まれます。」 16頁「そして, 可能な場合には, 問題を役人や国の裁判所に提出して自分たちの身の潔白を論証します。何であれ良いたよりを公に擁護する手段があれば, それを活用します。(フィリピ 1:7)」

ノート:良いたよりとは, イエス・キリストです。

ピリピ 1:16-18「一方の人たちは愛をもってキリストを伝え, 私が福音を弁証するために立てられていることを認めていますが, 他の人たちは純真な動機からではなく, 党派心をもって, キリストを宣べ伝えており, 投獄されている私をさらに苦しめるつもりなのです。すると, どういうことになりますか。つまり, 見せかけであろうとも, 真実であろうとも, あらゆるしかたで, キリストが宣べ伝えられているのであって, このことを私は喜んでいます。そうです, 今からも喜ぶことでしょう。」

16頁「14 イエスが追随者たちに祈りを教えた際に述べた最初の事柄は, エホバのみ神聖なものとされることでした。(マタイ 6:9)」

訂正:イエスは, 「父よ」と祈られました。 マタイ 6:9「だから, こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」

ヨハネ 7:1-2「イエスはこれらのことを話してから, 目を天に向けて, 言われた。『父よ。時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現わすために, 子の栄光を現わしてください。それは子が, あなたからいただいたすべての者に, 永遠のいのちを与えるため, あなたは, すべての人を支配する権威を子にお与えになったからです。』」

17頁「それとは対照的に, ソロモンは慎み深くも, 自分の成し遂げたことを重く見ないで, こう言いました。『神は本当に人間と共に地の上に住まわれるでしょうか。ご覧下さい, 天も, いや, 天の天も, あなたをお入れすることはできません。まして, 私の建てたこの家など, なおさらのことです。』」

訂正:神の属性は, 偏在性を持っておられる故に, 建物は意味を成しません。

詩篇 139:7-10「私はあなたの御霊から離れて, どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて, どこへのがれましょう。たとい, 私が天に上っても, そこにあなたはおられ, 私がよみに床を設けても, そこにあなたはおられます。私が暁の翼をかって, 海の果てに住んでも, そこでも, あなたの御手が私を導き, あなたの右の手が私を捕えます。」

詩編 139:7-10「わたしはあなたの霊のもとからどこへ行くことができるでしょうか。あなたのみ顔のもとからどこへ走り去ることができるでしょうか。たとえわたしがに上ろうとも, あなたはそこにおられます。たとえわたしがシェオルに寝いすを設けようとも, ご覧ください, あなたは[そこにおられるのです]。わたしが夜明けの翼を取って, 最果ての海に住もうとしても, そこでもまた, あなたのみ手がわたしを導き, あなたの右手がわたしを捕らえることでしょう。」 新世界訳

マタイ 28-19-20「それゆえ, あなたがたは行って, あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして, 父, 子, 聖霊の御名によってバプテスマを授け, また, わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように, 彼らを教えなさい。見よ。わたしは, 世の終わりまで, いつも, あなたがたとともにいます。」

17頁「クリスチャンの長老たちも同様に, 自分自身ではなくエホバを高めます。ペテロのこの助言に従うのです。『奉仕する者は, 神が備えてくださる力に頼る者として奉仕しなさい。こうして, すべてのことにおいて, イエス・キリストを通して神の栄光が帰せられるためです。(ペテロ第一 4:11)』」

ノート:イエス・キリストは褒め称えられるべきです。

ペテロ第一 4:11「語る人があれば, 神のことばにふさわしく語り, 奉仕する人があれば, 神が豊かに備えてくださる力によって, それにふさわしく奉仕しなさい。それは, すべてのことにおいて, イエス・キリストを通して神があがめられるためです。栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。アーメン。

啓示 5:12「大声でこう言った。『ほふられた子羊は, 力と富と知恵と強さと誉れと栄光と祝福を受けるにふさわしい方です。』」新世界訳

18頁「神権政治に服している人は, 不完全な人間に対しても可能な限り神に似た者になろうと努めます。例えば, 聖書はエホバについてこう述べています。『岩なる方, そのみ業は完全, そのすべての道は公正である。忠実の神, 不正なところは少しもない。義であり, 廉直であられる。』」

ノート:イエス・キリストは岩です。

コリント第一 10:4「みな同じ御霊の飲み物を飲みました。というのは, 彼らについて来た御霊の岩から飲んだからです。その岩とはキリストです。」

18頁「エホバの僕たちは, 人間の基準ではなく神の基準に従うので, 神の組織は神権的で, 清く, 健全です。」

訂正:パウロが統治体の成員であるペテロが間違ったときに指摘したように, 今日の統治体の間違いを誰かが指摘できますか。

ガラテヤ 2:14「しかし, 彼らが福音の真理についてまっすぐに歩んでいないのを見て, 私はみなの面前でケパにこう言いました。『あなたは, 自分がユダヤ人でありながらユダヤ人のようには生活せず, 異邦人のように生活していたのに, どうして異邦人に対して, ユダヤ人の生活を強いるのですか。』」

18頁「なんと栄光ある時なのでしょう。わたしたちすべては, いま神権政治にしっかり服することにより, 将来の楽園での自分の立場を確かなものにできますように」

訂正:真のクリスチャンは, 組織ではなくイエス・キリストに付いて行きます。

ペテロ第一 2:21-22「あなたがたが召されたのは, 実にそのためです。キリストも, あなたがたのために苦しみを受け, その足跡に従うようにと, あなたがたに模範を残されました。キリストは罪を犯したことがなく, その口に何の偽りも見いだされませんでした。」

19頁「あなたは, どちらを第一にしますか。世俗の仕事の残業, アイロンがけ, 宿題でしょうか。それとも会衆の集会でしょうか。第一にすべきものを第一にするとは, 霊的に言って, どういうことなのでしょうか。エホバの見方はどのようなものですか。」

答え:テモテ第一 5:8です。 テモテ第一 5:8「もしも親族, ことに自分の家族を顧みない人がいるなら, その人は信仰を捨てているのであって, 不信者よりも悪いのです。」

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1998 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.