ものみの塔1998年2月15日号

今回は, ものみの塔誌1998年2月15日号に絞り論考していきましょう

12頁「イエスは神の霊的な子として産み出された最初の方でした。」

訂正:パウロは, Begottenを死者からの復活として定義づけています。

使徒 13:32-35 "And we declare to you glad tidings-that promise which was made to the fathers. "God has fulfilled this for us their children, in that He has raised up Jesus. As it is also written in the second Psalm:'You are My Son,Today I have begotten You.' "And that He raised Him from the dead, no more to return to corruption, He has spoken thus:'I will give you the sure mercies of David.' "Therefore He also says in another Psalm:'You will not allow Your Holy One to see corruption.'NKJV.

13頁「4 エホバはご自分の聖霊つまり活動力を用いて, イエスをご自分の霊的な子として生み出されました。」

訂正:イエスは決して霊的な子になる必要がありませんでした。

ヘブル 13:8「イエス・キリストは, きのうもきょうも, いつまでも, 同じです。」

13頁「その時に, また聖霊により, エホバはイエスを『栄光に導かれる多くの子ら』の最初の者として生み出されました。」

訂正:バプテスマそのものはあなたを霊的子としません。

ガラテヤ 3:26「あなたがたはみな, キリスト・イエスに対する信仰によって, 神の子どもです。」

13頁「ですから, 天の『栄光に導かれる多くの子ら』とは, イエスとその霊的な兄弟たちの合計14万4,001人だけです。」

訂正:天の御国では「だれも数えつくすことができない」と霊感の書物である聖書は, 述べています。

黙示録 4:2「たちまち私は御霊に感じた。すると見よ。天に一つの御座があり, その御座に着いている方があり, 」

黙示録 7:9-10「その後, 私は見た。見よ。あらゆる国民, 部族, 民族, 国語のうちから, だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が, 白い衣を着, しゅろの枝を手に持って, 御座と小羊との前に立っていた。彼らは, 大声で叫んで言った。『救いは, 御座にある私たちの神にあり, 小羊にある。』」

13頁「『この再生する種』とは神の聖霊のことです。聖霊は神の言葉と関連して働き, 14万4,000人の一人一人に, 天的な希望への『新たな誕生』を与えてきました。−ペテロ第一 1:3-5,23」

訂正:新しい「新生」は14万4,000人に限定されません。

ヨハネ 1:12-13「しかし, この方を受け入れた人々, すなわち, その名を信じた人々には, 神の子どもとされる特権をお与えになった。この人々は, 血によってではなく, 肉の欲求や人の意欲によってでもなく, ただ, 神によって生まれたのである。」

13頁「7 完全な人間アダムが『神の子』であったように, イエスも人間として誕生した時から神の子でした。(ルカ 1:35; 3:38)」

訂正:イエス・キリストは人としての誕生の時からではなく, 永遠の昔から神の子でした。

ミカ 5:2「ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが, あなたのうちから, わたしのために, イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは, 昔から, 永遠の昔からの定めである。」

ヘブル 13:8「イエス・キリストは, きのうもきょうも, いつまでも, 同じです。」

ミカ 5:2「そして, ベツレヘム, エフラタ, ユダの幾千の中に入るには小さすぎる者よ, イスラエルにおいて支配者となる者があなたの中からわたしのために出る。その者の起こりは遠い昔から, 定めのない昔の日からである。」新世界訳

16頁「そのため, 主の晩さんが執り行われる時には, まだ地上に残っている比較的少数の油注がれた者たちだけが・・・イエスの完全な血を意味するぶどう酒にあずかります。」

訂正:イエス・キリストはあなたに晩餐に参加して欲しいと願っておられます。

ヨハネ 6:51「わたしは, 天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら, 永遠に生きます。またわたしが与えようとするパンは, 世のいのちのための, わたしの肉です。」

17頁「16 イエスの贖いの犠牲が最初に適用されることにより, 14万4,000人が神から霊によって生み出され, そのようにして天的な命に召され, 選ばれることが可能になります。」

17頁「もちろん, 栄光に導かれるには, 『自分の召しと選びを確実にするために, 力を尽くして励み』, 死に至るまで忠実であることを実証しなければなりません。(ペテロ第二 1:10。エフェソス 1:3-7。啓示 2:10)」

訂正:人は神の国にはいるために, 子供のように自分を低くし, 誠実な信仰を持たなければ成りません。

マルコ 10:14-15「もしだれも, あなたがたを受け入れず, あなたがたのことばに耳を傾けないなら, その家またはその町を出て行くときに, あなたがたの足のちりを払い落としなさい。まことに, あなたがたに告げます。さばきの日には, ソドムとゴモラの地でも, その町よりはまだ罰が軽いのです。」

17頁「まだ地上にいる油注がれた少数の残りの者は, 世界強国全体を表す『十人の王』の反対に遭っても, 忠誠を保っています。み使いはこう言います。『これらの者は子羊と戦うであろう。しかし子羊は, 主の主, 王の王であるので, 彼らを征服する』」

訂正:イエス・キリストは可視的に地球に帰還し, すべての政治的支配を征服されます。

マタイ 24:29-30「だが, これらの日の苦難に続いてすぐに, 太陽は暗くなり, 月は光を放たず, 星は天から落ち, 天の万象は揺り動かされます。そのとき, 人の子のしるしが天に現われます。すると, 地上のあらゆる種族は, 悲しみながら, 人の子が大能と輝かしい栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見るのです。」

ゼカリヤ 14:3-4「主が出て来られる。決戦の日に戦うように, それらの国々と戦われる。 その日, 主の足は, エルサレムの東に面するオリーブ山の上に立つ。オリーブ山は, その真中で二つに裂け, 東西に延びる非常に大きな谷ができる。山の半分は北へ移り, 他の半分は南へ移る。」

20頁「1932年には, 現代のそうした羊のような人々が, エヒウの仲間ヨナダブ(エホナダブ)によって予示されていたという判断が示されました。(列王第二 10:15-17)1934年, “ヨナダブたち”は神に対して自分を“聖別”する, つまり神に献身する必要のあることが明確にされ」

訂正:ここでは, 大変興味深いことが, 述べられています。エホバの証人は, 神に背いた者の仲間ということになりませんか。

列王記第二 10:31「ところがエヒウは, 心をつくしてイスラエルのエホバの律法にしたがって歩むように注意しなかった。彼はイスラエルに罪をおかさせたヤラベアムの罪から離れなかった。」新世界訳

列王記第二 10:31「しかし, エフーは, 心を尽くしてイスラエルの神, 主の律法に歩もうと心がけず, イスラエルに罪を犯させたヤロブアムの罪から離れなかった。」

追記:大群衆がヨナダブ級だとすると偶像礼拝をやめなかった仲間ということになりませんか。

列王記第二 10:29「ただし, エヒウは, イスラエルに罪をおかさせたネバトの子ヤラベアムの罪[すなわち]一つはベテルに, 一つはダンにあった金の子牛に従うのをやめなかった。」新世界訳

列王記第二 10:29「ただし, エフーは, イスラエルに罪を犯させたネバテの子ヤロブアムの罪, すなわち, ベテルとダンにあった金の子牛に仕えることをやめようとはしなかった。」

21頁「アブラハムはそのもとで地的な命へと復活します。」

訂正:アブラハムは天の故郷にあこがれていました。

ヘブル 11:12-16「そこで, ひとりの, しかも死んだも同様のアブラハムから, 天に星のように, また海ベの数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。これらの人々はみな, 信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが, はるかにそれを見て喜び迎え, 地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。彼らはこのように言うことによって, 自分の故郷を求めていることを示しています。もし, 出て来た故郷のことを思っていたのであれば, 帰る機会はあったでしょう。しかし, 事実, 彼らは, さらにすぐれた故郷, すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ, 神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実, 神は彼らのために都を用意しておられました。」

ヘブライ 11:16「しかし今, 彼らはさらに勝った[場所], すなわち天に属する[場所]をとらえようとしているのです。・・・」新世界訳

21頁「天的なクリスチャンは聖霊で油注がれています。」

訂正:神には, えこひいきなどありません。

使徒10:45「割礼を受けている信者で, ペテロといっしょに来た人たちは, 異邦人にも聖霊の賜物が注がれたので驚いた。」

22頁「つまり, 聖書は, キリストの贖いの犠牲に対する感謝を示すために記念式の表象物にあずかるようにとは命じていないのです。」

訂正:イエス・キリストは, すべての人が預かることを望んでおられます。

マタイ 26:27「また杯を取り, 感謝をささげて後, こう言って彼らにお与えになった。『みな, この杯から飲みなさい。』」

ヨハネ 6:54「わたしの肉を食べ, わたしの血を飲む者は, 永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。」

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.