ものみの塔1998年3月15日号

今回は, ものみの塔誌1998年3月15日号に絞り論考していきましょう

この他にも聖書と整合しないところが, 存在しますが代表的なものに絞りました。

9頁「イエスは言葉による虐待や身体的な虐待をかなり受けた後, ゴルゴダに連れ出され, そこで残酷にも苦しみの杭にくぎづけにされ, 苦痛の死を遂げます。」

訂正:イエス・キリストはローマの十字架刑によって処刑されました。詳しくは, JWTCから出版されている『十字架か杭か』をお読み下さい。

ノート:聖書は, 各々の手に, それぞれ一本の釘が使われていることを示しています。

ヨハネ 20:25 The other disciples therefore said to him, "We have seen the Lord." So he said to them, "Unless I see in His hands the print of the nails, and put my finger into the print of the nails, and put my hand into His side, I will not believe."NKJV.

20頁「エホバの証人は, 忠実で思慮深い奴隷がイエスの霊的な兄弟で構成されることを理解しています。」

訂正:真の霊的食物は, すでに1世紀に使徒たちにより供給されていました。

ユダ3「愛する人々。私はあなたがたに, 私たちがともに受けている救いについて手紙を書こうとして, あらゆる努力をしていましたが, 聖徒にひとたび伝えられた信仰のために戦うよう, あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」

21頁「11 その様な取り決めの価値は今も変わっていません。現在, エホバの証人の統治体は油そそがれた10人で成り立っていますが, 」

訂正:現在の統治体のメンバーには, 1935年以降に生まれたゲリト・レッシュという人が入っています。

21頁「しかし, 宣べ伝える活動について報告することが個々の証人に期待されているのは事実ではないでしょうか。」

ノート:報告書は一覧表にされたり書かれたりしませんでした。

マルコ 6:30「さて, 使徒たちは, イエスのもとに集まって来て, 自分たちのしたこと, 教えたことを残らずイエスに報告した。」

23頁「統治体の成員も含め, 成熟したクリスチャンは, いつまでも指導者イエス・キリストの全く思い通りに動く人であり, 永遠の命の賞が得られるよう, 『規則』を守ります。」

ノート:真のクリスチャンは「組織」や「協会」ではなく, イエス・キリストに留まります。

ヨハネ 15:4-6「わたしにとどまりなさい。わたしも, あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ, 枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも, わたしにとどまっていなければ, 実を結ぶことはできません。わたしはぶどうの木で, あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり, わたしもその人の中にとどまっているなら, そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては, あなたがたは何もすることができないからです。だれでも, もしわたしにとどまっていなければ, 枝のように投げ捨てられて, 枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので, それは燃えてしまいます。」

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.