ものみの塔1998年5月1日号

今回は, ものみの塔誌1998年5月1日号に絞り論考していきましょう

この他にも聖書と整合しないところが, 存在しますが代表的なものに絞りました。

5頁「幸いにも, わたしたちは神をみなくてもその方について知ることができます。聖書は, 地球という素晴らしい小包を用意してくださったのがどなたかを示しているだけでなく, その方の特質も明らかにしています。ですから, 聖書を調べて, 命とその命を楽しめるようすてきな住まいを与えてくださった父なる方について知るのはやりがいのあることです。」

ノート:もし私達が御父について知りたいと願うのであれば, 私達は御子についても知らなければなりません。

ヨハネ 14:8-11「ピリポはイエスに言った。『主よ。私たちに父を見せてください。そうすれば満足します。』イエスは彼に言われた。『ピリポ。こんなに長い間あなたがたといっしょにいるのに, あなたはわたしを知らなかったのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。どうしてあなたは、『私たちに父を見せてください。』と言うのですか。わたしが父におり, 父がわたしにおられることを, あなたは信じないのですか。わたしがあなたがたに言うことばは, わたしが自分から話しているのではありません。わたしのうちにおられる父が, ご自分のわざをしておられるのです。わたしが父におり, 父がわたしにおられるとわたしが言うのを信じなさい。さもなければ, わざによって信じなさい。」

9-10頁「ヨエル1章6節と啓示9章7節の両方で, 神の民がいなごとして表されています。現代のいなごの軍隊は, エホバの油注がれたいなごの軍勢にほかなりません。これには今, 約560万人を数えるイエスの『他の羊』が加わっています。」

ノート:ものみの塔は悪魔と14万4,000人を同等視しています。

黙示録 9:2-3「その星が, 底知れぬ穴を開くと, 穴から大きな炉の煙のような煙が立ち上り, 太陽も空も, この穴の煙によって暗くなった。その煙の中から, いなごが地上に出て来た。彼らには, 地のさそりの持つような力が与えられた。」

黙示録 9:11「彼らは, 底知れぬ所の御使いを王にいただいている。彼の名はヘブル語でアバドンといい, ギリシヤ語でアポリュオンという。」

17頁「13 使徒パウロは, 神の名を呼び求めることのもう一つの面を強調しました。ローマの手紙の中でパウロは, 『エホバの名を呼び求める者はみな救われる』というヨエルの預言の言葉を引用しました。」

ノート:パウロは, イエス・キリストの名とエホバの名を同等視しています。

ローマ 10:8-9「では, どう言っていますか。『みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり, あなたの心にある。』これは私たちの宣べ伝えている信仰のことばのことです。 なぜなら, もしあなたの口でイエスを主と告白し, あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら, あなたは救われるからです。」

ローマ 10:13「『主の御名を呼び求める者は, だれでも救われる。』のです。」

ヨエル 2:32「しかし, 主の名を呼ぶ者はみな救われる。主が仰せられたように, シオンの山, エルサレムに, のがれる者があるからだ。その生き残った者のうちに, 主が呼ばれる者がいる。」

ヨエル 2:32「しかし, エホバの名を呼び求める者はみな安全に逃れる事になる。エホバの述べたとおり, シオンの山とエルサレムに, また生き残った者たちの中に逃れた者たちがいるからであり, その者たちをエホバは呼び寄せているのである。」

20頁「5 エホシャフトの時代のユダの人々のように, わたしたちも『エホバに賛美をささげ』なければなりません。『その愛ある親切は定めのない時までも及ぶからです』。どのようにこの賛美をささげますか。」

ノート:私達は, 私達のひざをかがめてイエス・キリストに崇拝をささげます。

ピリピ 2:9-11「それゆえ, 神は, キリストを高く上げて, すべての名にまさる名をお与えになりました。それは, イエスの御名によって, 天にあるもの, 地にあるもの, 地の下にあるもののすべてが, ひざをかがめ, すべての口が, 『イエス・キリストは主である。』と告白して, 父なる神がほめたたえられるためです。」

ピリピ 2:9-11 Therefore God also has highly exalted Him and given Him the name which is above every name, that at the name of Jesus every knee should bow, of those in heaven, and of those on earth, and of those under the earth, and that every tongue should confess that Jesus Christ is Lord, to the glory of God the Father. NKJV.

28頁「しかし, その村の牧師は皆からよく言われていました。病人を見舞い, 読書の好きな人には本を貸し, 教区民の家を訪問して聖書を説明することまでしていました。訪ねてみると, その牧師は思ったとおり非常に友好的で, 書籍をたくさん受け取ってくれました。」

ノート:そうです。牧師さんは優しいのです。

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.