ものみの塔1998年8月1日号

今回は, ものみの塔誌1998年8月1日号に絞り論考していきましょう

この他にも聖書と整合しないところが, 存在しますが代表的なものに絞りました。

聖書は, 特に注記のない場合, 『新改訳聖書』を用いています。

All Scripture quotations, unless otherwise noted , are taken from the Holy Bible Shinkaiyaku Version.


5頁「ほんとうにこの人は義人であったと言いました。」

質問:ローマの百人隊長は, イエスがメシヤであることを認めていませんでしたか。

マタイ 27:54「百人隊長および彼といっしょにイエスの見張りをしていた人々は、地震やいろいろの出来事を見て, 非常な恐れを感じ, 『この方はまことに神の子であった。』と言った。」


6頁「神の王国の到来を祈り求め続けるようにと言われたのです。」

訂正:神の霊的王国はペンテコステの日に訪れました。

ローマ 14:17「なぜなら, 神の国は飲み食いのことではなく, 義と平和と聖霊による喜びだからです。」


11頁「・・・エホバのご意志でした。」

質問:エホバは, Soulを所有しておられませんか。

イザヤ 42:1  "Behold! My Servant whom I uphold,My Elect One in whom My soul delights!I have put My Spirit upon Him;He will bring forth justice to the Gentiles. NKJ

『新世界訳聖書』もご覧ください。


11頁「・・・その日が到来する前に『義を求め』なければなりません」

質問:神の義はイエス・キリストに対する信仰を通して与えられませんか。

ローマ 3:21-22「しかし, 今は, 律法とは別に, しかも律法と預言者によってあかしされて, 神の義が示されました。すなわち, イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって, それはすべての信じる人に与えられ, 何の差別もありません。」


12頁「エホバの公正に対する信仰は, どのように確信を抱いて将来に向かわせてくれるでしょうか」

質問:確信は, あなたの信仰をイエス・キリストの名に置くことではありませんか。

ヨハネ第一 5:13「私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは, あなたがたが永遠のいのちを持っていることを, あなたがたによくわからせるためです」

ヨハネ第一 5:20「しかし, 神の御子が来て, 真実な方を知る理解力を私たちに与えてくださったことを知っています。それで私たちは, 真実な方のうちに, すなわち御子イエス・キリストのうちにいるのです。この方こそ, まことの神, 永遠のいのちです。」


12頁「エホバを知るとはどういうことでしょうか」

質問:父について知りたいと願う者は, まずイエスについて知らなければならないのではありませんか。

ヨハネ 8:19「すると, 彼らはイエスに言った。『あなたの父はどこにいるのですか。』イエスは答えられた。『あなたがたは, わたしをも, わたしの父をも知りません。もし, あなたがたがわたしを知っていたなら, わたしの父をも知っていたでしょう。』」


16頁「ですから, 長老たちは進んで行動して, 排斥されている人たちを訪問し, どうすればエホバの組織に戻れるのかを思い起こさせるようにもしています。」

訂正:神は, 組織ではありません。

ルカ 16:15「イエスは彼らに言われた。『あなたがたは, 人の前で自分を正しいとする者です。しかし神は, あなたがたの心をご存じです。人間の間であがめられる者は, 神の前で憎まれ, きらわれます。』」


24頁「自ら進んで組織に協力しましょう。そうすれば必ず, 満ち足りた幸福な生活が送れます。」

訂正:聖霊は, 組織ではありません。

ローマ 8:14「神の御霊に導かれる人は, だれでも神の子どもです。」

ガラテヤ 3:5-6「とすれば, あなたがたに御霊を与え, あなたがたの間で奇蹟を行なわれた方は, あなたがたが律法を行なったから, そうなさったのですか。それともあなたがたが信仰をもって聞いたからですか。アブラハムは神を信じ, それが彼の義とみなされました。それと同じことです。」


25頁「イエスは, 地上で追随者たちと共に過ごした間, 神の王国の宣明者となるようその人々を訓練しました。それら追随者たちが伝える音信はやがて地の果てまで達することになっていました。」

質問:あなたはあなたの人生に, 神の王国であるイエス・キリストを迎え入れましたか。

マルコ 10:15「まことに, あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ, 決してそこに, はいることはできません。」

ヨハネ 1:12-13「しかし, この方を受け入れた人々, すなわち, その名を信じた人々には, 神の子どもとされる特権をお与えになった。この人々は, 血によってではなく, 肉の欲求や人の意欲によってでもなく, ただ, 神によって生まれたのである。」

ヨハネ 13:20「まことに, まことに, あなたがたに告げます。わたしの遣わす者を受け入れる者は, わたしを受け入れるのです。わたしを受け入れる者は, わたしを遣わした方を受け入れるのです。」


文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.