ものみの塔1999年6月1日号

今回は, ものみの塔誌1999年6月1日号に絞り論考していきましょう

この他にも聖書と整合しないところが, 存在しますが代表的なものに絞りました。

聖書は, 特に注記のない場合, 『新改訳聖書』を用いています。

All Scripture quotations, unless otherwise noted , are taken from the Holy Bible Shinkaiyaku Version.


3頁「『定めのない時から定めのない時まで』存在しておられるのは神だけだからです。−詩編 90:2」

ノート:イエス・キリストは, 定めのないときから存在しておられます。

ミカ 5:2「ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが, あなたのうちから, わたしのために, イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは, 昔から, 永遠の昔からの定めである。」


5頁「神の約束による『新しい天と新しい地』に生きて入るという見込みがあることを示しています。」

ノート:「新しい地」の素晴らしい見込みを経験する為には, イエス・キリストを知ることが大切です。

ペテロ第二 3:17-18「愛する人たち。そういうわけですから, このことをあらかじめ知っておいて, よく気をつけ, 無節操な者たちの迷いに誘い込まれて自分自身の堅実さを失うことにならないようにしなさい。私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに, 栄光が, 今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。」


7頁「これらのすべての事が起こるまで, この世代は決して過ぎ去りません・・・」

ノート:どの世代がイエス・キリストの帰還を経験しますか。1914年の世代ですか。或いは, 私達の世代ですか。

マタイ 24:30「そのとき, 人の子のしるしが天に現われます。すると, 地上のあらゆる種族は, 悲しみながら, 人の子が大能と輝かしい栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見るのです。」


7頁「義なる者はいよいよ義を行い・・・」

ノート:真の義はイエス・キリストに対する信仰の結果として生じます。

ローマ 3:21-22「しかし, 今は, 律法とは別に, しかも律法と預言者によってあかしされて, 神の義が示されました。すなわち, イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって, それはすべての信じる人に与えられ, 何の差別もありません。」


9頁「エホバはご自分の羊をいとおしく思っておられます。」

ノート:エホバの羊は, イエス・キリストの羊です。

ヨハネ 21:17「イエスは三度ペテロに言われた。『ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。』ペテロは, イエスが三度『あなたはわたしを愛しますか。』と言われたので, 心を痛めてイエスに言った。『主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは, 私があなたを愛することを知っておいでになります。』イエスは彼に言われた。『わたしの羊を飼いなさい。』」


12頁「『キリストの体』は人々−油注がれたクリスチャン会衆の成員−を指します。」

訂正:神には, えこひいきはありません。

エペソ 3:8-12「すべての聖徒たちのうちで一番小さな私に, この恵みが与えられたのは, 私がキリストの測りがたい富を異邦人に宣べ伝え, また, 万物を創造された神の中に世々隠されていた奥義を実行に移す務めが何であるかを明らかにするためにほかなりません。 これは, 今, 天にある支配と権威とに対して, 教会を通して, 神の豊かな知恵が示されるためであって, 私たちの主キリスト・イエスにおいて実現された神の永遠のご計画に沿ったことです。私たちはこのキリストにあり, キリストを信じる信仰によって大胆に確信をもって神に近づくことができるのです。」


13頁「この言葉は, 背教者がいかに巧妙に働きかけるかを思い起こさせるのではないでしょうか。背教者は, 真のクリスチャンを信仰からそらせようとして, もっとらしい議論を用いて聖句の解釈を巧みに操ります。」

ノート:真のクリスチャンは, 神の全っき救いを持っていることに気が付くべきです。

使徒 20:28「あなたがたは自分自身と群れの全体とに気を配りなさい。聖霊は, 神がご自身の血をもって買い取られた神の教会を牧させるために, あなたがたを群れの監督にお立てになったのです。」


15頁「パウロは兄弟たちの信仰や生き方を統制したいと思いませんでした。」

訂正:パウロは, コリント人に自分が抱いた愛情を, 持っていて欲しいと願いました。

コリント第二 2:4「私は大きな苦しみと心の嘆きから, 涙ながらに, あなたがたに手紙を書きました。それは, あなたがたを悲しませるためではなく, 私があなたがたに対して抱いている, あふれるばかりの愛を知っていただきたいからでした。」


27頁「先輩の宣教者たちの模範は, 確かに神の僕すべてにとって, エホバの名によって歩み, 忠実に仕えていくための強力な動機づけとなります。」

訂正:真のクリスチャンは全て, イエス・キリストの名によって行います。

コロサイ 3:17「あなたがたのすることは, ことばによると行ないによるとを問わず, すべて主イエスの名によってなし, 主によって父なる神に感謝しなさい。」

追記:真のクリスチャンは, イエス・キリストの奴隷です。

ローマ 1:1「神の福音のために選び分けられ, 使徒として召されたキリスト・イエスのしもべパウロ, 」


31頁「またすべての誉れは成長させてくださる神のものとすべきであることを謙虚に認めていました。」

ノート:あなたは, 神と同様にイエスを敬いますか。

ヨハネ 5:22-23「また, 父はだれをもさばかず, すべてのさばきを子にゆだねられました。 それは, すべての者が, 父を敬うように子を敬うためです。子を敬わない者は, 子を遣わした父をも敬いません。」

追記:あなたは全てに於いてイエス・キリストを敬いますか。

ヨハネ 8:54「イエスは答えられた。『わたしがもし自分自身に栄光を帰するなら, わたしの栄光はむなしいものです。わたしに栄光を与える方は, わたしの父です。この方のことを, あなたがたは【私たちの神である。】と言っています。』」

補足:真の礼拝は, 父と子とに天に於いて与えます。

黙示録 5:13「また私は, 天と地と, 地の下と, 海の上のあらゆる造られたもの, およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。『御座にすわる方と, 小羊とに, 賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。』」

文責:F

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.