ものみの塔2000年7月1日号

今回は、ものみの塔誌2000年7月1日号に絞り論考していきましょう

この他にも聖書と整合しないところが、存在しますが代表的なものに絞りました。

聖書は、特に注記のない場合、『新改訳聖書』を用いています。

All Scripture quotations, unless otherwise noted , are taken from the Holy Bible Shinkaiyaku Version.


5頁「平和が欠けている二つ目の理由は, 「全世界が邪悪な者の配下にある」という使徒ヨハネの言葉に見いだせます。(ヨハネ第一5:19)」

訂正:イエス・キリスト以外に平和を享受できるところはありません。

ヨハネ14:27「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」


12頁「同様にクリスチャンも, 「教えの術」を磨くなら, 宣教奉仕の喜びは増し加わります。(テモテ第二4:2, テトス1:9 )」

訂正:ヤコブは全てのものが教師になるべきではないと教えています。 ヤコブ3:1「私の兄弟たち。多くの者が教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。」


13頁「人間としての生涯を約束の地で過ごしたイエスが, 自分の用いる例えの中に, 農業に関係のあるテーマを織り込んだのもそのためです。」

補足と訂正:イエス・キリストは、彼の人生の全てをパレスチナで過ごしたわけではありません。

マタイ2:13-15「彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現われて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」

そこで、ヨセフは立って、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに立ちのき、 ヘロデが死ぬまでそこにいた。これは、主が預言者を通して、「わたしはエジプトから、わたしの子を呼び出した。」と言われた事が成就するためであった。」


By Rance.

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 2001 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission.