ようこそおいでくださいました。まずはじめに序文をお読みください。

「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」聖書。
このサイトは、主にキリスト教会員の啓蒙運動の為のものです。

残暑お見舞い申し上げます。
ニュース
<エホバの証人>手術中に大量出血、輸血受けず死亡 大阪 2007年6月19日19時57分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070619-00000097-mai-soci
 信仰上の理由で輸血を拒否している宗教団体「エホバの証人」信者の妊婦が5月、大阪医科大病院(大阪府高槻市)で帝王切開の手術中に大量出血し、輸血を受けなかったため死亡したことが19日、分かった。病院は、死亡の可能性も説明したうえ、本人と同意書を交わしていた。エホバの証人信者への輸血を巡っては、緊急時に無断で輸血して救命した医師と病院が患者に訴えられ、意思決定権を侵害したとして最高裁で敗訴が確定している。一方、同病院の医師や看護師からは「瀕死(ひんし)の患者を見殺しにしてよかったのか」と疑問の声も上がっている。

 同病院によると、女性は5月初旬、予定日を約1週間過ぎた妊娠41週で他の病院から移ってきた。42週で帝王切開手術が行われ、子供は無事に取り上げられたが、分娩(ぶんべん)後に子宮の収縮が十分でないため起こる弛緩(しかん)性出血などで大量出血。止血できたが輸血はせず、数日後に死亡した。

 同病院は、信仰上の理由で輸血を拒否する患者に対するマニュアルを策定済みで、女性本人から「輸血しない場合に起きた事態については免責する」との同意書を得ていたという。容体が急変し家族にも輸血の許可を求めたが、家族も女性の意思を尊重したらしい。

 病院は事故後、院内に事故調査委員会を設置。関係者らから聞き取り調査し、5月末に「医療行為に問題はなかった」と判断した。病院は、警察に届け出る義務がある異状死とは判断しておらず、家族の希望で警察には届けていない。

 エホバの証人の患者の輸血については、東京大医科学研究所付属病院で92年、他に救命手段がない場合には輸血するとの方針を女性信者に説明せずに手術が行われ、無断で輸血した病院と医師に損害賠償の支払いを命じる最高裁判決が00年に出ている。最高裁は「説明を怠り、輸血を伴う可能性のあった手術を受けるか否かについて意思決定する権利を奪った」としていた。【根本毅】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000089-jij-soci
「エホバの証人」教会燃える=国立と杉並、けが人なし−警視庁
2007年6月15日13時2分配信 時事通信
 14日から15日にかけ、東京都国立市や杉並区の「エホバの証人」の教会で火災が相次いだ。火災直前に不審な人物が目撃されており、警視庁は放火の疑いが強いとみて、出火原因を調べている。 東京消防庁などによると、15日午前零時10分ごろ、国立市中のエホバの証人の教会から出火、長いす11脚と内壁などを焼いた。 午前8時10分ごろ、杉並区上井草の教会でも床4平方メートルと、天井を含む内壁50平方メートルを焼いた。いずれもけが人はいなかった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000235-jij-soci信者の46歳女を逮捕=夫の破門に憤慨−「エホバの証人」教会放火・警視庁6月15日22時32分配信 時事通信 14日から15日にかけて、東京都国立市や杉並区の「エホバの証人」の教会で相次いだ火災で、警視庁荻窪署は15日、杉並区の火災について、現住建造物等放火などの疑いで、信者で無職緒形直子容疑者(46)=同区今川=を逮捕した。 14日に国立市内の教会で行われた集会で、緒形容疑者の夫(48)の破門が発表されており、緒形容疑者は「夫が破門されたことに憤慨して放火した」と容疑を認めているという。 
「エホバの証人」教会放火、信者の46歳主婦を逮捕
6月16日3時12分配信 読売新聞
 「エホバの証人」の教会に放火したとして、警視庁荻窪署は15日、信者の主婦緒形直子容疑者(46)(東京都杉並区今川)を現住建造物等放火などの疑いで逮捕した。緒形容疑者は「夫が教団から破門され、頭にきてやった」と供述しているという。 調べによると、緒形容疑者は同日午前8時5分ごろ、同区上井草にある同教団の教会に金づちで窓ガラスを割って侵入し、長いすにライターで火を付け、床や天井など約55平方メートルを焼失させた疑い。2階の住居部分にいた夫婦は、逃げ出して無事だった。 出火直後、自転車で走り去る女の姿が目撃されており、緒形容疑者宅によく似た自転車があったことから同署で事情を聞いたところ、犯行を認めたという。

最新更新日2007.6.19
2007.2.4医療処置の緩和追記
2006.1.11エホバの証人の救いを祈ろう。
2005/11/13迷走するものみの塔

ものみの塔の「ダニエルの預言」に警戒しなさい。
元研究生の証

2007年祈りの課題
元「摂理教会」信者のリハビリの為。
元「聖神中央教会」信者のリハビリの為。
「ものみの塔聖書冊子協会」離脱者のリハビリのため。
「世界心霊統一協会」」離脱者のリハビリのため。
「末日聖徒イエス・キリスト教会」離脱者のリハビリのため。
オウム真理教, 元信者のために。
全日本脱カルト研究会東京支部の為。
真理を求めるエホバの証人の方々が、真の救いに出会うように。
紀藤正樹弁護士のため。
被害者家族のため。

2004.8.26新世界訳は 学問的か。の校正と追加
2003.12.31ものみの塔の非聖書的教え
2003.3.25新世界訳は 学問的か
2003.3.4 カルト信者の思考回路
2003年2月25日「王国宣教」を検証する
2003年2月19日「王国宣教」を検証する
書籍「聖書から論じる」を検証する。1

2003年2月20日小冊子「三位一体」を検証する6。ものみの塔への手紙
小冊子「三位一体」 を検証する2。
小冊子「三位一体」を検証する1。

書籍「霊感」を検証する。1
書籍「霊感」を検証する。3

医療連絡委員会マニュアル

裁判マニュアル1
裁判マニュアル2
裁判マニュアル3
裁判マニュアル4

文献集

聖書全般

研究記事集
(1)反三位一体の論理を検証する (2)エホバの組織?それともジョーの組織?
(3)日本99年度奉仕報告 (4)伸び悩むものみの塔
(5)おかしなダニエルの預言解釈1 (6)医療選択権, 無輸血手術, 外科手術情報
(7)ものみの塔教理史1 (8)1260日の解釈
(9)どっちもどっちではない (10)インターネット
(11)心の健康度チェック (12)燃え尽きない奉仕
(13)エホバの証人被害者相談窓口 (14)リンク集
(15)エホバの証人の精神問題 (16)エホバの239回の訳出問題
(17)読者からの声 (18)佐倉氏の「聖書の間違い」への答え
(19)1, キリスト教会関係ニュース (20)2, ものみの塔関係ニュース
(21)カルト信者の思考回路等があります。

「ものみの塔誌」を検証する。
新世界訳全般
反三位一体への論証
質問集
読者からの声
元信者の証し

モルモン教記事
モルモン教リンク

比較宗教

(C) 2007 by Zennihon Datsukaruto Kenkyukai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission.
resqjw@jca.apc.org

あなたはこのHPを訪れたCounter番目*のお客様です。

エホバの証人サイトとその擁護派サイトからのリンクを固くお断りします。
旧サイトとhttp://www.geocities.jp/faith8400/の合算。