信仰箇条

信仰箇条

第一条 われらは, 永遠の父なる神と, その御子イエス・キリストと聖霊を信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 御父とイエス・キリストと聖霊という三位格を所有する唯一の神を信じます。


第二条 われらは, 人皆各々其身にてなしたる罪に対して罰を受け, アダムの咎に対して罰を受けざることを信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 真摯なイエス・キリストへの信仰と悔い改めを通して, 自分の罪のために苦しむ事がないと信じます。

使徒 3:19「そういうわけですから, あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために, 悔い改めて, 神に立ち返りなさい。」

使徒 3:21-26「このイエスは, 神が昔から, 聖なる預言者たちの口を通してたびたび語られた, あの万物の改まる時まで, 天にとどまっていなければなりません。モーセはこう言いました。『神である主は, あなたがたのために, 私のようなひとりの預言者を, あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる。この方があなたがたに語ることはみな聞きなさい。その預言者に聞き従わない者はだれでも, 民の中から滅ぼし絶やされる。』

また, サムエルをはじめとして, 彼に続いて語ったすべての預言者たちも, 今の時について宣べました。あなたがたは預言者たちの子孫です。また, 神がアブラハムに, 『あなたの子孫によって, 地の諸民族はみな祝福を受ける。』と言って, あなたがたの先祖と結ばれたあの契約の子孫です。神は, まずそのしもべを立てて, あなたがたにお遣わしになりました。それは, この方があなたがたを祝福して, ひとりひとりをその邪悪な生活から立ち返らせてくださるためなのです。」


第三条 われらは, キリストの贖罪により, すべての人類は, 福音のおきてと儀式とを守ることにより救われ得ると信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 自分の人生にイエス・キリストを迎え入れた人だけが救われると信じます。

ヨハネ 1:12-13「しかし, この方を受け入れた人々, すなわち, その名を信じた人々には, 神の子どもとされる特権をお与えになった。」

黙示録 3:20「見よ。わたしは, 戸の外に立ってたたく。だれでも, わたしの声を聞いて戸をあけるなら, わたしは, 彼のところにはいって, 彼とともに食事をし, 彼もわたしとともに食事をする。」


第四条 われらは, 福音の第一原則と儀式とは第一, 主イエスを信ずる信仰 第二, 悔い改め 第三 罪の赦しを受くるために水に沈められるバプテスマ 第四 聖霊の賜を授かるための按手礼なることを信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 福音は, イエス・キリストの死・葬り・復活であると信じます。

コリント第一 15:1-4「兄弟たち。私は今, あなたがたに福音を知らせましょう。これは, 私があなたがたに宣べ伝えたもので, あなたがたが受け入れ, また, それによって立っている福音です。また, もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら, 私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば, この福音によって救われるのです。私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは, 私も受けたことであって, 次のことです。キリストは, 聖書の示すとおりに, 私たちの罪のために死なれたこと, また, 葬られたこと, また, 聖書に従って三日目によみがえられたこと」

追記:真のクリスチャンは, バプテスマそのものが, 福音とは信じません。


第五条 われらは福音を宣べ, 且つその儀式を執り行うためには, 啓示と権威ある者の按手により, 神の手よりて其任に召されなければならぬことを信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 神が人に召命を与えられると信じます。

マタイ 4:19「イエスは彼らに言われた。『わたしについて来なさい。あなたがたを, 人間をとる漁師にしてあげよう。』」

ヨハネ 1:43「その翌日, イエスはガリラヤに行こうとされた。そして, ピリポを見つけて『わたしに従って来なさい。』と言われた。」

使徒 9:6「立ち上がって, 町にはいりなさい。そうすれば, あなたのしなければならないことが告げられるはずです。」

追記:真のクリスチャンは女性も働き人となることができると信ず。

士師記 4:4「そのころ, ラピドテの妻で女預言者デボラがイスラエルをさばいていた。」

使徒 21:9「この人には, 預言する四人の未婚の娘がいた。」


第八条 われらは, 正確に翻訳され限り, 聖書は神の御言葉なりと信ず。また, モルモン経(英文)も神の御言葉と信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 聖書が神のみことばであり, それが原本に於いて正確に翻訳されていると信じます。

ノート:現在のモルモン教の聖典であるモルモン経は, 1830年版のものから数千カ所変更されています。


第十条 われらは, イスラエル人は文字どおり, 四方より集合し, その10支族の元に立ち返ると信ず。われらはシオン(新しいエルサレム)はこのアメリカ大陸に立てられ, キリストは自ら地上に王となりて, 治めたまい, 地球は元にあらたまりて楽園の栄え受くる なりと信ず。

訂正:真のクリスチャンは, アメリカに真のイスラエルが立てられないと信じます。


第十一条 われらは, 我らの良心に従い, 全能なる神を礼拝する特権ありと主張す。また, われらは, すべての人々にこの特権を許し, 何所なりとも, 如何様なりとも, または何なりともこれを礼拝することを妨げず。

訂正:真のクリスチャンは, 全ての礼拝が, 全能なる神を喜ばせるとは信じない。

申命記 12:31「あなたの神, 主に対して, このようにしてはならない。彼らは, 主が憎むあらゆる忌みきらうべきことを, その神々に行ない, 自分たちの息子, 娘を自分たちの神々のために, 火で焼くことさえしたのである。」

追記:真の礼拝は心からであり, 神殿に於いてではないと信じる。

ヨハネ 4:24「神は霊ですから, 神を礼拝する者は, 霊とまことによって礼拝しなければなりません。」


第十二条 われらは, 王, 大統領, 統治者, 長官に従うべきを信じ, また法律を守り, 敬い, 支うべきことを信ず。

訂正:真のクリスチャンは, 神と抵触がない限り, 地上の政府の権威に従います。

ダニエル 3:12-18『ここに, あなたが任命してバビロン州の事務をつかさどらせたユダヤ人シャデラク, メシャク, アベデ・ネゴがおります。王よ。この者たちはあなたを無視して, あなたの神々に仕えず, あなたが立てた金の像を拝みもいたしません。』そこでネブカデネザルは怒りたけり, シャデラク, メシャク, アベデ・ネゴを連れて来いと命じた。それでこの人たちは王の前に連れて来られた。ネブカデネザルは彼らに言った。『シャデラク, メシャク, アベデ・ネゴ。あなたがたは私の神々に仕えず, また私が立てた金の像を拝みもしないというが, ほんとうか。

もしあなたがたが, 角笛, 二管の笛, 立琴, 三角琴, ハープ, 風笛, および, もろもろの楽器の音を聞くときに, ひれ伏して, 私が造った像を拝むなら, それでよし。しかし, もし拝まないなら, あなたがたはただちに火の燃える炉の中に投げ込まれる。どの神が, 私の手からあなたがたを救い出せよう。』シャデラク, メシャク, アベデ・ネゴはネブカデネザル王に言った。『私たちはこのことについて, あなたにお答えする必要はありません。もし, そうなれば, 私たちの仕える神は, 火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。王よ。神は私たちをあなたの手から救い出します。しかし, もしそうでなくても, 王よ, ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えず, あなたが立てた金の像を拝むこともしません。』」

使徒 5:29「ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。『人に従うより, 神に従うべきです。』」


第十三条 われらは, 正直, 真実, 貞潔, 高徳なるべきこと, およびすべての人に善を行うを信ず。まことにパウロの訓戒に従うというを得べく, われらはすべてのことを信じ, ・・・。

訂正:真のクリスチャンは, キリスト教の原則と信仰に抵触しない限り, 上記を信じます。

ガラテヤ 2:11「 ところが, ケパがアンテオケに来たとき, 彼に非難すべきことがあったので, 私は面と向かって抗議しました。」

ヨハネ第三9「私は教会に対して少しばかり書き送ったのですが, 彼らの中でかしらになりたがっているデオテレペスが, 私たちの言うことを聞き入れません。」

マタイ 7:15「にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが, うちは貪欲な狼です。」

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.