モルモン経−人種差別の本

聖書は, 特に注記のない場合, 『新改訳聖書』を用いています。

All Scripture quotations, unless otherwise noted , are taken from the Holy Bible Shinkaiyaku Version.


『モルモン経』ニーファイ第一書第11章8節「そして『みたま』が『見よ』と仰せにるから見ると, 私は一本の木が見えた。その木はちょうど私の父が見た木のようであって, またその白さといえばまことに白妙の雪にもまさっていた。」

『モルモン経』ニーファイ第一書第11章13節「・・・そしてわたしはナザレの町の中に一人の処女を見たが, それはまことに色が白く美しい処女であった。」

『モルモン経』ニーファイ第一書第12章23節「これらの者どもは, とうとう不信仰に陥ってから皮膚の色が黒く汚らわしくなり, まったく怠け者であらゆる汚らわしい行いをする汚い民になってしまうのが見えた。」

『モルモン経』ニーファイ第一書第13章15節「私が眺めていると, 主の『みたま』が異邦人の上に臨んで異邦人たちはまことに繁栄し, 約束の土地を嗣りとして得た。眺めるにその異邦人たちは皮膚の色が白く, まだ殺されない前の私の民のように美しく麗しかった。」

『モルモン経』ニーファイ第二書第5章21節「・・・それであるから主なる神は, かれらが始め皮膚が白くて非常に美しく人目に楽しい者であったから, 私の民がこれに心奪われないようにその皮膚を黒くならせた。」

『モルモン経』ニーファイ第二書第30章6節「そこで彼らはこれらが全く神から与えられた恩恵であるのを知って喜び, 心の闇が次第に消えてまだ多くの代がたたない中に皮膚の色が白くて喜ばしい民となる。」

『モルモン経』ヤコブ書第3章8節「ああ, 私の兄弟たちよ, あなたたちがその罪を悔い改めなかったならば, レーマン人と一しょに神の王座の前に召されるときに, 彼らの皮膚はあなたたちの皮膚よりも白いであろう」

『モルモン経』アルマ書第3章6節「レーマン人の皮膚は先祖につけられたしるしのように黒かった。このしるしはレーマン人の先祖が, 正しくて聖い人であった兄弟のニーファイ, ヤコブ, ヨセフ, サームの四人にそむいて罪悪を犯し,」

『モルモン経』ニーファイ第三書第2章15節「そののろいが除き去られてニーファイ人のような白い皮膚となった。」

『モルモン経』モルモン書第5章15節「・・・この民は散り散りとなって, 今まで私たちの中になかったほど, またレーマン人の中にもなかったほど皮膚の黒い嫌らしい汚れた民となる。」


聖書のメッセージ

ローマ 1:16「私は福音を恥とは思いません。福音は, ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも, 信じるすべての人にとって, 救いを得させる神の力です。」

ローマ 2:10「栄光と誉れと平和は, ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも, 善を行なうすべての者の上にあります。」

ローマ 3:9「では, どうなのでしょう。私たちは他の者にまさっているのでしょうか。決してそうではありません。私たちは前に, ユダヤ人もギリシヤ人も, すべての人が罪の下にあると責めたのです。」

ローマ 10:12「ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が, すべての人の主であり, 主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。」

コリント第一 1:23-24「しかし, 私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき, 異邦人にとっては愚かでしょうが, しかし, ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても, 召された者にとっては, キリストは神の力, 神の知恵なのです。」

コリント第一 12:13「なぜなら, 私たちはみな, ユダヤ人もギリシヤ人も, 奴隷も自由人も, 一つのからだとなるように, 一つの御霊によってバプテスマを受け, そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。」

ガラテヤ 3:28「ユダヤ人もギリシヤ人もなく, 奴隷も自由人もなく, 男子も女子もありません。なぜなら, あなたがたはみな, キリスト・イエスにあって, 一つだからです。」

コロサイ 3:11「そこには, ギリシヤ人とユダヤ人, 割礼の有無, 未開人, スクテヤ人, 奴隷と自由人というような区別はありません。キリストがすべてであり, すべてのうちにおられるのです。」

文責:H

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。どの様な方法であれ, 無断転載を 一切禁止します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.

This article or parts thereof may not be reproduced in any form without permission of the publisher.