「聖書の間違い」への答え1

「聖書の間違い」への答え1

佐倉氏が「聖書の間違い」と称するホームページを立ち上げていますので, その文を引用して, この問題に答えたいと思います。




佐倉氏の主張

以下引用文

列王記と歴代誌の矛盾- 歴史的記述の矛盾 --- 列王記(上・下)と歴代誌下はともに歴史書ですが、それらの間にはたくさんの矛盾が見られます。


ソロモンの厩舎(うまや)

列王記上の記録によれば、ソロモンは厩舎(うまや)を「四万」所有していたとしていますが、歴代誌の記録では、「騎兵一万二千」という数字に比べて「厩舎四万」は多すぎるとでも思ったのでしょうか、「厩舎四千」に変えています。そのために、列王記と歴代誌の間に矛盾が生じています。日本聖書協会の改訂版(1955年版)の訳者は、列王記自体を「うまや四千」と変えてしまっています。(なおマソラ写本では、列王記4章は20節で終わり、5章1節は他の写本の4章21節に相当します。そのために、マソラ写本にしたがう新共同訳ではその5章6節が他の写本の4章26節に相当します。)

列王記上 4:26(マソラ写本 5:6)
ソロモンは戦車用の馬の厩舎四万と騎兵一万二千を持っていた。(新共同訳 5:6)

ソロモンはまた戦車の馬の、うまや四千と、騎兵一万二千を持っていた。(改訂版 4:26)

歴代誌下 9:25
ソロモンは馬と戦車のための厩舎四千、騎兵一万二千を有した。


神殿建築の工事責任の監督

列王記上の記録によれば、ソロモンは神殿建築の工事責任の監督は「三千三百人」であったとしていますが、歴代誌の記録では、「三千六百人」となっています。そのために、列王記と歴代誌の間に矛盾が生じています。

列王記上 5:16(マソラ写本 5:30)
そのほか、ソロモンには工事の責任を取る監督が三千三百人いて、工事に携わる民を指揮した。(新共同訳 5:30)

歴代誌下 2:17
そのうち七万人を荷役の労働者、八万人を山で石を切り出す労働者、三千六百人を民を働かせるための監督とした。


鋳物の「海」の容量

列王記上の記録によれば、ソロモンは神殿の備品として鋳物の「海」をつくらせますが、その容量は「二千バト」であったとしています。しかし、歴代誌の記録では、その容量は少なくとも「三千バト」であったとなっています。そのために、列王記と歴代誌の間に矛盾が生じています。

列王記上 7:26
「海」は厚さが一トファ、その縁は、ゆりの花をかたどって、杯の縁のように作られた。その容量は二千バトもあった。

歴代誌下 4:5
「海」は厚さが一トファ、その縁は、ゆりの花をかたどって、杯の縁のように作られた。その容量は優に三千バトもあった。


町々の建設

列王記上の記録によれば、ソロモンは神殿と宮殿をたてた後、様々な町を建設しますが、その工事に携わった監督の数は「五百五十名」であったとしています。しかし、歴代誌の記録では、「二百五十名」となっています。そのために、列王記と歴代誌の間に矛盾が生じています。

列王記上 9:23
ソロモンの工事に配置された監督は五百五十名で、工事に従事する人々の指揮をとった。

歴代誌下 8:10
ソロモン王の配置した監督は二百五十名で、人々の指揮をとった。


アハズヤがユダの王となったときの歳

列王記下の記録によれば、アハズヤがユダの王となったのは「二十二歳」の時であったとしていますが、歴代誌の記録では、「四十二歳」のときであったとなっています。そのために、列王記と歴代誌の間に矛盾が生じています。

列王記下 8:26
アハズヤは二十二歳で王となり、一年間エルサレムで王位にあった…。

歴代誌下 22:2
アハズヤは四十二歳で王となり、一年間エルサレムで王位にあった…。


ヨヤキンがユダの王となったときの歳

列王記下の記録によれば、ヨヤキンがユダの王となったのは「十八歳」の時であったとしていますが、歴代誌の記録では、「八歳」のときであったとなっています。そのために、列王記と歴代誌の間に矛盾が生じています。

列王記下 24:8
ヨヤキンは十八歳で王となり、三ヶ月間エルサレムで王位にあった…。

歴代誌下 36:9
ヨヤキンは八歳で王となり、三ヶ月と十日間エルサレムで王位にあった…。


ヨシャファトの船団

列王記上と歴代誌は、ともに、ユダ王ヨシャファトの船造りとその船団の難破のことに関する記録がありますが、二つの記述の間には矛盾があります。

列王記上 22:49-50
ヨシャファトはタルシシュの船を数艘造り、金を求めてオフィルに行こうとしたが、船団はエツヨン・ゲベルで難破し、行くことが出来なかった。そのとき、アハブの子アハズヤがヨシャフトに、「わたしの家臣たちとともに船に乗り込ませればよい」と言ったが、ヨシャフトはそれを望まなかった。

歴代誌下 20:35-37
ユダの王ヨシャフトはイスラエルの王アハズヤと協定を結んだ。この王は悪を行った。彼らはタルシシュ行きの船団を造るために協定を結び、エツヨン・ゲベルで船団を造った。そのとき、マレシャ出身のドダワフの子エリエゼルがヨシャファトに向かってこう予言した。「アハズヤと協定を結んだため、主はあなたの事業を打ち壊される。」こうして船は難破し、タルシシュに行くことは妨げられた。

列王記上の記録によれば、ユダの王ヨシャファトは、(1)オフィルに行くために船を造りますが、(2)船団はエツヨン・ゲベルで難破します。(3)そのとき、イスラエルの王アハズヤがこれを共同事業にしようと誘いますが、(4)ヨシャファトはこれを拒否します。

歴代誌下の記録によれば、ユダの王ヨシャファトは、(1)まず、イスラエルの王アハズヤと協定を結んで、(2)タルシシュ行きの船をエツヨン・ゲベルで造りますが、(3)悪の王アハズヤと協定を結んだことが理由となって神に罰せられ、その結果、船団は途中で難破します。

このように、ヨシャファトの船団のことに関して、列王記上と歴代誌は矛盾した記録を残しています。


結論

以上の例に挙げたように、「列王記(上・下)」と「歴代誌下」の記述には、たくさんの矛盾が見られます。


捕虜にされた騎兵の数

サムエル記下の記録によれば、ダビデはツオバの王ハダドエゼルと戦い、「騎兵千七百」捕虜にしたと記していますが、歴代誌の記録は、「騎兵七千」と記述しています。

サムエル記下 8:3-4
ダビデは次に、ツオバの王、レホブの子ハダドエゼルがユーフラテスに勢力を回復しようと行動を起こしたとき、彼を討ち、騎兵千七百、歩兵二万を捕虜とし、戦車の馬は、百頭を残して、そのほかすべて腱を切ってしまった。

歴代誌上 18:3-4
ダビデは次に、ハマト地方のツオバの王ハダドエゼルが、ユウフラテスに覇権を確立しようと行動を起こしたとき、彼を討ち、戦車一千、騎兵七千、歩兵二万を捕獲し、戦車の馬は、百頭を残して、そのほかはすべて腱を切ってしまった。


イスラエルとユダの戦士の数

サムエル記下の記録によれば、ヨアブの報告したイスラエルの戦士の数は「八十万人」でユダの戦士の数は「五十万」であったとなっていますが、歴代誌の記録では、それぞれ「百十万」「四十七万」となっています。

サムエル記下 24:9
ヨアブは調べた民の数を王に報告した。剣をとりうる戦士はイスラエルに八十万、ユダに五十万であった。

歴代誌上 21:5
ヨアブは調べた民の数をダビデに報告した。全イスラエルには剣をとりうる男子が百十万、ユダには剣を取りうる男子が四十七万であった。


殺された戦車兵の数

サムエル記によれば、アラム軍との戦いにおいて、ダビデ軍に殺されたアラム軍の戦車兵の数は「七百」であったことになっていますが、歴代誌によれば「七千」となっています。

サムエル記下 10:17b-18
アラム軍は戦列を整えてダビデを迎え討ち、戦ったが、彼らはイスラエルの前から逃げ去った。ダビデはアラムの戦車兵七百、歩兵四万を殺し、軍の司令官ショバクもその場で打ち殺した。

歴代誌上 19:17b-18
ダビデは戦列を整えてアラムを攻撃し、戦った。彼らはイスラエルの前から逃げ去った。ダビデはアラムの戦車兵七千、歩兵四万を殺し、軍の司令官ショファクも殺した。


結論

以上の例に挙げたように、「サムエル記」と「歴代誌」の記述には、聖書に収められている他の書と同じように、顕著な矛盾が見られ、聖書には誤謬があることがわかります。


平田さんより

98年7月2日

お久しぶりです。佐倉さんの健筆ぶりを見てエールを送りたくなりメールをおくります。

かつて聖書を盲信していた平田です。今は批判的に読む癖が出来て違った聖書の読み方をしています。その結果聖書に間違いがあるのではないか、と思われる個所を見つけたのでメールします。その箇所は旧約聖書 エズラ記2章です。この箇所は私が発見した訳ではなく、約200年前に書かれた<理性の時代>原題The Age of Reasonの著者トマス・ペインThomas Paine 1737-1809が書いているものの孫引きです。この本は泰流社から出版されていますので日本語で読む事ができます。さて 少し長くなりますが引用いたします。

エズラ書第二章で聖書の筆者は、バビロンからエルサレムへ帰還した部族と家族、およびそのそれぞれの正確な人数のリストを示しており、そのようのして帰還した人々についてのこの記載が、その書を執筆する主な目的の一つだったようにおもわれる。ところがこれには、そのくわだての趣旨を台無しにする一つの誤りがあるのである。筆者は自分の記載を、次のようなやり方で始める<第二章三節><パシロの子孫は2172人。>四節<シパテヤの子孫は372人。>そしてこのやり方で彼は全ての家族をとうして進む。64節で彼は総計をおこない、全員はあわせて42、360人だったという。だが、それぞれの内訳を集計する労を取る人は誰でも、29、818しかないことを発見するだろう。ゆえに誤差は12、542である。とすると、何ごとであれ聖書のなかに、どのような正確さがありうるのだろうか?
原注 各家族の内訳 エズラ書第二章より
 節    
 3  2,172
 4    372
 5    775
 6   2,812
 7   1,254
 8     945
 9     760
10    642
11    623
12  1,222
13    666
14  2,056
15    454
16     98
17    323
18    112
19    223
20     95
21    123
22     56
23    128
24     42
25    743
26    621
27    122
28    223
29          52
30        156
31   1,254
32       320
33        725
34    345
35  3,630
36    973
37  1,052
38  1,247
39  1,017
40     74
41    128
42    139        
43  
44  
45  
46  
47  
48    392
60     652

総計 29、818
これらの筆者達は聖書製作者としては充分よくやっているかもしれないが、なんであれ真実と正確さが必要であることにたいしてはダメである。161ページ―163ページ
以上長くなりましたが引用しました。さて、私は寡聞にして、この箇所に関して、いかなる調和化がなされているのか知りません。誰かこの点に関して誤りでない、と言う人がいるならば説明してもらいたく思います。

佐倉さんはどう考えますか?では、このへんで失礼します。


作者より平田さんへ

98年7月6日


念のために、わたしも数えてみましたが、ペインの主張するように、エズラ記のいう「総数」とは一致しません。聖書の記述の不正確さがここにもあらわれているようです。しかしながら、それぞれの部族の数は、「イスラエルの男子の数」(2:2)とい書いてあるように、男性だけの数を示しており、「会衆の総数」(2:64)は、男女合わせた数である、というような主張も成り立たないこともありません。わたしがファンダメンタリストでしたら、おそらく、そのようないいわけを考えるでしょう。

わたしは、このことに関しては、さらに、ネヘミヤ記も調べてみました。というのは、ネヘミヤ記七章には、おなじユダヤ人たちの帰郷の記事が繰り返されているからです。すると、この二つの記述の間にはかなり沢山の矛盾(赤色の部分)があることがわかりました。この矛盾には弁解の余地がありません。

 エズラ書第二章      ネヘミヤ記七章
 節     人口     節     人口
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 3  2,172     8  2、172     パルオシュの一族
 4    372     9    372     シェファトヤの一族
 5    775    10    652     アラの一族
 6  2,812    11  2、818     パハト・モアブ、すなわちイエシュアとヨアブの一族
 7  1,254    12  1、254     エラムの一族
 8    945    13    845     ザトの一族
 9    760    14    760     ザカイの一族
10    642    15    648     バニ(ビヌイ?)の一族
11    623    16    628     ベバイの一族
12  1,222    17  2、322     アズガドの一族
13    666    18    667     アドニカムの一族
14  2,056    19  2、067     ビグワイの一族
15    454    20    655     アディンの一族
16     98    21     98     アテル、すなわちヒズキヤの一族
17    323    23    324     ベツアイの一族
18    112    24    112     ヨラ(ハリフ?)の一族
19    223    22    328     ハシュムの一族          
20     95    25     95     ギバル(ギブオン?)の一族
21    123                  ベツレヘムの男子
22     56                  ネトファの男子
     (179)   26    188     ベツレヘムとネトファの男子
23    128    27    128     アナトトの男子
24     42    28     42     アズマベトの男子
25    743    29    743     キルヤト・アリムとケフィラとベエロトの男子
26    621    30    621     ラマとゲバの男子
27    122    31    122     ミクマスの男子
28    223    32    123     ベテルとアイの男子
29     52    33     52     ネボの男子
30    156                  マグビシュの一族
31  1,254    34  1、254     もう一人のエラムの一族
32    320    35    320     ハリムの一族
33    725    37    721     ロド、ハディド、オノの男子
34    345                  エリコの男子
35  3,630    38  3、930     セナアの一族
36    973    39    973     祭司 ユダの一族、すなわちイエシュアの家族
37  1,052    40  1、052     イメルの一族
38  1,247    41  1、247     パシュフルの一族
39  1,017    42  1、017     ハリムの一族
40     74    43     74     レビ イエシュアとカドミエル、ビヌイ、ホダウヤの一族
41    128    44    148     アサフの一族
42    139    45    138     門衛
48    392    60    392     神殿の使用人+ソロモンの使用人
60    652    62    642     デラヤ・トビヤ・ネコダの一族
以上の赤色の部分が示すように、二つの記述には明らかに不一致がみられ、一方が正しいとすれば、他方は必ず間違っていることになるために、「聖書にはいかなる誤謬もない」という主張は誤っていることがわかります。聖書が間違っているとすれば、それは神の言葉ではないということにもなります。神は、その定義によると、間違いを犯さない全知全能の神のはずだからです。

おたよりありがとうございました。





生ける水の会からの答え

まず, これらは, 聖書を学び始めた初心者に見受けられる一般的な疑問や質問であるということです。熟練した聖書学者は, この様な問題には取り合うことさえしないでしょう.。しかし, 中にはこの様な意見を無批判に信じてしまう聖書の初心者の方もおられるようですので, 貴重な時間を割いて敢えてこの問題に取り組んで見ましょう。

 私もかつて, 教会の演壇から「聖書は無謬の書物です。」と聞かされていました。しかし, 聖書を1年に5回のペースで通読するうちに, すぐに聖書各巻に矛盾があることを見出しました。それは, 私にとっては新しい発見ではありましたが, 既に多くの注意深い信仰者が気がついた問題でもありました。

 私は, この矛盾について気が付いたとき, 神学書や注解書を読みました。そこには, 適切な答えが載せられていたのです。そして, 気が付いたことは「聖書本文は, 完全無謬であるが, 現存する写本は, ソフェリム達の手書きによる写しによるため誤字が含まれる」ということです。

 かつて, 日本でも「不幸の手紙」というのが流行りました。「あなたは, この手紙を受け取ったなら10日以内に10人の人にこの手紙を出しなさい。この手紙は, 不幸の手紙です。」というものでした。しかし, 何人もの手を通して, 写されていくうちに「不幸の手紙」がいつの間にか, 「棒の手紙」になっていた, ということを聞いたことがあります。

祖先の伝統を重んじモーセ五書を丸暗記するユダヤ人達ではありますが, 何百年にも渉って, 手書きによる書写を重ねていくうちに誤字や脱字などが入るのも事実です。日本語でも一点一角が違うと「大」と「犬」のように大きな違いが生じます。

さて本題に入りましょう。

旧約聖書の所々に, 現実にはありえないような大きな数字が記録されています。しばしば, これらの数字は, 架空のものであり聖書が歴史的に信頼の置けないものであると臆断されてきました。旧約聖書の本文は, 驚くほどよく保存されているという確かな証拠があります。またサムエル記, 列王記, 歴代誌の並行個所, 特にエズラ記2章とネヘミヤ記7章から数字を正確に伝えることが特に困難であったことが立証されています。

 数字に0が余分に付け加えられていたという次のような実例があります。サムエル記第二10:18では「戦車700」に対し, 歴代誌第一19:18 では「7,000」となっています。また, 数字が脱落することもあります。列王記第二24:8はエホヤキムが王になった年齢を「18歳」としていますが歴代誌第二36:9では「8歳」となっています。詳しくは「新改訳」脚注をご覧下さい。また, 全部が脱落している場合もあります。サムエル記13:1には「サウルは 歳で」とあります。(「新世界訳」は, 底本に従い空欄になっています。) エズラ記2章とネヘミヤ記7章では, 数字は一位, 十位, 百位, 千位において, しばしば一つだけ違っています。また, それ以外の書き写す際の間違いも見出されますが, それらの多くは容易に説明のつくものです。

ことばの混乱

現在ヘブライ語では 全ての数字は略さずに, 記されています。しかし, 長い間, 聖書本文は母音記号なしで書かれていました。母音記号が無いために, この数字の問題においても極めて重要な語である「'eleph 」, 「'alluph」を他の語と混同することがありました。

母音なしではこれらの語は「'lp」と同じに見えます。「'eleph」は通常, 「千」に当たる語です。しかし, その語は他の色々な意味にも用いることが出来ます。即ち, 「家族」(士師記6:15英改訂版{新世界訳は, 裁き人})或いは氏族(ゼカリヤ9:7; 12:5-6米改訂標準訳), 或いは部族の意味に用いられています。「'alluph」はエドムの人々の「首長たち」(創世記36:15-43)の意味に用いられています。

恐らく「千人隊」の頭の意味でしょう。そして職業的な, 完全武装した兵士を意味することも間違いないでしょう。

 

軍隊の統計

 ある時期には, 戦いには2種類のはっきりした区別できる型の戦士-ゴリヤテ型とダビデ型, 完全武装した職業的な兵士と田舎の羊飼いの武器を唯一の武器とする民兵によってなされたいくつかの個所において, 明らかに職業的な兵士を意味する語が, 「千」を意味する語と誤解されたようです。例えば士師記20章にあるギブアという小さな町に対する攻撃について考えてみましょう。2節には 「剣を使う」40万の歩兵が集まったと記録されいます。もし, これが実際には「剣を使う」400の完全武装した400人の歩兵であるならば, それに続く記述は見事に筋の通ったものとなります。

イスラエル民族の総数

シメオン 57人の武装した人 57'lp

23の100人(部隊) 2'lp3「100人」


「'lp」が, ある場合には「武装した人」を意味し, ある場合には「千」を意味することを知らなかったので, これらが59300人にされてしまいました。これらの数字を注意深く解読して, 正しい数字に直せば, 軍の総力は18,000ほどになります。

聖書個所     イスラエル        ユダ
歴代誌-1    80,000プラス 30'lp         40,000 プラス 70'lp
      -2    800,000プラス 300'lp       400,000プラス70'lp 
      -3       1,001,000                  470,000  
サムエル記-1   80,000プラス 30'lp         40,000プラス70'lp
         -2   800,0000プラス 30'lp        470,000

この段階でソフェリム(写字生)は「30'lp」に当惑しました。彼らはそれを30,000の意味に解し, 間違ってそれをユダの数に加えてしまったと考えられます。

この様に考えるなら, 数字上の殆どの謎は解けるのです。つまり, 写字生(ソフェリム)が母音や時代背景を理解しなかったために生じた問題であるということです。

 従って「聖書本文が間違いなのではなく, 現存する写本において誤字, 脱字が生じている」ということなのです。

これらのことを含めても聖書は, その根本的なメッセージである「イエス・キリストによる救い」という中心テーマは, どの聖書底本をとっても結論付けられるものなのです。佐倉氏には, 聖書を根本から学んで欲しいと願っています。

メインページに帰る。

この記事は, 国際著作権法により保護されています。印刷や電子的な方法によらず 無断転載を一切禁じます。copyright (c) 2001 by Ikerumizunokai All rights reserved.

あなたはこのHPを訪れた番目のお客様です。