洗脳, マインド・コントロール追加文献

『洗脳体験』, 1991, 二澤雅喜 島田裕巳, JICC出版局

『洗脳の科学』, 1994, Camerian,R., 第三書館

『認知的不協和の理論』, 1957, Festinger,L., 誠信書房

『あやつられる心:破壊的カルトのマインド・コントロール』, 1995, Keiser,T&Keiser,J., 福村出版

『思想改造の心理』, 1979, Lifton,R.J., 誠信書房

『狂信:「ブランチ・ダビディアン」の悲劇』, 1993, Madigan,T., 徳間書店

『服従の心理』, 1974, Milgram,S., 河出書房新社

『人間改造の生理』, 1961, Sargant,W., みすず書房

『カルト』, 1995, Singer,M., 飛鳥新社

『カルトの構図』, 1996, Stamm,F., 青土社

『暗室の中の世界』, 1969, Vernon,J., みすず書房

『カリスマへの階段』, 1996, Wilson,C., 青土社

『親は何を知るべきか:破壊的カルトとマインド・コントロール』, 1997, マインド・コントロール研究所, いのちのことば社

『ヤマギシズム学園の光と影』, 1994, ヤマギシを考える全国ネットワーク, 風媒社

『ガイアナ人民寺院の集団自殺』, 1980, 伊賀衛, 社会精神医学,3(1)

『洗脳の時代』, 1981, 宇治芳雄, 汐文社

『マインド・レイプ』, 1997, 塩谷智美, 三一書房

『人は, 変われる』, 1993, 久保博司, プレジデント社

『統一協会:マインド・コントロールのすべて』, 1994, 郷路征記, 教育史料出版会

『オウムからの帰還』, 1996, 高橋英利, 草思社

『超能力と霊能者』, 1997, 高橋紳吾, 岩波出版

『夢の入り口:ヤマギシ会特別講習研鑚会(特講)について』, 1996, 樹村みのり 永野久江, ねこの手出版

『オウムと全共闘』, 1995, 小浜逸郎, 草思社

『マインド・コントロールの狂気』, 1995, 西田公昭, 渋沢栄一記念財団「青淵」559

『カルト・マインド・コントロールは対人行動学の宝石箱』, 1995, 西田公昭, 対人行動学研究

『学校の中の破壊的カルト』, 1995, 西田公昭, 青少年問題, 12月号

『マインド・コントロールとは何か』, 1995, 西田公昭, 紀伊国屋書店

『ビリーフの形成と変化の機制についての研究(4):カルト・マインド・コントロールにみるビリー・フシステムの強化』, 1995, 西田公昭, 社会心理学研究,11(1)

『破壊的カルト脱会後の苦悩と後遺症』, 1997, 西田公昭, 百万人の福音,3月号

『わたしは”洗脳”された』, 1989, 赤旗社会部(編), 新日本出版社

『新宗教と日本人』, 1994, 浅見定雄, 晩声社

『マインド・コントロール理論』その虚像と正体, 1996, 増田善彦, 光言社(=統一協会の出版社)

『マインドゲーム』, 1995, 大峰樹, 雲母書房

『統一協会からの救出』, 1992, 田口民也, いのちのことば社

『マインド・コントロールされていた私』, 1996, 南哲史, 日本基督教団出版局

『自由の研究』, 1992, 浜田寿美男, 三一書房

『ヤマギシ会の暗い日々』, 1994, 武田修一, 野草社

『心を操る男たち』, 1993, 福本博文, 文芸春秋

『いわゆる原理運動に関する精神科臨床−事例を中心として−』, 1980, 平山正実, 社会精神医学,3(1)

『別冊宝島:いまどきの神様』, 1990, JICC出版局

『ヴァジラヤーナ・サッチャNO.7』, 1995, オウム出版

『別冊宝島:洗脳されたい』, 1997, JICC出版局

メインページに帰る。

この記事の, 著作権はIkerumizunokaiに帰属します。Copyright (C) 1999 by Ikerumizunokai All rights reserved.