泣いた赤鬼 

mountain 昔、昔、山を越え、峠を越え、人里離れた山の奥に、赤鬼と青鬼が住んでいました。赤鬼は人間の子供が大好きで、いつもどうやったら友達になれるか考えていました。
赤鬼「僕はやさしい赤鬼なのにどうしてみんな遊びに来ないのかな。おいしいお菓子と飲み物を用意するのに。」
青鬼「ねえ、赤鬼君、そんなに子供たちと友達になりたいのかい。」
赤鬼「うん、友達になりたいよ。」
青鬼「じゃあ、いい考えがあるんだ。ちょっと耳を貸してごらん。」
赤鬼「うんん」
青鬼「そうして」
赤鬼「うん」
青鬼「どうだい。」
赤鬼「うん。うん。」
青鬼「わかったかい。じゃ、ひと風呂浴びに行こうか。」
(翌日、子供たちが森の中で遊んでいました。)
子供「かくれんぼするものこの指止まれ。お手玉、石蹴り、何でもあるよ。みんなお出でよ。遊ぼうよ。」
青鬼「ワアー、ワアー、ワアー。うるさいぞ。俺さまが体操する時間だ。あっちへ行け。一、二、三、四、ワアー、ワアー、ワアー、五、六、七、八、ワアー、ワアー、ワアー」
子供「助けて」
children 赤鬼「ワアー、ワアー、ワアー。悪い青鬼。直ぐに体操を止めろ、さもないとこうしてやるぞ。一、二、三、四、エイ、エイ、エイ、五、六、七、八、エイ、エイ、エイ」
青鬼「ごめん。ごめん。許して。強い赤鬼さん。もう二度としないから許して。」
赤鬼「安心しなさい。子供たち。悪い青鬼もういない。山に帰っていった。」
子供「赤鬼さん、ありがとう。悪い青鬼をやっつけた強くてやさしい赤鬼さん。赤鬼さん一緒に遊びましょう。かくれんぼの鬼になってくれる。」
赤鬼「本当にいいの。」
子供「いいよ。」
mountain (みんな楽しく遊び、一番星が出てきます。)
子供「一番星が出てきました。お家に帰る時間です。おやすみ赤鬼さん。また明日。おやすみ、みんな。また明日。」
赤鬼「みんな家に帰ってしまったなあ。とっても楽しかったなあ。おやすみ子供たち。また明日。さて、青鬼君はどうしているかな。おや、こんな所に手紙が落ちている」
手紙「親愛なる赤鬼くんへ。もし君が悪い青鬼の友達とわかったら、子供たちは君から逃げてしまうでしょう。だから僕はもう君には会いません。一人遠くへ行きます。どうか子供たちと仲良く暮らしてください。さようなら。青鬼より。」
赤鬼「ああ、青鬼くんが行ってしまった。あんないい友達だったのに。行ってしまった。 」
赤鬼くんと青鬼くんは二度と会うことはありませんでした。(2002.2.21)


Red Demon and Blue Demon