まんじゅうこわい

町で若者の寄り合いがありました。次から次へ恐いものを言い合いました。
「おれは蛇が恐い。あの動き方が嫌だ。」
「おれは狸が恐い。お化けに姿を変えるから。」
「おれはクモだ。クモの巣はねばねばする。」
「おれはコウモリだ。夜飛びやがる。」
「おれは毛虫だ。葉っぱの裏に隠れていやがる。」
「おれはアリだ。一列になって動きやがる。」

manju みんな恐い物を話す中で一人だけ黙っているものがいました。
「おい、松ちゃん。恐いものはないのかい。」
「恐い! 恐いもんなんか何もないよ。」
「蛇もクモもお化けも恐くないんかい。」
「そんなものは恐くないよ。」

「蛇、そんなものは頭が痛いとき、頭にまきゃ涼しくならあ。」
「たぬき、お化けが出たら、料理して、洗ってきれいにしてやらあ。」
「クモ、納豆に混ぜてかき回してやらあ。」
「コウモリ、傘にしてやらあ。」
「毛虫、棒をさして歯ブラシにてやらあ。」

と突然話すのを止めてしまった。
「どうしたんだい。」
「恐いものを思い出しちゃった。」
「それはなんだい。ぜひ教えてくれよ。」
「まん、まんじゅうが恐い。」
「まんじゅう、そりゃどういう動物だい。」
「動物じゃないんだ。店で売っているものなんだ。ああ思い出しただけで気持ち悪くなる。」
顔色がみるみるうちに悪くなってきた。
「ああ、座ってられない。隣の部屋に布団をしいてくれ。」
床に入ると、とうとう毛布で顔をおおってしまいました。
これを見て、みんなは笑って、いたずらをすることにしました。 
数人が町へ出かけて色々なまんじゅうを買ってきました。酒饅頭、温泉饅頭、蕎麦饅頭、栗饅頭、赤饅頭、白饅頭、葬式饅頭、肉饅頭色々です。
おぼんに饅頭を乗せると、こっそり床に枕元に運び、気がつくのを待ちました。
「ねえ。松ちゃん。起きなよ。もうお開きだよ。」
「わかったよ。起きるよ。でももうまんじゅうのことは言わないでくれよ。」
「わかったよ。もう話さないよ。」

大きな叫び声が聞こえた。
「うわ、まんじゅうだ。まんじゅうが一杯だ。」
となりの部屋のみんなは大満足。
manju 「おいみんな、どうしてこんなことをするんだよ。約束しただろう。饅頭こわい。饅頭恐い。」
大きな声をあげれば上げるほど、みんな大喜び。
「うわ、酒饅頭だ。恐い、恐い。」
「うわ、栗饅頭だ。恐い、恐い。」
「うわ、饅頭恐い。おいし・・。こわい・・。」

様子のおかしいのに気がついて部屋の中を覗いてみました。
「うれしそうだぜ。饅頭食ってるぜ。こりゃだまされた。ねえ、松ちゃん、一体何が恐いんだい。」
「おいしいお茶が恐い。」(2002.3.10)


I'm afraid of Manju