証城寺の狸ばやし

むかし、むかし村から遠く離れたさびしいところに証城寺というお寺がありました。お寺の回りには、木や藪がうっそうと茂っていました。
お寺の和尚さんは大の音楽好きで、特に三味線を弾くのが大好きでした。朝に、晩に、お寺の本堂でお経を唱えたあとは、三味線を弾くのが日課でした。三味線を奏でているときは何もかも忘れて、ついつい何時間も本堂で過ごしてしまいました。
秋のある日のことです。いつものようにお経を唱え、三味線を弾いていると、いつの間にか、まん丸なお月様が山の上に出ていました。夜中のことです。和尚さんは聞きなれない物音に目が覚めました。
「何事だ?」と聞き耳を立てると、音がこちらの方へ近づいてくるではありませんか。それは笛と太鼓の音です。
「きっと村の若い衆が騒いでいるんだろう」と思い、寝床から出て、引き戸を少し開け、お寺の庭を見てみました。何と、そこにいるのは若い衆ではなく、何十匹もの狸が、大きいのも小さいのも一緒になり、太鼓をたたきながら踊っているではありませんか。
一番大きな狸が太鼓のリズムをとっていました。「ドンドンドン」
二匹の狸が笛を吹いていました。「ピーヒャラピーヒャラ」
子狸はかわいくみんなで太鼓をたたいていました。「ポンポコポン」

monk 証 証 証城寺
証城寺の庭は
ツ ツ 月夜だ
みんな出て 来い来い来い
おい等の友達ァ
ぽんぽこ ぽんの ぽん

負けるな 負けるな
和尚さんに負けるな
来い 来い 来い
来い 来い 来い
みんな出て 来い来い来い

raccoon 証 証 証城寺
証城寺の萩は
ツ ツ 月夜に 花盛り
おい等は浮かれて
ぽんぽこ ぽんの ぽん

(作詞:野口雨情  作曲:中山晋平)

でも本当は狸は前足でお腹をたたいていたのです。
和尚さんも、最初は驚いていましたが、すぐに狸の音楽に聞きほれてしまいました。これがあの「狸ばやし」かもしれないと思い、戸を開けると手に三味線を持って庭に降りていきました。そして三味線を弾きながら狸の踊りに加わりました。みんな楽しく演奏したり踊ったり、ついには和尚さんが歌い始めました。和尚さんの声が大きくなると狸の音も一段と大きくなりました。和尚さんは声を限りに、狸はここぞとばかりに必死にお腹をたたきました。今や踊りは最高潮を迎えました。
やがて日が昇り、狸はどこへともなく消えていきました。

次の晩も、その次の晩も、狸はやってきて歌って踊ると朝かえっていきました。
和尚さんは、次の日はちょっと昼寝をして、夜、狸ばやしが始まるのを今か、今かと待っていました。でもその晩はとても静かなので不思議に思い始めました。狸は一匹も来ません。和尚さんはとても心配でした。夜が明けるのを待って和尚さんはあちこちを探してみました。そしてお寺の本堂の裏に、何か倒れているのを見つけました。それはあの大狸でした。お腹が大きく破れてすでに息絶えていました。おそらくお腹を叩きすぎたのでしょう。和尚さんはとてもかわいそうになりました。楽しい狸ばやしの夜を一緒に過ごした和尚さんは、その狸を身内のもののように思いました。狸の亡がらは丁重な弔いのあと庭の片隅に埋められました。(訳:kudo)

語り:みーな@よみがたりーなWith KAI
tanukibayashi