天福地福

むかし、むかし、ある所に、親切なおじいさんとおばあさんが住んでおりました。隣には、いじわる爺さんが住んでいました。
ある晩のことです。おじいさんはよい夢を見て、それをおばあさんに話しました。
「良い夢を見たよ。天から贈り物があった。」
「それはよい夢ですね。」
二人は一緒に笑いました。
その日、二人は畑を耕しに出かけました。すると、クワの先が土の中で何かにあたる音がしました。おじいさんが静かに掘ってみると、小さい壷が出てきました。
「何だろうね。おばあさん。」
「何が入ってるんかね。おじいさん。」
開けてビックリ、何と大判、小判がざっくり入っていました。驚きのあまり、おじいさんとおばあさんは、しばらく声も出ず、動くこともできませんでした。
それをいじわる爺さんが木の陰で見ていました。
「何、壷に金貨。」と、いじわる爺さん。
「これは、おじいさんが夢で見た天からの贈り物ですかね。」とおばあさんが言いました。
「違うな。わしは天から贈り物をもらった。これは土の中から出てきた。これは天からではなく地からの贈り物じゃ。」
「それでは、土の中に戻しましょう。おじいさん。」
二人は壷を土の中に埋め戻しました。
pot 「馬鹿な二人じゃ。あれはわしの物じゃ。」といじわる爺さんは言いました。
暗くなってから、いじわる爺さんは肩にクワをかかえて畑に戻りました。壷を掘り出し蓋を開けてみました。すると蛇がぞくぞく出てきました。すぐに蓋をしめると、それを持っておじいさんの家に行きました。
「うそつきめ。し返ししてやる。」
屋根に登ると、煙だしの穴から中をのぞき込みました。二人は囲炉裏のわきでお茶を飲んでいました。
「よくもだましたな。蛇を入れてやる。」
壷の蓋を開け、蛇を落としました。でも蛇は落ちながら金貨に変わりました。大判、小判が天から降ってきました。
「これこそわしが夢で見た天からの贈り物じゃ。」
おじいさんとおばんさんは手に手を取って喜びました。(2004.2.21)

tenpuku