竜の子太郎

tatu むかし、むかしある山里におばあさんと太郎という子供が住んでいました。
ある日、太郎はおばあさんにたずねました。
「おばあさん、僕のお母さんはどこにいるのか、教えて下さい」
「もう少し大きくなったら教えてあげる。それまで我慢しなさい。」
ある夏の日、太郎は村の子供たちと一緒に山の中の湖に泳ぎに行きました。
湖の中に飛び込んだ太郎はまるで魚のように自由に泳ぐことができました。
「太郎、お前のお母さんは竜だってぞ。速く泳げるのは当たり前だ。お前は竜の子。」
と子供の一人が言いました。その言葉がいつも頭から離れませんでした。
ある日、太郎が畑で働いていると、村人が湖を指差し言いました。
「太郎、あの湖の水を流して、広いたんぼを作ってくれ。そうすれば米が取れる。」
太郎はいつかそうする決心をしました。
数年が経ち、太郎は立派な少年になりました。
おばあさんは太郎に本当のことをいう日がきました。
「太郎、驚かないでくれ。お前の父は山に住んでいる白竜で、お前の母は湖に住んでいる犀竜だ。だからお前は神の子だ。お前の母は、お前を産んだとき、私に神の子ではなく人間の子として育てて欲しいとあずけた。お前は、力があるばかりでなく、人の気持ちがわかり、知恵も勇気もある。あの湖の水を流して、広いたんぼを作ってくれ。」
「本当のことを言ってくれてありがとう。友達に竜の子だと言われてきているから、各語はできていました。お母さんと力を合わせて、湖の水を流して、広いたんぼをきっと作る。」と太郎は言いました。
次の朝、太郎は湖のほとりで母親を呼びました。突然、湖が大きくゆれて、竜が姿をあらわしました。
「太郎、私がお前が立派に育ったのを湖の中から見ていました。1日でもお前のことを忘れたことはありませんでした。」と母親が言いました。
「お母さん、どんなにお母さんに会いたかったことか。僕はお母さんと力を合わせて、湖の水を流して、広いたんぼを作って、村人にお礼をしたい。」
そう言うやいなや、太郎は湖に飛び込み、お母さんの背中に飛び乗りました。
「いいとも、お前と一緒ならどんなことでもできるよ。お母さんは岩にぶつかって穴をあける。そのため目が潰れるかも知れないから、お前は背中の上でしっかりかじをとっておくれ。」
背中に太郎を乗せた竜は湖の中に潜ると、あらん限りの力をこめて岩にぶつかりました。その音は数日続き、母竜の目は潰れ、湖は血で赤く染まりました。
とうとう岩は大きな音と共に砕け、湖の水が滝のように流れ出しました。
そして太郎を乗せた母竜は天に上っていきました。

語り:みーな@よみがたりーな with KAI

Dragon's Son