首をかしげる鶏

  食べる

 おいしい店を紹介します


 鶏とたわむれるのが大好きですが、実は食べるのも好きです。
 飼うのと食べるのは別と言うことで……。
 紹介文にある「お腹いっぱい」は、そのときの私の腹具合を元にしています(笑)。
 (普段の私は「フツウの一人前」で満足できます)

  川崎:じとっこ (鶏料理)  [最終確認:2007/12]
所在地 :川崎市川崎区駅前本町14-4 玉川ビル1F
アクセス:JR川崎駅より徒歩3分、京急川崎駅より徒歩2分
営業時間:月〜金 11:00〜14:00、17:00〜1:00(LO.24:00)
定休日 :なし
電話  :044-221-7712
 宮崎の地鶏、地頭鶏(じとっこ)を堪能できる居酒屋。
 地頭鶏は飼育の難しさから、ひむかでは「幻の地鶏」とも呼ばれているらしい。 ムネ身とモモは旨味を堪能できてお勧め。 鶏茶漬けもスープよし、肉よしで満足できる。
 3品食べて、ビール1杯と焼酎2杯で4500円程度見ておけばOK。

  桜木町他:榮家 (鶏料理)  [最終確認:2007/12]
所在地 :横浜市西区みなとみらい2-3-8
     クイーンズスクエア横浜アット!2nd 3F
アクセス:みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩3分、JR桜木町駅より徒歩12分
営業時間:月〜金 11:00〜15:00、17:00〜23:30(LO.22:30)
      土日祝 11:00〜23:30(LO.23:00)
定休日 :なし
電話  :045-682-2700
おしゃれでおいしい居酒屋。 鶏もおいしいし、薩摩揚げの炙り焼きもいい感じ。 ガラスープがよさそうだが、今回はお腹に余裕がなかったので残念ながら食べていない。 日本酒の品揃えがよく、40種類以上あるのがうれしい。 3品ほどに食べ、日本酒を2合飲んで4000円程度か。 結構混むので、予約をした方がいいかもしれない。 みなとみらい店の他にも何軒かあるので、興味のある方はどうぞ。

  川崎:登利亭 (焼鳥、串揚げ)
所在地 :川崎市川崎区砂子2-3-17
アクセス:JR川崎駅、京急川崎駅より徒歩5分
営業時間:17:00〜23:00
定休日 :日祝日
電話  :044-200-0192
焼鳥と串揚げがメインだが、実は魚もおいしい居酒屋。 銀柳街にあるマクドナルドの横にある細い路地を入っていくのだが、よく見ないと通り過ぎてしまうような細さなので初めていく人は要注意である。
焼鳥は「せせり」が特にお勧め。鶏の首の部分である。一羽の鶏からわずかしか取れない貴重でおいしいところである。冷凍でない手羽や、鳥トロもいける。定番もいいので、いろいろ食べてみよう。鳥わさもおいしい。 串揚げは、人数がいるなら盛り合わせがいい。いろいろな種類の串揚げがどーんと出てくる。アスパラがおいしいらしいが、まだ食べていない。次回は食べてみたいところである。
お酒は、ビールはエビスが飲める。店長自ら育てているというアロエを使ったサワーはちょっと薄め。お好みでどうぞ。日本酒は8種類ほど。淡麗辛口が多い。 ウェブサイトには焼鳥と串揚げとあるが、黒はんぺんもおいしかった。
お腹いっぱい食べ、調子に乗って3杯飲んで4000円と言うところか。 他人に教えるのがもったいないお店である。

  浜松町:鳥まつ (鶏料理)  [最終確認:2007/12]
< 大門店 >
所在地 :東京都港区芝大門1-6-11 芝大衛ビルB1
アクセス:浜松町駅より徒歩5分
営業時間:11:30-13:30、17:00〜23:00
定休日 :日祝日
電話  :03-5473-7749
ちょいと安くてとってもおいしい鶏料理の店。 座敷は天井が低いので、入るときに頭をぶつけないように気をつけましょう>私
ボンボジはむっちりと脂が乗っているし、つくねはジューシー。 つくねのネギはもうちょっと少なめで、軟骨は入っている方が好みだが、それを差し引いてもかなりの味。 鶏刺しの盛り合わせはモモ、ささみ、皮、…あと2種類は忘れてしまったが、非常においしい。 鶏刺しがOKな方はぜひ食べてみてください。
お酒は焼酎の品揃えがいいです。 このお店にしては高いけど、十四代の焼酎「秘蔵」は香りも味もグッド。 日本酒、焼酎ともお勧めがあり、なんと一杯290円〜350円で飲めます。 一人2杯までですが、十分楽しめると思います。
お代わりを聞いてくるタイミングなど、サービスもいいです。
お腹いっぱい食べ、お勧めの日本酒か焼酎なら2杯飲んでも2500円ですみます。

ランチは、きじ焼き重がサラダと味噌汁、香の物つきで650円。 ごはんの大盛りと味噌汁のお代わりは無料とお得でおいしいです。

  渋谷他:鳥良 (鶏料理)
< 渋谷道玄坂店 >
所在地 :東京都渋谷区道玄坂2-29-8 道玄坂センタービル6F
アクセス:渋谷駅より徒歩4分。
営業時間:17:00〜24:00
定休日 :元日
電話  :03-3780-0815
手羽先唐揚が売りの居酒屋。甘口、中辛、大辛があります。
焼鳥はつくねの種類が多いのが特徴。 軟骨入り、にんにくニラ入り、月見ソースなどなど、好みで選べます。 (私が頼んだ軟骨入り(たれ)はフツウでしたが…)
鶏モモの串打ち焼き、ねぎまなど正肉はおいしいです。
他にも本格中国料理(鶏中心)や豆腐料理があります。
お腹いっぱい食べ、日本酒を2杯(1.5合くらい?)飲んで3000円くらいです。

  品川:とりかく (鶏料理)
< 品川インターシティ店 >
所在地 :東京都港区港南2-15-2 品川インターシティビル B1
アクセス:JR品川駅より徒歩6分。
営業時間:月〜金 11:30-14:00、17:00〜23:00(L.O.22:30)
     土 17:00〜24:00(L.O.22:30)
定休日 :日、祝
電話  :03-5715-6377
くつろげる空間をコンセプトととしたお店です。
プライベートを重視していて、2人でものれんがある個室風のテーブルがあります。
つくねは軟骨入り。地鶏の店としてはまずまずの味わいです。 手羽先、鶏キムチなど鶏関係のメニューが豊富で楽しめます。
オリジナルの日本酒「とりかく」はスムーズでバランスのよい味わい。
1人3000円ほどでお腹いっぱい食べて飲めます。

  川崎:ひない小町 (鶏料理)  [最終確認:2007/12]
所在地 :川崎市川崎区駅前本町10 十番館ビル2F 
アクセス:JR川崎駅より徒歩2分。リバークの向かい側
営業時間:11:30〜14:00、17:00〜24:00(L.O.23:15)
定休日 :なし
電話  :044-222-1728
焼鳥と鶏料理のお店です。 和風にまとめられた店内はきれいで、料理もおいしいです。
お酒は純米吟醸「ひないどり」を初めに日本酒が約10種類、焼酎やカクテルもあります。 一人一本限定の焼鳥もグッド。 鶏ガラスープは抹茶茶碗に入っていて、ニンジンと大根、椎茸もおいしくいただけます。
値段は高めで、お腹一杯食べ、日本酒2合で5000円前後を見た方がよいです。

  横浜:チキンファーム・デリ (鶏総菜、弁当)
< 横浜店 >
所在地 :横浜そごう地下2階
アクセス:横浜駅より徒歩3分。
営業時間:10:00〜20:00
定休日 :なし
電話  :???
鶏の唐揚げや焼鳥のお店です。 厨房がついてるお店で、焼きたてを買うこともできます。 惣菜屋なので、店内で食べることはできません。
アメリカンチキンコンボ(弁当)は680円。
鶏唐揚げと骨付き鶏、チキンサラダ、コーン、チキンライスと鶏づくしです。

  香川、横浜:一鶴 (鶏料理)
< 丸亀本店 >
所在地 :香川県丸亀市浜町317
アクセス:JR丸亀駅裏
営業時間:平日 11:30〜14:00、16:00〜22:00
     土日祝 11:00〜22:00
定休日 :なし
電話  :0877-22-9111

< 横浜西口店 >
所在地 :横浜市西区南幸2-15-1 TINOビル6F
アクセス:横浜駅より徒歩5分。ビブレ横のビル。
営業時間:平日 11:30〜14:00、17:00〜24:00
     土曜 11:00〜24:00  日祝 11:00〜23:00
定休日 :なし
電話  :045-317-1708
骨付鳥一筋50年の一角がついに香川県外に進出。
老舗の味を頑固に守り、メインメニューは「おやどり(930円)」「ひなどり(780円)」の2種類のみ。 ご飯物はとりめしとむすび、どちらもスープ付き。 骨付鳥が来るまでの間は小鉢を頼みましょう。
初めての私はひなどりととりめしにしました。 ひなどりとは言え結構大きいので食べ応え十分。 とりめしもよかったけど、メインの味がやや濃いめだったのでむすびの方がよかったかも。
ビール2杯に小鉢1つとひなどり、むすびで2500円くらいです。

  博多:ダイナーズ・オノ (鶏料理)  店名をクリックすると、私が撮った写真を見ることができます。
所在地 :福岡県福岡市博多区
アクセス:地下鉄天神駅 徒歩5分
営業時間:11:30〜14:00
     17:30〜25:00
定休日 :なし
電話  :092-731-6870
鶏料理の専門店です。
カウンター8席、テーブルは約20席?。
メニューはひたすら鶏、とり、トリ!  鶏でない料理が「その他一品」となっているくらいです。
おすすめは、「お薦め鶏料理」にある大和しゃものお造りと名古屋コーチンの石焼き。 地鶏めしおにぎりは1個単位で頼めます。 締めは「ほんとに美味しいスープ」で。
お腹いっぱい食べ、ビールと日本酒で4000円くらいでしょう。

  門司:ふじ (鶏料理)  店名をクリックすると、私が撮った写真を見ることができます。
所在地 :福岡県北九州市
アクセス:JR門司駅 徒歩5分
営業時間:14:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日 :???
電話  :???
地鶏料理の専門店です。
カウンター6席、座敷は約24席。
手羽先、手羽元、もも焼きともに蜂蜜で味付けをして、ゴマとコショウがかかっています。 見た目ほど辛くはなく、甘辛のバランスがいいです。 持ち帰りもOK。
お酒はあまり飲めないけど気分を楽しみたい方に、ノンアルコール(0.4%)ビールもあります。 お腹いっぱい食べ、日本酒を2合飲んで2500円くらいでしょう。

  立川/京都:こけこっこ (焼鳥)
< 立川店 >
所在地 :東京都立川市柴川町3-2-1
アクセス:JR立川駅 徒歩0分
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日 :不定休(グランデュオ立川に準ずる)
電話  :042-540-2280
FAX   :042-540-2279
朝一番直送の岩手産南部地鶏を使った炭火串焼きのお店です。
カウンターは広めで照明はやや落としてあります。
昼は名物こけこっこ丼がおすすめ。 地鶏の焼鳥丼とこけこっこサラダ (キャベツの千切りにキュウリが少し。名前はにわとりが食べそうだから?) とわかめスープ、漬け物で780円。
食前酒または食後のコーヒーも100円で追加できます。
夜は、地鶏串焼き中心。
二人なら「おやどり」セットにお好みを加えて、一人でも「こけこっこ」セット(串キャベツ、モツ煮込み、串焼き5本)が楽しめます。 串焼きは一本か二本ずつ来るので、ゆっくりと食べるのが好きな私でも一本ずつ熱々を食べることができます。
日本酒は玉の光が中心で、青竹酒やおすすめ地酒もあります。 青竹酒は、青竹に入ったお酒が桶に入れられています。 藍染めの布もかけられていて、いい感じの和風ワイン(日本酒)クーラーです。 焼酎やワインなどほかのお酒もあります。
昼、夜とも、串焼きは一本単位で注文できます。
夜はお腹いっぱい食べ、日本酒を2合飲むと4000円ほどかかりますが、値段分楽しめます。

2008/2 追記
日本酒の品揃えが以前より少なく、6種類となりました。 また、ビールも日本酒も量が減っており、全体的に割高になっています。
ハツも、たまたま今回だけと思いたいが、レバーっぽくていまいちに感じました。 (レバーとしてなら普通ですが)
焼酎はそれなりの品揃えがあるので、そちらを楽しむ方にはまだよいかもしれませんが。
好きだっただけに、残念です。

  立川/横浜:地鶏や (焼鳥)
< 立川店 >
所在地 :東京都立川市曙町2-1-1 アクセス:JR立川駅 徒歩1分 営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:15) 定休日 :不定休(ルミネ立川に準ずる) 電話  :042-529-8765
上総赤鶏(かずさあかどり)を使った地鶏料理の専門店です。
カウンターは広めで明るく、いろいろな鶏を楽しんでくださいという雰囲気です。 私が行ったときは一人で、ご飯を食べるために入ったので「地鶏のカツとコロッケ定食」と飛良泉を頼みました。 飛良泉はカラフェで出てきたし、食後に暖かいお茶が飲めたのがうれしいです。
日本酒は、じょっぱりと真澄と私が飲んだ飛良泉の3種類です。
お腹いっぱい食べ、日本酒を2合飲んで3000円くらいでしょう。

  ケンタッキー フライド チキン (ファストフード)
所在地 :全国各地
ファストフードの定番です。 他のファストフードの店と比べると値段はやや高めですが、ビスケットもポテトもおいしいです。
ときどきにわとりグッズがもらえるセットがあるのも魅力的です。

  鶴見:鶏ぼうず (焼鳥)
所在地 :横浜市鶴見区鶴見中央
アクセス:JR鶴見駅、京浜急行 京急鶴見駅 徒歩2分
営業時間、定休日、電話:確認し忘れました
すす竹や古い木を使い、やや暗めの照明がシックでかっこいいです。 カウンターは調理場の前と店の奥の2ヶ所にあり「焼鳥屋」という感じではありません。
焼鳥はどれもいいですが、生つくねがおすすめ。 私は塩で食べてみましたが、生姜がほどよく効いています。 つくねに軟骨は入っていないです。 次回はスタミナバージョン(タレに卵がついてくる)にしてみたいです。
鶏せんべいは480円で、大判3枚。 やや厚めの地にゴマが入っていて香ばしいです。 レバ刺しもおいしかったです。 日本酒の種類は多くありませんが、高清水など定番物があるので楽しめると思います。 (私が行ったときは黒ビールしか飲まなかった)
お腹いっぱい食べ、日本酒を2合飲んで3000円〜3500円くらいかな?

  六本木:ル・コック (ローストチキン)
所在地 :東京都港区六本木7-12-15 野沢ハイツ1F
アクセス:日比谷線六本木駅 徒歩4分 営業時間:月〜土 11:00〜23:00      日・祝 11:00〜19:00 定休日 :無休(年末年始を除く) 電話/FAX:03-3405-4825
場所はちょっとわかりにくいです。 国産の新鮮な鶏肉を使い、塩コショウだけでシンプルに味付けをした鶏を、 専用のロースターで1時間半かけてじっくり焼き上げています。 しつこくないので、大食いでなくても1羽を2人で食べられます。 内側の肉は、唐辛子で辛みを増した特製トマトソースをつけるのもいいです。
ローストチキンは1羽2000円。1/2羽1000円もあります。
テイクアウトが中心ですが、お店で食べることもできます。 「港区内(一部)のデリバリー」は、ル・コックからマスターが自転車で行ける範囲です(^^) 宅配便での注文は全国どこからでもOKです。

  立川:炭火串焼 ちどり (焼鳥)
所在地 :東京都立川市曙町2-13-10 カヤトビル2F
アクセス:JR立川駅 徒歩2分
営業時間:月〜金 17:00〜23:30(L.O.)
     土 17:00〜12:30(L.O.)
定休日 :日曜(祝日は営業)、12/31〜1/3
電話  :042-527-3966
やや明るい雰囲気の店内に、U字カウンター。
焼鳥は肉質も焼き加減もよい。 一人なら一本単位でも頼める。 どれもおいしいが、レバーのレア焼とモモの付け根の肉である「そり」の旨味がよい。 日本酒は私が普段あまり見かけないものもあり、一杯が130mlか160mlと一合より少なめなため多くの種類を楽しめます。 鶏茶漬は、鶏スープを使った茶漬の上に鶏刺が6切れも乗っています。 蓋の裏にくっついたいたのは、ワサビのように見える柚子コショウ。 これまたぴりっとおいしい。 これで600円とは、素晴らしい。
お腹いっぱい食べ、日本酒を3杯(約2.5合)飲んでも3500円を切ります。

  新宿:宝の蔵 (焼鳥)
< 新宿店 >
所在地 :東京都新宿区西新宿1-4-1 プリンスビル3階 アクセス:JR線新宿駅 西口より徒歩2分 営業時間:17:00〜23:00(ラストオーダー 22:30) 定休日 :無休(年末年始を除く) 電話  :03-3343-5001
私が行った新宿店はきれいなところで、鶏にも炭にもこだわっています。
また、カウンター上段部は保温プレートになっていて、焼鳥が冷めないようになっています。
日本酒は宝の蔵オリジナルの他に5種類あり、季節によって新酒フェアなどをやっていることもあります。 鶏のお造りで一杯やると、おいしさで幸せになれます…が、ときどき売り切れるので、食べたいときは早めに頼みましょう。
お腹いっぱい食べ、2合飲んで4000円くらいです。

  新宿:一番どり (焼鳥)
< 新宿店 >
所在地 :東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルB1 アクセス:JR線新宿駅 西口より徒歩3分 営業時間:11:30〜14:30      17:00〜23:00(ラストオーダー 22:10(ドリンクは22:30)) 定休日 :無休 電話  :03-5322-5219
新宿センタービル店で、昼ごはんを食べました。
親子丼は、肉は柔らかく、卵はほどよく半熟。 味噌汁と漬け物がついて680円です。
夜も行ってみたいです。

  代々木公園:エスカルゴ (仏)
所在地 :東京都渋谷区代々木5-63-10
アクセス:地下鉄千代田線代々木公園駅 徒歩5分
     小田急代々木八幡駅 徒歩5分
営業時間:11:30-14:00(L.O.)、18:00-21:30(L.O.)
定休日 :月曜
電話  :03-3460-5770
フリーでも入れるようですが、席が一杯になることがあるので予約をした方がいいです。
ワインも豊富で、何も知らない人でも料理にあったものをわかりやすく教えてくれます。
前菜、主菜、デザートはそれぞれ好きなものを選択できます。コース値段に一人500円をプラスすれば、塩、胡椒、にんにく、タイムでシンプルに味つけをし、プレ・ノワール(羽毛、足が黒い鶏)のおいしさを活かしたロティを二人で楽しむことができます(3日前までに予約が必要)。
ランチ1700円・2300円、ディナー3900円。グラスワイン350円、ボトル2000円〜。

  池袋:六歌仙 (焼鳥)
所在地 :東京都豊島区西池袋1-12-1 池袋メトロピア2 1F
アクセス:JR池袋西口より徒歩2分
営業時間:11:30-14:30(L.O.)、16:30-23:00(22:30 L.O.)
     土日祝 11:30-15:30(L.O.)、16:30-23:00(22:30 L.O.)
定休日 :無休
電話  :03-5391-3984
ホテルメトロポリタンの横に、大きなにわとりの看板があるので目立ちます。
こちらの鶏は、岩手の地鶏を毎日空輸しています。 オリジナルのタレでじっくり焼き上げた焼鳥もよし。 つくねは卵の黄身につけて食べます。 日本酒は、地酒が10種類くらいあります。 あつかんも冷やも六歌仙がお勧めです。 鶏もいいのですが、締めには「手打ち仕上げそば」を忘れてはいけません。 こちらのそばは、毎朝お店の石臼で挽いて打ち上げたオリジナルです。 頼めば、そば湯もあります。
お腹いっぱい食べ、2合飲んで4000円くらいです。

  千鳥町:炭屋 五兵衛(焼鳥)
アクセス:東急池上線千鳥町駅より徒歩2分
蒲田から東急 池上線で3駅目、千鳥町においしい焼鳥屋があります。
駅から出て踏切を渡って100mくらいのところで、にわとりの看板が目印です。
ここの「鶏せんべい」は、手のひらくらいの大きさの薄いせんべいです。 ぱりっとしていて、名前通りの味がします。 そのまま食べてよし、レモンをかけてよし、タルタルソースとの相性もよし。 2枚で300円です。
焼鳥も充実していて、一本100〜120円のものも多く、一本単位で頼めます。 どれもよいのですが、ぼんち(テール)と生つくねが特にいい味でした。 ニンニクが入った甘い味噌をつけると、また違ったおいしさが楽しめます。
鶏刺は結構量があって500円。 薬味にワサビ、生姜、白ネギ、小ネギ、タマネギといろいろついてくるので違いを楽しめます。 私からのおすすめは白ネギとワサビを両方乗せたもの。
鶏雑炊もいいですよ〜。
ビールと焼鳥くらいなら、2500円で済みます。

  台北(台湾):鶏家荘 (鶏料理)  店名をクリックすると、私が撮った写真を見ることができます。
所在地 :台北市長春路55号
アクセス:MRT中山駅、または雙連駅 徒歩10分
営業時間:11:00〜22:00
定休日 :旧正月
電話  :02-2581-5954
その他 :日本語OK、カード(AMEX,Diners,JCB,Master,VISA)可
 鶏料理中心の店。
 入口を入った横には40cmほどもあるコミカルな鶏の人形(?)が5体。 店内の壁にも各所に鶏グッズが飾られています。 メニューの写真には、鶏料理にはそれぞれ違う鶏グッズが写っています。 ニワトリストはこれだけで大喜び。
 箸袋はもちろん、おしぼりの袋、お皿にもにわとりマークが入っています。
 自慢のメニュー三味鶏は、漢方薬を使って炊いた烏骨鶏と地鶏、ローストチキンの三種盛り合わせ。 お酢に生姜を入れたタレと、台湾式ケチャップ(ちょっと甘い)を好きなようにつけて食べますが、お酢のタレの方がおいしく感じられます。
 鶏家豆腐は麻婆豆腐の挽肉を鶏に変えたもの。 料理はボリュームの大小が選べます。4人以下であれば小にすべきです。
 今回は二人で上記二品(小サイズ)と、芋の葉の炒め物(小サイズ)、ビーフン、台湾ビール一本を頼みました。 芋の葉の炒め物はニンニクがたっぷりと使われていて味がありますが、油も多く、ちょっともたれるかもしれません。 ビーフンは野菜のほかに鶏肉も少し入っていて、バランスのよい味わいです。
 合計1063元(約3900円)で胃薬のお世話になるほどのボリュームでした。 飲んで食べても、一人あたり2000円を考えておけば大丈夫です。


ホーム☆ 食べる