蓮華顛末

〜最高!つのだ先生〜


 皆さん御存知の通り、つのだじろう先生サイド(著作権管理を委託されている会社)からの
 指摘があり、当サイトで行っていた蓮華伝説レビューは消去したわけですが、
 事の次第を報告させて頂きます。・・・表紙くらいはいいっすよね・・・

 では時系列順に。


 2000年、調布市民、『マンガ地獄変3』を購読し、大久保太郎氏による
 『蓮華伝説』の情報を得て衝撃を受ける。
 それより数年間、古本屋に行く度に探すが、発見不能。

 2005年11月、とうとう調布市民、まんだらけ渋谷店にて『蓮華伝説』を発見、購入。
 帰途、調布行きのバスの中で読破した結果、気分が悪くなる。

 同年12月2日より当HP上でレビュー開始。
 (ウチにしては)大反響。BBSが蓮華一色に染まる。今でもそう。

 朝目絵師各氏の間でも人気が高まる。
 愛藤遊彩氏にいたっては購入までする。
 さらに石英烏氏、愛藤氏に蓮華伝説を借りる。(郵送

 石英烏氏、「朝起きたらポストに蓮華伝説という漫画が入っていました」との事。



 そして、2006年2月28日、私の元に届いたメールがコレ。



 はじめまして、 私共、マンガ家のつのだじろうより「恐怖新聞」「ピュンピュン丸」他の
 著作権管理を委託されております、(株)※※※と申します。
 この度、つのだ氏より、貴サイト上の「蓮華伝説」のマンガ画像の使用が
 著作権侵害である可能性が高いとの報告・相談を受けました。
 つきましては、管理人様の見解を承りたく思いますが如何でしょうか。
 すみませんが、宜しくお願い致します。 (株)※※※  スタッフ




 非常に紳士的かつ優しい、的確な表現ですね。
 それだけにおっかねえんですが。

 指摘され次第瞬間的にやめる、というのは当初から決定していた事項なので
 消去すること自体はすぐ決めました。

 八王子君と協議し、きちんとした勤め人である八王子君がメールを書いて送信することにしました。
 最初は「悪霊の仕業です」と無実を訴えようかとも思いましたが、さすがにやめて、まじめな文章にしました。
 そこで彼が書いたのがコレ。



 株式会社※※※ スタッフ 様

 拝啓 早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 「僕たち地球人」の管理人をしております調布市民と八王子市民と申します。

 さて、この度の画像使用の件に関しまして、管理人一同 協議致しました結果
 御社のご指摘通り、著作権に抵触する可能性が否めないという見解に至りました。

 つきましては、早急にコンテンツの改変等の対処をさせていただきたく存じますので、
 ご査収の程宜しくお願い申し上げます。

 つのだじろう様を始め、御社スタッフ様に大変ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

                                                       敬具



 時候の挨拶から入る辺り、八王子君の誠実な性格が伺えますね。

 まぁこれ以降何のメールも超常現象も無く、お目こぼし頂いた、というところでしょう。

 僕としては「今では入手が難しい埋もれた傑作を世に広め、その価値を再び問う」
→再評価 →再販 →つのだ先生ウッハウハ
 という皮算用の下レビューを行っていたのですが、
 実は蓮華伝説って楽天とかで電子書籍になってるんですよね。今すぐにでも買える。

 勝手に「再販は絶対無理」と思い込んでいたので意外でしたっていうか完全な手落ちでした。


 今回のことで蓮華伝説の知名度上昇に少しは貢献したであろうという自負はあり、
 イヤミじゃなく我々が怒られて蓮華人口が増えるってんなら、全然OKだと思っています。

 ともかく蓮華伝説は凄まじい奇跡の大傑作です。
 一冊500円だ!綺麗で安くて決して汚れない電子書籍をみんな各自買え!


2006.3.23.
文責:調布市民


→書を捨てよ(略)TOPへ
→サイトTOPへ