田縣神社豊年祭



 田縣(たがた)神社の豊年祭に行ってきました。

 田縣神社は、愛知県小牧市にある、御歳神(みとしのかみ)と玉姫命(たまひめのみこと)を祀る神社です。一部の物好きのあいだでは非常に有名ですが、ご存知ない方も多いと思いますので、ちょっとご紹介を。

 「田縣神社参拝の栞」より。
天正十二年(一五八四年)世に名高い小牧長久手の合戦に豊臣秀吉が陣取ったといわれる久保山。その麓に続く俗称『縣(あがた)の森」に当社は鎮座します。御創建年代は古く、遠く弥生時代にさかのぼります。太古この地方一帯に住んでいた豪族が『母なる大地は、父なる天の恵みにより受胎する』との古代日本の民族思想により、五穀の豊穣、万物の育成、国土の発展を神に祈ったのにはじまります。(中略)古くから格式の高い神社であったことがわかります。
 たいへん由緒ある神社です。そして豊年祭とは。
『野も山も みなほほえむや 田縣祭』 
 例大祭は国の内外で有名な豊年祭として、毎年三月十五日に執り行われます。この祭は直径六〇センチ長さ二メートル余りの大男茎形(おおおわせがた・男性の性器)を毎年新しく檜で奉製し、世界平和と万物育成、豊年を祈願する神事です。当日は世界各国からの参拝者で境内は、埋まり、国境を越えてみな微笑む祭で、『天下の珍祭』と称され、私達の祖先が生活の中から生みだし、大切に守り続ける貴重な文化遺産ともいうべき祭であります。
 ようするに、ちんこをかついで町を練り歩くという、伝統行事じゃなかったら変態集団としかいいようがないお祭りです。

 そんな刑法175条に抵触しそうな豊年祭を見てきました。

 それでは写真をどうぞ。(18禁かなコレ?)



平成15年3月15日
一般道を通ります 来た! でかい! つやつやしてます 清酒を配ります
追いかけます ちんこ渋滞 天狗 卑猥なのぼり ヤヴァイです
ちんこを持つ女性 観客も触ります 笑顔がまぶしい みこし みんな大興奮
大きい… さあ、突入だ お見事 猥褻物 もの凄い数の人

2ちゃんねらー おかっぱの巫女さん 安置します 大男茎形
餅投げ  去年の写真もあるので、よろしかったらごらんください。



トップページに戻る

ReadMe!