アシベニカギバ(脚紅鉤羽)
Since 2011/06/06


 2011年6月6日朝、新聞を取ろうと玄関の硝子戸を開けたら、表側に褐色の蛾がとまっていました。せっかくの来訪者なので、記念撮影をしたのが下の写真です。

 インターネットで調べて、アシベニカギバと判定しました。羽の先が鉤(かぎ)のように曲がっている蛾をカギバガ(鉤羽蛾)といい、アシベニカギバ(脚紅鉤羽)は「脚が紅い鉤羽蛾」という意味だそうです。残念ながら、写真には紅い脚は写っていません。


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com