洞雲山(香川県)
Since 2013/04/28


 小豆島霊場八十八カ所のうち、第一番札所のある山です。切り立った岩稜が連なり、標高(361b)の割には高度感があります。

 2013年4月18日に一人で祠ピークまで登ってきました。坂手港から舗装された遍路道を車で一心寺まで行き、そこから水平道路の遍路道(狭くて車の通行不可だが舗装されている)を500bほど歩き登山口に至りました。登山口から頂上までは標高差50b程の急登で滑りやすい道ですが、植生(ウマベガシ)や凹凸のある岩石など、手がかりが多く、さほど危険は感じませんでした。

 頂上からは第二番札所のある碁石山(435b)へ縦走するルートもあるのですが、この日は時間の都合で、来た道を引き返しました。

◆ご意見等はこちらの掲示板へ →とんび岩の掲示板

  (写真はクリックすると大きくなります)

 坂手港の北側の道路(県道28号)から見た洞雲山です。画像が少しボンヤリしているのはモヤ(春霞?)のせいです。
 右上に白い電柱が3本ほど写っていますが、これらは一心寺から1番札所へ向かう遍路道に沿って立てられているものです。登山道は頂上直下の断崖を右(南)に迂回し、稜線の肩の部分を経て裏側へ進みます。

 頂上(祠ピーク)から西を見た眺望です。

 頂上から北西方向を見た眺望です。

 頂上から北を見た眺望です。
 眼下に第二番札所の碁石山霊場や金比羅神社が見えます。
 その向こうに「おいでおいで」と呼んでいるような大嶽。かすみの先には前日登った拇指嶽も確認できます。
 

「他府県」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com