ハギ(萩)
Since 2001/09/08



 山陽自動車道の北側沿いに、龍野西ICから西へ500mほど行った地点で、2001年9月7日に撮影したハギです。 日本に野生しているハギ属は、ヤマハギ、ニシキハギ、ツクシハギなど10数種あるそうですが、これがそのうちのどれにあたるのかは、私には分かりません。

 ハギ類は古くから日本人に愛好されてきました。万葉集に最も頻繁に登場する植物がハギで、百数十首の短歌にでているそうです(週刊朝日百科「世界の植物51」)。

 「萩」という文字は、日本人が作った、いわゆる「国字」です。、秋を代表する花ということで、くさかんむりと秋をくっつけています。中国(漢字)では、「萩」はヨモギやハハコグサをさすそうです(平凡社「世界大百科事典」)。春の木の「椿」も「国字」です。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com