ハハコグサ(母子草)
Since 2010/11/07


 人家の近くや畑に多い雑草。農耕文化とともに朝鮮半島または中国から伝来した帰化植物だろうといわれている(週刊朝日百科「世界の植物」より)。

 花期は4〜6月だが、秋に咲くこともある。下の写真は自宅(相生市)で2010年11月4日に撮影したものなので、11月に分類した。、茎は基部で分岐しており、葉は上面も下面も白い綿毛があり茎を抱いていないので、アキノハハコグサではなさそう。

 右端写真の花に付いている小さな昆虫はカスミカメムシ類の仲間だろうか(?)。

 (写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com