ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)
Since 2012/07/04
Last updated on 2012/10/16


 名前のとおり、羽根の先端部(褄)が黒い、豹柄模様の蝶です。

 幼虫は黒い体に赤い線が入り、長いトゲで覆われています。食草はスミレ科の植物です。

 サナギには金色に輝く10個の突起があります。初めて見たときは蛍のように発光しているのかと思いましたが、そうではなく、鏡のように外光を反射する仕組みを備えているようです。

 成虫の羽根の模様は雌雄でかなり差があります。下の写真はどちらも雌で、裏面の付け根側が濃いピンク色をしています。

 いずれも我が家の畑(兵庫県相生市)で農作業中に見つけた個体です。

【更新記録 2012/10/16】 サナギの画像1枚を2012年10月13日撮影のものと差し替えました。

 (写真はクリックすると大きくなります。)


幼虫


サナギ


サナギ


成虫(雌)表

成虫(雌)裏

「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com