コガタコガネグモ(小型黄金蜘蛛)
Since 2012/10/22


 朝日を浴びたキッチンの硝子窓に「×」印の影が映っていました。「何事か」と外へ出てみたら、小さなクモが巣を架けていました。「×」印に見えたのは巣の中央部にある「隠れ帯」と呼ばれる模様でした(写真1枚目)。コガタコガネグモのようです。

 クモの足は8本なのに、何故か4本に見えます。拡大した写真(2枚目)で確認すると、2本ずつくっつけていてやはり8本あります。4組8本の足を「×」印の模様の中央で広げて、隠れているつもりなのでしょう。たしかに、夜になってキッチンに明かりが点れば、屋外からは逆光になり、「×」印の影としか見えないように思われます。

 近づいてもまったく動かないので、指で触れてみたら、自分の糸で懸垂して地上(コンクリート)に降り、足を縮めて死んだふり(?)をしました(写真3枚目)。







「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com