クダマキモドキ(管巻擬)
Since 2012/10/12


 今朝、玄関を開けて表に出ると、縁側のアルミサッシに、緑色の昆虫がとまっていました。クツワムシに似ています。手で触れても、足やヒゲは動かしますが、飛び立つ様子はありません。どうやら寿命が終わろうとしているようです。

 図鑑を持ち出して現物と見比べ、クダマキモドキと判定しました。クツワムシはそのむかし、うるさい鳴き声が酔っ払いの「くだを巻く」声に似ているということで、「クダマキ」と呼ばれていたそうです。そしてこの虫は、クツワムシ(=クダマキ)に似ているという意味で、「クダマキモドキ」と名付けられたようです。

 目つきの悪さが妙に印象に残ります。


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com