オビガ(帯蛾)
Since 2011/10/05


 2011年8月、自宅のハコネウツギに毛足の長い毛虫が集団発生しているのを見つけました(写真1)。触ろうとすると留まっている枝や葉を揺すって威嚇してきます。インターネットで検索してオビガの幼虫と判定しました。

 幼虫5匹を空の水槽に入れて育ててみました。数日で次々に繭を作りました(写真2)。繭を開けてみたら写真3のようなサナギが居ました。しばらくすれば成虫(蛾)になるだろうと、水槽にメッシュ状のふたをして時々覗いていたのですが、10月になっても羽化したような気配はありません。

 あきらめて水槽を片付けるべく繭や枯葉を取り出したら、枯葉の下に1匹だけ成虫が隠れていました。羽根は傷んでいますがまだ生きていました。尻尾には卵のような粒も付いていました(写真4)。その他のサナギは繭の中で死んでいました。

 (写真はクリックすると大きくなります。)


1.幼虫



2.繭



3.サナギ



4.成虫

「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com