オクラ
Since 2001/08/21
Last updated on 2008/08/22



 日本では夏野菜として知られていますが、フヨウやハイビスカスと同じアオイ科の植物で、花もなかなか美しいものです。原産地はアフリカ北東部で、18世紀にアメリカに入り、そこから明治の始めに日本に伝えられました。コーヒーの育たないイギリスやフランスでは、完熟した果実がコーヒーの代用品として珍重された時代もあるそうです。

 熱帯原産のため、夜間の最低気温が15度℃以下になる環境では順調に育ちません。我が家では、ビニールトンネル内で苗を育て、5月末〜6月上旬に畑(露地)に植え付けています。花は翌日にはしぼんで果実になります。

【関連ページ】 オクラに付く害虫を紹介したページです。 →フタトガリコヤガの幼虫

(写真はクリックすると大きくなります。)


2008/08/22


2003/08/18


2001/08/19


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com