キイロスズメバチの巣
Since 2011/12/08


 氷ノ山北麓の小代渓谷で撮影した蜂の巣です。渓流を挟んで遊歩道の対岸にあり、距離は20〜30メートル。遠くてハチ自体の種類は確認できませんでしたが、表面の紋様や全体の形から「キイロスズメバチ」の巣と判定しました。

 なお小代渓谷へ通じる林道は台風被害の崖崩れで通行止めでした。私は熱田地区へ通じる国道482号との分岐点に車を置いて、そこから同渓谷まで3〜4キロを歩きました。


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com