鳥取城跡(鳥取県)
Since 2011/09/18


 2011年9月13日、鳥取城跡を訪ねました。豊臣秀吉の兵糧攻めによって「飢餓地獄」と化したことで有名なお城です。建物は明治維新後にすべて解体されて残っていません。石垣は1943(昭和18)年の鳥取大地震で損傷を受けましたが、修復が続けられています。

 城跡の扇御殿跡に「仁風閣」という西洋館があります。これは1907年、旧鳥取藩主の池田仲博侯爵が当時の皇太子(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として建てた別邸です。

 城跡の真ん前に「鳥取県立博物館」があります。ここには「若桜ヒスイ」の大きな原石(50kgぐらい?)が展示されていました。

 泊まりは鳥取温泉。湯田温泉(山口市)とともに、県庁所在地に湧く温泉として有名です。JR鳥取駅から数百メートルの近場に江戸時代から続く老舗の温泉旅館があります。今も「源泉掛け流し」です。

 下の写真は、1枚目が二の丸南東隅の菱櫓跡から見上げた天球丸跡、2枚目は仁風閣です。



『他府県』に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com