ワルナスビ(悪茄子)
Since 2001/09/03



 先日相生市から、県道121号を通って龍野市へ行ったとき、「相生カントリー倶楽部」正門の相生寄り数10メートルの西側道ばたに、ジャガイモに似た変わった(?)花がたくさん咲いているのを見つけました。今日9月3日、デジカメ持参で正体を確認してきました。

 どうやら北アメリカ原産のワルナスビのようです。昭和の始めに関東地方で見つかり、現在ではやや暖かい地方に帰化している植物です。ナス科なので、花はジャガイモやナスに似ていますが、葉の形は異なります。繁殖力が強く、また茎や葉の裏に鋭いトゲがたくさんあるので畑の害草として嫌われるところから、この名が付けられました。確かに、周囲の植物を駆逐しながら、勢力範囲を急速に広げているように見えます。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com