ヤマトシジミ(大和小灰蝶)
Since 2011/09/20


 自宅中庭に毎年たくさんやってくる小型の蝶です。地表近くを忙しく飛び回っていて、なかなかシャッターを切らせてくれません。下の写真はキツネノマゴ(雑草)とタマスダレにとまったところです。羽根を開いた姿は撮れませんでした。

 春から秋まで、ごく普通に見られます。幼虫はカタバミを食べます。

 「シジミチョウ」の名は、羽根を閉じたときの姿がシジミ貝に似ているところから来ているようです。




「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com