猛獣がりにいこうよ!

人数は大人数で遊びます。

まずはリーダーを一人決めます。(これは指導者でよい)
参加者はリーダーを中心に輪を作ります。


リーダーはみんなをリードするように次のような歌を歌います。 (歌というよりは、テンポに乗って言葉を発するという感じ)参 加者は、リーダーの言葉を、繰り返し、リーダーを中心にぐるぐ るまわります。



猛獣がりにいこうよ!(猛獣がりにいこうよ!)
 猛獣がりにいこうよ!(猛獣がりにいこうよ!)・・手拍子

 猛獣なんて怖くない!(猛獣なんて怖くない!)
 猛獣なんて怖くない!(猛獣なんて怖くない!)・・手拍子


 
やりだって持ってるもん!(やりだって持ってるもん!)
     ・・・やりを天に突き刺す動作


 
鉄砲だって持ってるもん!(鉄砲だって持ってるもん!)
     ・・・鉄砲を撃つ真似をする


 
あっ!(あっ!)・・・何かを指差す(何でもよい)

〜〜〜ここで、リーダーは動物の名前を言います。〜〜〜

遊び方・1の場合
 
 
リーダーは動物の名前なら何でもいいのでいってください。 例えば「にわとり」と言ったとしましょう。すると、参加者は「にわ とり」はひらがなで4文字なので4人で集まって座ってください (輪は崩してかまいません)。それで4人で集まれなかった人た ちが負けです。

遊び方・2の場合

 
ほとんど遊び方・1と同じですが動物ひとつひとつに数字が割り振られています。

 
2・・・にわとり
 3・・・さる
 4・・・しまうま
 5・・・ごりら
 6・・・ろば
 7・・・七面鳥
 8・・・やぎ
 9・・・くま


つまり、「ごりら」とリーダーが言ったら5人であつまらなければ なりません。(遊び方・1の場合は3人ですね)

どちらの遊び方も集まれなかった参加者には、罰ゲームとして その動物のまねをしてもらいましょう。

楽しく、元気に遊べます。のりのりで楽しんでください!

ファイル一覧へ

あそびのひろばトップへ