ナンバーコール

人数は5〜10人くらいが適当でしょう。

参加者は輪になります。そして参加者一人一人に1から番号をつけ ていきます。そしてゲーム開始!

まずみんなで手拍子をしながら「ナンバーコール!」といい、そのあ とにぱんぱんと2回手を叩きます。

そのあと1番の人が「1、8!」とか「1、6!」のように数字を二つ続けて 言います。この数字の意味は次のようになります。

   初めの「1」・・・自分に割り振られた番号
   後につける「6」とか「8」・・・そこに参加している自分
               以外の人の番号


そして、また、全員で2回拍手。その次は、先ほど番号を言われた 人が数字を言います。(つまり「1,8」の場合は「8」の人、「1,6」の場 合は「6」の人)それも初めと同じようにまず自分の番号を言ってか らほかの人の番号を言います。

こうしてぐるぐる回していき、詰まった人が負けです。

つまり、簡単に示すとつぎのような流れになるわけです。

「ナンバーコール!」(ぱんぱん)「1、8」(ぱんぱん)「8、6」(ぱんぱん )「6、2」(ぱんぱん)「2、4」(ぱんぱん)「4、8」(ぱんぱん)「8、1」( ぱんぱん)「1、・・・・」←いえなかったので負け。


これだけだと結構簡単なので、バージョンアップのルールを付け加 えておきます。


その1、隣の番号禁止ルール

 「1、2」や「3、4」または「6、5」や「1、9」(9人でやっている場合・ モチロン「9、1」も同じ))など自分の隣の人の番号を言ったら負け というルールです。隣の番号を言うのは非常に簡単なので、このル ールはつけておいたほうがいいでしょう。

その2、折り返し禁止ルール

 「1、6」のあとに「6、1」ということや「2、8」のあとに「8、2」のよう に振り返すのを禁止したルールです。振り返し合戦になりがちなの でこのルールもつけておいたほうがいいでしょう。

その3、番号が変わるルール

 負けた人が番号1か一番大きな数字の番号にかわるルールです 。抜けたところはつめます。人もそのように移動します。番号がゲー ムごとに変わるので、結構難しいです。でも、白熱します。

最後に数字を言うときのアクションがあるので載せておきます。


自分の番号を言うとき


その次の番号を言うとき
(ほかの人の番号)

ファイル一覧へ
「あそびのひろば」トップへ