地引き網

まず、2本の平行線をひきます。距離はある程度広いほうが面白いでしょう

そして、鬼を一人決めます。
鬼は漁師になります。(以下「漁師」と呼びます)
その他の人は魚になります。(以下「魚」と呼びます)

の人たちは一方の平行線の外に出ます。そのとき、すべてのの人は同じ平行線のほうにいてください。
漁師は平行線の間に入ります。

漁師「網をうったぞお!」と大きな声で言います。
それを聞いたらの人たちはもう一方の平行線を目指して走ります。
そのときに漁師を捕まえに行きます。(タッチしに行きます・何人でも)
ただし、平行線の間だけでしか捕まえることが出来ません。
捕まった漁師になり、平行線の間に残ります。

平行線の間の漁師たちは手をつなぎます。そして、みんなで、「網をうったぞお!」と叫び、たちを捕まえにいきます。そのとき手はつないだままで捕まえます。(いわゆる網状態です。)そしてたちはそれを避けるようにまた、もう一つの平行線を目指す・・・

これを繰り返して、最後まで(時間まで)でいられた人が優勝となります。

網が長くなりそうなときは、短い網を何個か作りましょう。
あまり長くゲームをやりつづけると、魚が逃げられなくなるので、1ゲームは3〜4回網をうったら終わりにすることをお勧めします。

ファイル一覧へ
「あそびのひろば」トップへ