たか鬼

このあそびは、3人以上からできるんじゃないでしょうか?
自分の子どものころは、3人ぐらいでよくしてました。
あんまり、人数が多すぎないほうがいいと思います。

鬼を一人決めます。
鬼以外の人は鬼にタッチされないように逃げます。

鬼は地面より高いところにいる人をタッチすることは出来ません。
なので、鬼以外の人は、高いところにのりながら逃げていきます。

このゲーム、簡単なルールはこれだけなのですが、これだとちっとも終わりません。高いところから降りなければ鬼にならなくていいわけですから。なので、特別ルールがあります。

その1・10秒ルール

鬼に目の前で「1・2・3・・・」と数えられたら、10数えられる前に今いる高い場所から一旦降りなければいけないというルール。降りられなかった場合、鬼はタッチすることが出来ます。

その2・空中ルール

高いところから体がはみ出していてはいけないというルール。
つまり、体の一部の真下が高いところでなく地面ならば、そこは「高いところにはのぼっていない」という判断になります。なので、タッチされてしまいます。
このルールを使うか使わないかは、あらかじめ決めておいてください。
「空中あり?なし?」と、小さいころよく言っていたものです。

ファイル一覧へ
「あそびのひろば」トップへ