ごんべさんのあかちゃん

ごんべさんの
あかちゃんが
かぜひいた

ごんべさんの
あかちゃんが
かぜひいた

ごんべさんの
あかちゃんが
かぜひいた

とてーもあわてて
しっぷした



有名な歌ですね。振りの一例をあげておきます。

「ごんべさんの」
はちまきをするまねをします。

「あかちゃんが」
赤ちゃんを優しく抱くまねをします。

「かぜひいた」
手をグーにして口に当て、咳をするまねをします。

これを2回繰り返して・・・・

「とてーもあわてて」
走るまねをします。すごく忙しそうに手足を速く動かしてください。

「しっぷした」
腕に湿布を貼るまねをします。

上記のものは一例なので、オリジナルの動きでかまいません。


で、ここまでやりましたら、つぎに発展形に進んでいきます。

1、「ごんべさんの」を歌わない
「ごんべさんの」の部分は歌わずに、手振りだけで表します。その他の部分は歌と手振りをします。

2、「ごんべさんの」「あかちゃんが」を歌わない
「ごんべさんのあかちゃんが」の部分は歌わずに、手振りだけで表します。その他の部分は歌と手振りをします。

3、「ごんべさんの」「あかちゃんが」「かぜひいた」を歌わない
「ごんべさんのあかちゃんがかぜひいた」を歌わず手振りだけであらわします。「とてーも・・・」以下は歌と手振りで。

4、「ごんべさんの」「あかちゃんが」「かぜひいた」「とてーもあわてて」を歌わない
「しっぷした」以外は手振りだけで表します。「しっぷした」だけ、歌つきで。

5、全部歌わない
全部手振りだけで行います。


このあそび、最後はシーーーンとなります。何かをはじめる前に、子ども達を静かにさせたいときにいいですよ。

また、手振りだけのところは、特に動きを大きく、そして面白くするといいと思います。あと、みんなで息を合わせるのに、声は出さないところでも口は歌っているように動かして、拍子を取るようにしたほうが分かりやすいでしょう。


余談
ちなみ、自分が小さい頃、こんな替え歌を教えてもらいました。

おはぎが
およめに
ゆくときは

あんこと
きなこで
お化粧して

まーるい
おぼんに
のせられて

ついーたところは

応接間

こういう替え歌でやってみても面白いかもしれません。(あんこときなこを表現するのはむつかしい??)

ファイル一覧へ
「あそびのひろば」トップへ