はやとくんとちかこさんの結婚披露宴

人形劇の披露宴でのすすめ

さいきん、年齢も年齢なので結婚披露宴に出ることが多くなってきました。そこで、よく見かけるのが余興。いろんな余興がありますよね。カラオケ、ギター、応援・・・などなど・・・そんな中、ある友達の結婚式でみたのが「人形劇」二人に出会いを劇にしたものでした。・・・これは使える!自分も人形劇をしていることだし・・・ということで、今回はやと君とちかこさんの結婚式で人形劇をす ることになりました。

脚本ははやとくんから聞いたストーリーを事実2割、脚色8割でブレンドして、書き上げました。あくまではやとくんがわのストーリーなのでちかこさんから見れば違うかも・・・という疑問は、めでたい席ということで、見逃していただきましょ う。

人形は2体だけ作りました。(主役の二人分)あとは既製の人形で対応(ユーホーキャッチャーの人形で十分です。人間でなくても気にしない気にしない・・・ )

音楽はラブソング中心にしました。できれば、インパクトのある部分が初めのほうにきている曲がいいと思います。(広瀬香美の「愛があれば大丈夫」など)

練習は・・・短かったねえ・・・ある程度の練習は必要ですね。例えば、言葉を合わせるところ、音楽を出すタイミングなんかは綿密に・・・セリフは一言一句覚える必要はなさそうです。特に友達の式の場合は、アドリブが面白かったりもす るので・・・

あとは、式場との打ち合わせは大切です。舞台の高さ、マイクは使えるか、コードレスはあるか、などです。当日言っても大丈夫なときもありますが、前もって頼んでおくと安心ですね。

そして、本番は・・・
お酒など飲んでることが多いのですが、気にしないほうがいいみたいです。緊張を忘れてちょうどいいかもしれません。

思ったよりも、みんな真剣にみて、笑ってくれます(お酒のせいもあるかも・・)本人たちも非常に喜んでくれました。

披露宴に人形劇・・・合わないようだけど、意外にいけてそうです。

さいごに、作った人形を二人にプレゼント!いいプレゼントになりました。

写真館トップへ