スカイダイビングをしました!
〜ハワイ旅行の特別レポート〜
ハワイ研修2日目。スカイダイビングに挑戦!
今日は友達と離れ1人でスカイダイビングをしてきました。

当日の天気は晴れ。風も穏やかです。
朝、ホテルのロビーで送迎バスに乗っけてもらい現地に到着です。
今回の参加メンバーは、ホノルルマラソンのためにやってきた男性2人組みの学生、ショッピング好き の女の子三人組、仲良し女の子三人組、アツアツカップル1組、そして自分の計11人。

現地に到着。まずは英語でお出迎え。「ハロー!」ちなみにココのスタッフは日本語がほとんどしゃべ れません。片言では話してくれます。ハワイでは珍しいそうです。でも、これこそが海外!当然の姿で す。

まず、誓約書を書きます。サインをする箇所かなりありました。英語なのでいまいち内容はよく分かりま せんでしたが、サンプルを見て書き込みました。その間、前のビデオが日本語吹き替えで説明してくれ ます。ほとんど耳に残りませんが・・・

しばらくすると順番にお呼びがかかります。そこでオプションの説明。。自分は写真のオプションを頼み ました。その後表に出されます。この表に出される順番は飛ぶ順番ではありません。自分は三番目に 出されたけど、飛んだのは最後でした。

待ち時間はめっちゃ長いです。特にぼくは一番最後だったので。ひまなので他の人と話をしたり、ばな なを食べたりしていました。それはそれでのんびりしてて、穏やかでよかったなあ。そこにいた坊主の おじさんがこちらの緊張をとかそうと一所懸命だったのがうれしかった。

飛ぶ順番がきたら服(とめ具)を着せられ軽い講習を受けます。ココで出てきた日本語は四言。「エビゾ リ」「万歳」「足上げ」と後一つは内緒!時間にしたら3分ぐらいの短い講習です。

そして二組ずつセスナで上空に飛び立ちます。

セスナの中はすごく狭い。あんまり新しくないので、落ちるんじゃないか?と思ったくらいです。
上っていくにしたがってだんだん寒くなって、ちょっとドキドキし始めます。ただ、機内は陽気な雰囲気満載 うでしたけどね。

そして、9000フィートに達したらドアオープン!右足をステップに乗せ、合図とともに飛びます。

あんまり高すぎて、落下している!というかんじは全くありません。息はしにくいです。そして、すごい風・・・

そしてパラシュート開花!あっという間です。時間にしてやく35秒。でも、すごい。あの感覚は絶対に味 わえないと思います。他の何事でも・・・あの青空、綺麗な海、広大な山々・・・そしてあの風の力・・・

その後はパラシュートで降りてきます。これがまた面白い。インストラクターのザックがくるくる回すんで す。パラシュートはアップダウンの繰り返し。あんまりにも激しすぎてちょっと気持ち悪くなったけど・・・
このときはゆっくりなので周りの景色がよく見えます。

そして着地。

その後ザックとハイタッチをしてチップを渡し、認定証をもらいました。

しかし、すごいよ。ほんと。飛んでるときに何度も「ベリーナイス!」「アイムハッピー!」と言ってしまい ました。

あの上空の、あの風のすごいところに飛び出すあの瞬間・・・

怖くはない。でも、何かに一歩踏み出すあの瞬間・・・

人生観がまた少し変わりました。自分も一歩、また考えが前向きになれそうです。


おしまい。

写真館トップへ