地球儀時計を見る

某県某場所にて、なんだか怪しい丸い物体を発見。
いったいなんだろう?と思いながら、道があるので目指してみた。

近づいてみると・・・・ん・・・地球儀のようだ。人もいる。のぼれる?のぼれるのか?

さらに、近づいてみた。

おお!でっかい!

でっかいのはいいのだが、南半球しか見えない!!
しかも、横には「国境のない世界」の文字が・・・

実は、これ、時計なんです。

かなりでかい時計。1日に3回メロディが流れるらしいけど、自分がいた間は一度も聞けなかった。残念。

この時計は、ギネスブックにも載っているらしいです。

この地球儀、1日で1周するようにゆっくりゆっくり動いています。間近で見ていてもさっぱり分からないくらい、ゆっくり、ゆっくりとね・・・・

時計を守るために、避雷針もありました。

下の言葉が面白い。完全に誰かに気づいてもらうことを前提に書いてますね。避雷針って、こんなに目立つもんなの?

この時計は、兵庫県の加西市(だったと思う)の丸山公園内にあります。この他に、長いすべり台もあります。お尻がすりむけるくらい長いすべり台ですよ。(本当は座布団か何かを敷いて滑るらしいんだけど、そのまま滑ってしまい、かさぶたが出来てしまった・・・。

写真館トップへ