枕 草 子

ライン
 
 
 
原典:岩波文庫 池田亀鑑校訂 『枕草子』 
 
 
 
はじめに

第1段 春はあけぼの
第2段 頃は
第3段 正月一日は
第4段 三月三日は
第5段 四月、祭の頃
第6段 おなじことなれども
第7段 思はむ子を
第8段 大進生昌が家に
第9段 うへにさぶらう御猫は
第10段 正月一日、三月三日は

第11段 よろこび奏すること
第12段 今内裏のひむがしをば
第13段 山は
第14段 市は
第15段 峰は
第16段 原は
第17段 淵は
第18段 海は
第19段 みささぎは
第20段 わたりは

第21段 たちは
第22段 家は
第23段 清涼殿の丑寅のすみの
第24段 おひさきなく
第25段 すさまじきもの
第26段 たゆまるるもの
第27段 人にあなづらなるもの
第28段 にくきもの
第29段 こころときめきするもの
第30段 すぎにしかた恋しきもの

第31段 こころゆくもの
第32段 檳榔毛は
第33段 説教の講師は
第34段 菩提といふ寺に
第35段 小白河といふ所は
第36段 7月ばかりいみじうあつければ
第37段 木の花は
第38段 池は
第39段 節は
第40段 花の木ならぬは
第41段 鳥は
第42段 あてなるもの
第43段 蟲は
第44段 七月ばかりに
第45段 にげなきもの
第46段 細殿に人あまたゐて
第47段 主殿司こそ
第48段 をのこは
第49段 職の御曹司の
第50段 馬は

第51段 牛は
第52段 猫は
第53段 雑色・随身は
第54段 小舎人童は
第55段 牛飼は
第56段 殿上の名代面は *
第57段 若くよろしき男の *
第58段 若き人、ちごどもなどは *
第59段 ちごは *
第60段 よき家の中門あけて *

第61段 滝は *
第62段 川は *
第63段 あかつきに帰らむ人は *
第64段 橋は *
第65段 里は *
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
++表紙詞書大鏡資料桜座++
 
 
権利と作成 あおい さくら