壱岐百合畑画廊水の神社

水の神社



私の原風景 「水の神社」 百合畑触の氏神様は水の神社です。 鯨伏の布気触、百合畑触、上場触の神様です。 お祭りが近くなると供物というのですか、お米をもって行きます。 子供がもって行くのが普通でした。 近所の子供達とワイワイと歩いて行ったものです。 水の神社にはりっぱな鳥居があります。 今でもそうなのかはわかりませんが、当時鳥居の梁には小石が いっぱい乗っておりました。 神社に行くたびに子供達が石を投げ上げるのです。 子牛が生まれますようにと願って投げ上げていました。 上の段に石が乗ると「こって牛(おす牛)」、うまく下の段に乗ると 「うの牛(めす牛)」が生まれると言っていました。 その時も当然のように石投げです。 「あ、のったのった。下ん段に乗った。うのん生まるる。」と私。 「そらでけんと。乗ったばってん他ん石の落てたけんつまらんと。」 姉がすかさず言い返します。 自分の石が乗っても、乗っていた他の石が落ちると無効と言うのです。 そんなこんなでひとしきり遊んでいたものです。 水の神社は夏の奉納相撲、秋にはお祭りがあります。 壱岐を出てからこの相撲やお祭りに行ったことがありません。 懐かしいところのひとつです。 上のwebの「戻る」より表紙に戻って下さい。