SR31

 


20110911日より、アメーバーブログ始めました。

まったりダイアリー うつ病歌人・桜井凛香の日々の戯言

 http://ameblo.jp/maki4875/


【お知らせ】

第七回フーコー短歌賞優秀賞を受賞した、
連作百三十一首「鬱宇宙浮遊」を中心に、
数十首を追加した第一歌集
人生につかれたことあります

本サイトでは、第一章の前半を公開します。
続きもぜひ、本を手にとって、読んでみてくださいね。 


Level 1  累積疲労

 

居酒屋の二階が事務所残業の夜は最悪の立地条件

 

焼鳥の煙と思って居眠りをしていたら火災報知器鳴り出す

 

ヒモ男に貢ぐ上司は三十三にもなって似合わぬ金髪

 

ジャニーズの追っかけだけが生きがいと笑う生きがいないよりいいよ

 

倦怠も少し吸い取りペラペラに透けたブルーのあぶらとり紙

 

真夜中にタクシーひろい職業を問われたら偽ナースになりきる

 

寂しさを抱えてコンビニ立ち寄ればもっと孤独な老女がふらり

 

顔色の悪い男がレジに立つ「もれなく不幸をおつけいたします」

 

流してる待機電流いつもいつもなんだかすでに疲れちゃったな

 

街中の自動販売機のプラグ抜く便利という名の狂気は停止

 

飼い主を失いさまよう白猫に目あわさぬよう生ゴミ差し出す

 

薄暗い部屋にひっそり拡がった冬の匂いを独りきり嗅ぐ

 

なによりもマッサージ椅子が欲しいなどという生き方はたぶん間違い

 

生きるのが面倒くさいとつぶやいてゴクリ一錠マルチビタミン

 

ひたひたにうるおしましょうお肌くらいやってられない毎日だから

 

消しゴムで消したい今日もとりあえずそのままにしてカップラーメン

 

三十秒チンしてまるごとかなしみも飲み込んでいくブラックホール

 

体重がまた増えているどうでもいい自分をどこかで楽しんでいる

 

眠る食うただそのときがいま生きるわたしを実感できる瞬間

 

どんよりとよどみ濁った脳みそで作ったみそしるお味はいかが

 

 


うつ病の苦しさをリアルに描いた第一歌集。
第七回フーコー短歌賞優秀賞受賞作!

人生につかれたことあります。 桜井凛香(著)

新風舎 ISBN: 4797452668 

精神科の 待合室の あなたの となりに

[
目次]
レベル1:累積疲労
レベル2:希死念慮
レベル3:閉鎖病棟
レベル4:社会復帰
レベル5:抑鬱再燃
レベル6:覚醒前夜


この歌集が、うつ病に苦しんでいて、周囲の人に理解してほしいけど、
うまく伝えることのできない人の気持ちを代弁したり、
恋人や友人や家族や部下のうつ病を理解できなくて悩んでいる人が、
患者のこころのなかは、どんなふうになっているのかを、
理解する糸口になれたらいいとひそかに願っている。(本文あとがきより)

【ご注文方法】

現在、出版社が倒産したため、絶版となっております。

アマゾンなどで中古で販売されています。


最新→2005/11/03
始動→2003/10/25

back number >>>  LINKS >>>


「SR31」は、うつ病歌人の桜井凛香が作成している現代短歌実験室です。
当サイトの文章を無断で引用・転載することを禁じます。

ご意見・ご感想・管理人へのメッセージは、
SR31@BBSへ投稿してください。

管理人とメールで直接連絡を取りたい方は、SR31@BBSの左下にある
「管理人へメール」ボタンをクリックして、メール送信フォームより送信してください。
宛先が携帯なので、文字数は3000字以内でお願いします。


11