2000/7/30、岡山・久米のガンダムを見てまいりました。(2000/6/2山陽新聞の記事抜粋)
メンバーは皆様ご存知「岡山県南組」の4人です。(かおぴさん、くされさん、ようまん、はむ)
天候にも恵まれ・・・って、我が家のカーエアコンが壊れてて めちゃくちゃ暑かったです。(汗)

「この道でほんまにいいんか・・・」という不安に襲われつつ、一路久米へ。
まず久米町役場で情報をゲット。
日曜だというのに当番の女のコが。
そしてすでに「ガンダム説明マニュアル」があるのには、ちと驚き。

車を走らせらながら
「そろそろ見えるはず・・・」
運転手のようまん以外はきょろきょろ。
「あった、あった、あった!!」
「おおおー!!」
山手にちら、と見えたガンダムの頭部に一同興奮。

製作者の中元さん宅の庭では すでに見学者がガンダムを囲んでいました。
あたりは山、田んぼ、だんだん畑。
ウワサに聞いたとおり、本当に民家の庭先に7メートルガンダムがそびえていました。
私は「すっげぇ〜」「きれいだぁ」「かっこええ〜」の連発で、とにかく「うっとり」。

見れば見るほどすごい。
細部まで丁寧です。手抜きってうのはないんか。すご・・・。



中元さんは 丁寧に説明をしてくださり「乗りますか!?」と気軽に。
「いいんですか!?」
と、聞き返すと
「はい。乗り物ですから」
きっぱりとおっしゃいました。
きっと、中元さんのアタマの中では ガンダムは動いているのだな・・・うんうん。


そして ようまん、かおぴさんと 次々「搭乗」。

彼らの誇らしげな顔。
ああ・・・なぜ私は高所恐怖症なのかと この時は悔しかった・・・(泣)

それでも・・・と、途中まで根性ふりしぼってみましたが・・・「虫」状態でした(泣)


「お客さんが来るから 日曜とか外出できないでしょう!?」と言う質問に中元さんは笑って
「いや、曜日関係なく 毎日たくさん来られますんで」



お話によると、ガンダムマニアだから作ったのではなく、「2足歩行の乗り物を作りたかった」そうなんです。
8月いっぱいで「道の駅」に無償で寄贈されると言われてたので、もうあの場所にはないんでしょうね。
その後はもう乗れなくなるんで中元さんにとっての「乗り物」としてのガンダムは終わるのでしょう・・・。



舐めるように(笑)ガンダムを見学した一行が中元さん宅を後にする頃、また次のお客様がいらっしゃってました。


ありがとうございました、中元さん。


ps. 帰りの車、やっぱ、暑かったです。


写真のページへ HPメインへ戻る