TOP得点計算講座>得点計算のコツ

  
得点計算のコツ

最初にちょっとしたコツを教えましょう。但し、この場合100%正確には点数が合ってこないことがあります。でも、ほとんどの場合(90%位かなぁ)この方法で点数はカバーできるはずですので頑張って覚えて下さい。まず、下表を覚えましょう。

これは、麻雀点数表です。例えば、子の30符3翻ロン上がりの場合はこの表を見ると3900点ということがわかります。同じく親の50符2翻ツモ上がりの場合は1600点を他から頂けるといった具合です。「え〜こんな表、覚えられない。」と思った人はいませんか?でもここからが門清流。極端な話、覚えるのは「子の1翻の列」で結構。これだけなら20〜70符×2(ツモ、ロン)=12項目だけです。しかし、もっと極端に言えばロン上がりの点数だけでもOKなのです。これなら6項目しかありませんね。なぜでしょう・・・その理由は以下の通りです。

@ 同じ符で翻数がアップすれば点数は単に倍々になるだけである。
A 親の点数は子の1.5倍である。
B 子のツモ上がりの場合、その点数の1/2を親が、1/4を子が支払う。
C 親のツモ上がりは点数の1/3を子が支払う。(子がツモ上がりした場合に親が子に支払う点数を逆にもらう)

どうでしょうか。表を見て確認してみて下さい。子の1翻の列だけを覚えるだけで小学生程度の計算ができれば他を網羅できるのです。でも、翻数がアップしても正確に倍になっていない箇所がいくつか(子の30符など)ありますね。これが最初にお話しした「100%正確でない」といった所です。ここは自分で覚えるしか手がないのですが、麻雀を覚えたあなたならこれくらいは簡単に覚えられるでしょう。

それでは、「符」はどうしたらいいのか。確かに「点数計算のできない人は符の算出ができないから。」という人がほとんど。しかし、符の問題も門清流で解決。各符になる説明は以下の通りです。


20符 上がり役にピンフとツモが重複している。
30符 上がり役にピンフが入っている。
40符 上がり役にピンフが入っていない。
50符 上がり役にチートイツが入っている。
60符70符 今のところはあまり気にしない。

注意事項
(A) ツモ上がりの場合は10符減る。
例)タンヤオのみ:40符1翻、タンヤオツモ:30符2翻。
(B) チートイツは50符1翻で計算。
「チートイツは2翻」となっていますが、得点は50符1翻で計算します。例)チートイツのみ:親2400点,子1600点。リーチチートイツ:親4800点,子3200点。
(C) チートイツの場合ツモ上がりでも10符減らない。
例)ツモチートイツでも子で3200点(1600/800)。

どうでしょうか、覚えられそうですか?60符70符は滅多に出てきませんので最初のうちはあまり気にしないでもよいかと思います。手牌にアンコが多いとか、カンを2回した、などすると符は跳ね上がりますが頻繁にはないことです。符の詳しい算出方法は後で説明してありますので、そちらをご参照下さい。

最後にアドバイスを数点。点数表を見ていただくと、ある程度の決まった数字しか出てこないことに気づきませんか?例えば、親の20符と子の30符は同じですね。子の20符、40符はほとんど同じです。覚える数字は多くないのです。あと、点数は語呂合わせで覚えます。ザンク(3900点)は誰でも聞いたことがあるでしょう。他、例を挙げますとニンロク(2600)、ザンニ(3200)、ゴンニ(5200)、ゴッパ(5800)、チッチ(7700)、ゴミ(500/300)、ナナトオサン(1300/700)、イチロクパッパ(1600/800)、イチサンニンロク(2600/1300)等あります。

以上のことだけでも充分、実戦にお役に立つかと思われます。点数表を印刷し、使用して頂いても結構です。

さて、次からは正確な点数計算のお勉強です。麻雀の点数は最初に出てきた表からもわかりますが、符と翻の組み合わせによって算出されます。点数計算ができない人で「翻数は知っていても符がわからない。」という人が大半だと思います。まずは、その『符』の算出方法について説明していきましょう。

はじめに(戻る)||(次へ)符の計算

Sorry!This site is Japanese only.
このサイトはIE5.5にて動作確認しています。可能な限りIE5.x以降でご覧下さい。