何でもありのブエノスアイレス日記、今年2000年を始めます。それに、10年目にとうとうなりましたから、なんとか、続けられるようにがんばりますから、応援してくださいね。

COMIDA>>>>>
日記がわりに何を食べたかを書きます。 ナスの揚煮(中華街で買った日本のナスはおいしい)
GUISOというお肉のシチュー
MERLUZAという白身魚のフライ
PASTEL DE PAPAというコロッケのころもがなくて チーズを上にのせてオーブン式にやいたもの。。
ALBONDIGAという肉団子のトマトソース煮
明日はMILANESA(牛かつ)かな、。。。。。
2000年05月12日 12時54分46秒

MAILING LISTがなかなか発展してきました。 みなさんのおしゃべりから、
「とってもアルゼンチンする」 という言葉が生まれたり、すごいですね!
他にも「はまタン」というのもあります。 タンゴにはまってしまって人生を変えてしまった人たちを 私はこう呼んでいます。
私はタンゴは実は特には踊れません。…でも、 今週の火曜日から六本木のARTS CITYのオーナーが きていて日本で、また世界ではじめての常設MILONGA (タンゴダンスホール)を作っているということで 通訳コーディネータをしていました。
タンゴの靴、ドレスなど、、、MATEもたくさん買い込み ましたから、、、もうすぐ販売されると思います。
アルゼンチン文化の発信地となると思いますよ。…
2000年05月08日 00時29分39秒

MUERTE DE UN AMIGO
お通夜に行ってきました。 友人がなくなったのです。
水川淳VICORです、たいへん優秀な方で日系社会の次世代リーダーというか、もう、1世の年配者に混じって対等にやっていた人でした。両言語も堪能で、FANAという現在アルゼンチン日系社会の代表機関でも感じをしていました。33歳でした。ちょっとびっくり、もしかしてこのHP読んでいる方、ご存知の方もいらっしゃるかもね。狭い日系社会ですし、ブエノスアイレスに親戚も家族もいない私にとっては、身近な人が亡くなる度に、身内がいなくなるような気がします。
お通夜のために、久しぶりに会えた人もいましたが、こんなときにだけ会うなんてさびしいですね。
2000年04月29日 16時45分07秒

Feria Del LIBRO
本日はFERIA DEL LIBRO 国際書籍展に行って来ました。(PLAZA ITALIAの 近く、RURAL展示会場です)
私の言語学の先生の先生が書かれた本の発表の後、 いろいろ見て回って、最後の11時までいました。
言説分析という日本語では硬い名前の専門ですが、要は言葉が社会の中でどのように、人々の知識と関係しているか、表現されているかという問題について研究します。。。なんだか、鯨問題についての研究なんていいかな、、、と思いました。(結構、グリーンピースとかね)
明日からの週末は12時までやっていますよ。会場は午後3時からというのもブエノスアイレスらしいかしら?
2000年04月28日 14時33分20秒

Hay muchas cosas que contar.....
たくさんお話することはあるのですが、 毎日のことで忙殺されています。 日本語のクラスのこと、金曜日のブックフェアのこと、日本から来られる人のこと、などいろいろですね。。。 ただ、日本の後輩から以下の情報がありました。<p> 戸井十月 の「ロシナンテの助」集英社先週ごろ発売で、 表紙はまっかな、チェ ゲバラのアップです。

CHEはアルゼンチン人っていうのは、こちらに来てしったのだし、CHEというのもアルゼンチンのスペイン語で相手のことを親しみをこめて呼びかけて使うので、彼のニックネームになったとか。。。。 吉本ばななも「不倫と南米」という本をだしたとかで、この頃、アルゼンチンのことが本にもなるようになったのは、すばらしいことです。

2000年04月27日 15時00分13秒

FELIZ
本日の夜はアルゼンチン日本インターアクションパーティです。
アルゼンチン人の、日本語を勉強している人、日本文化(俳句 合気道、剣道、マンガなど)が好きな人。日本から、スペイン語やタンゴを学びにきている 方、交換留学生、駐在の人、など、いろいろなメンバーの日本陣も です。
8時集合なのは、みなに少なくとも10時ごろには来てほしいからです。 これって、ルーズじゃなくて、時間の感覚にズレがあるからなんですよね。。。。 日本陣は炊き込み御飯とおにぎりで行こうかな、と思っています。 おそらく、EMPANADAS(肉つめパイ、チーズ、ハムの場合も)とか、PIONONO (先日紹介しましたね) SANWICHでもいいし、、、、飲み物も必要ですね。。。 それで、MATE茶の立て方講習会、そして、ダンス講習会もある予定です。
実はこの時期アルゼンチンの人は家族で集まります。 キリスト教は国教ですし、まあ、単に休みということも あります。 その機会に日本から来ている人たちはやっぱり、 家族がいませんから、大きな家族で何でもいいから 集まろうと、また、そのときにアルゼンチン人と友達に なり、そんな家族の集まる機会に誘ってもらえることも あるのではないか、要はその時期に、養子的にうちに 連れて行ってもらえるかな。。。。ということで、 昨年はクリスマス、また、今は、PASCUAの時期にやって いるのです。
だから、いつもお祭り騒ぎをやっているわけではありません。 (念のためにね) イースターのお休みです。大きな家族でお祝いしましょう。 FELIZ PASCUA!
2000年04月21日 01時43分25秒

もうすぐアルゼンチン日本インターアクションパーティです。
久々に日記を書いていますが、 一昨日もまた、日本から女の子が私費留学に来ていましたが、 なんと!5日もまともに食事をしたことがない、乗り物に乗れないから歩いて 移動している、という悲惨なことを聞いて、早速MILANESA(牛かつ) とPIONONO(ロールケーキにいろいろな野菜やハムとかはさんであるの) をいっしょに、買い物行って、作って、食べました。 しかし、私のホームページは見ていて、推薦していたDEL SURの スペイン語学校に行ったからわかったんだけれどもね、。、、メイル出すのを気 後れ していたらしいです。でも、また、昨日からETTYのアルゼンチンのうちにも 入って、5人の外国からの学生さんたち(今は、MEXICO, ECUADOR、 USA,  SUISA,JAPONです)と過ごすことになったし、 DEL SURにも、これは本当に歩いていける距離にあるし、よかった、よかった、、、 また、慣れて、自立していければいいんですものね。。。。 昨日は仕事探している、という人から電話があったし、、、全くうちには たくさんの人が行き来しています。でも、4月20日にはアルゼンチンー日本 インターアクションパーティを開きますから、お近くにいらっしゃる方はご参加 くださいね。
2000年04月14日 23時07分48秒

MAILING LIST
最近また日記をさぼっているようですが、実は最近メイリング リストを始めましたので、そちらの方に力がいっています。
なんと、福岡にアルゼンチンのお店があるそうで、これで、 日本全国にあるアルゼンチン関係のスポットがそろうのではないか、 という期待をもっています。もう、27人の登録があって、 とっても嬉しいです。

"もっとアルゼンチン!”

2000年04月04日 14時12分46秒

ブエノスアイレスの夜、、、
昨夜は久々に友人たちとBARBAROで集まりました。
TRES SARGENTOSとRECONQUISTAです。
マイアミに行っている友人が少し帰ってきたので、 ですが、結局はお祭り人間たちなので、まあ、いいか、という感じです。 しかし、彼はコロラドでスキーをしていて、腕を骨折してしまい、そのあと、 マイアミで仕事をしながら、療養中だったとか、かわいそうねーーー
本当に誘ってくれたのは私の日本語の生徒で友人でおにいさんとあがめている 人です。この方は本当にGENEROSO(心が広い)ので、このページを見ている 私の友人のみなさんもお世話になったことがあります。結局この人がみなさんをご招待してくれました。
15人くらいいたけれども、みなさんでCHAMPU(シャンパン)飲んで、CHOP(生ビール)もあったし、ピーナッツを散らかしながら、わいわいしました。
そのあと、PUERTO MADEROというベイサイド地域にできたDIVINO BUENOS AIRESという センターで夜はクラブとかあるのだけれども、そこに踊りに行きました。いつの まにか、7人になっていたけれども。 普通のディスコ音楽なのですが、昔の曲もかかって、と思ったら、結構年代層は 高く(というか、ディスコって、18歳とか22歳ぐらいまでが普通主流だから) ビジネスマンが多いのでヤンエグを見つけたい方はここはチェックしたほうが いいでしょう。
今日は軽くせめてみました。。。。だから、帰ってきたのは3時ごろですね。。。。実は先に抜けてきたんだけれども、、、でも、普段もこれぐらいに寝るから変わらないけれども…。
2000年04月01日 00時57分33秒

2000年03月29日 15時19分04秒
アルゼンチンに来たきっかけは。。。
これは別のところにページを作っていたのですが,それを読んでからの方がなお、わかりやすいです。

私が9年前!に受けた海外開発青年は、国際協力事業団(JICA)が移住事業部の中の市事業として行っていたものでした。ですから、現在、外務省の移住政策がなくなってしまったので、この制度は“日系青年ボランティア”として、形を変えてしまいました。即ち、有名な協力隊の日系社会版です。しかしながら、その当時は、移住を志してもいい(志す、ではありません)青年が自己の能力と技術を、日系社会で生かしながら,移住の可能性を探る、というものでした。当然、特にブラジル派は、結構その当初の目的を意識した人たちが多かったように 思えますが,とにかく、18歳から35歳までの、若い、結局はこれから、どうなるか、わからない人たちで、それぞれの理想、夢、希望が入り混じった、すごい集団が10月ごろに、根岸の“移住センター”に結集しました。その前に、試験の様子とかは、今年、日系ボランティアとして来た人が、体験談を書いてくれましたので,これを近日UPしますので、参照してください。約2ヶ月の研修は、体力強化、語学、現地事情などと、バラエティに富み、また、常に寝食を共にする友人,家族的な団結も生まれ,また、同センターに研修にきている、日系の若者とも交流しながら、南米に,当事は“長く”“3年も”行って帰ってこないという感慨も浮上し,ひたすら、“最後”の日本を楽しみ、また、現地に行くまでは、日本では“無職”“ただ飯食い”の資格をエンジョイしながら過ごしました。結構、ハメをはずしたこともありましたが、本当に“最後”というので、何もかも許された思いでした…と、いいながら、いまや、、、10年目なんですよね。…。


2000年03月24日 20時42分16秒
誕生日 CUMPLEANOS
実は昨日は私の誕生日でした。 スペイン語での誕生日ソングは
QUE LOS CUMPLAS FELIZ!
QUE LOS CUMPLAS FELIZ!
QUE LOS CUMPLAS, TOMOKITA!
QUE LOS CUMPLAS FELIZ!

なのですが、幼稚園では

QUE LOS CUMPLAS FELIZ
CON UN GRANO EN LA NARIZ
Y EN EL MEDIO DE LA TORTA
UN ENANO HIZO PIS.

といって、友達をいじめるのだそうです。 スペイン語の発音はローマ字読みとほとんど 同じですから、簡単ですよ。 毎年、誕生日の日は正月も大体仕事している私のOFF日なので、もちろん、プレゼント、電話、ちょっと、訪問は受け付けますが、パーティ等はしません。
でもって、肝心のAMIGOは何と!気づいていなかった!!!”何で早くいわない!”とまたまた始まるのでした、、、あああああ。


2000年03月23日 12時50分34秒
スペイン語教育
なんとか、日記続けていますね。たまに、日にちが飛びますが, ご容赦ください。少しずつですが、励まし、感想のお便りをいただいています。 そうすると、図にのって、また頑張りますので,よろしくお願いします。
さて、今週はまだまだ長引く風邪の中,大学院のレポートを書いています。 SOCIOLOGIA DEL LENGUAJEといって、ことばの社会学という科目です。 実は、教えているLENGUAS VIVASで外国人のためのスペイン語教員養成科に入っています。
実は私、これを1994年にやりたかったのに、今、去年の9月から講座が始まりました。 それまで、別の大学院、言語科学修士課程にいた(いる?)ので、いろいろ重なっているのです。だから、別の大学院では、もっと難しい風にやったので、社会学は簡単な方ですが,やっぱり、古スペイン語なんて、結構難しいです。日本人がどのようにスペイン語を学ぶか、また、学んだらいいか、こんなのはすごい研究テーマで、現在、DEL SURという学校で、異文化コーディネータもしながら、各種、先生へのコースデザインのアドバイスと、生徒への適切な コースの取り方、悩みなどの相談に載っています。
もちろん、この学校だけでなく、何か必要なことがあれば、どうぞ、という感じですが、でも、効率よく、できるだけ早く、できるだけ経済的に安価で、ということが重要ですよね。

2000年03月22日 07時45分50秒
日本びいきのタンゴダンサー
友人のタンゴダンサーが今日うちに遊びに来てくれました。
というか、土曜日にちょうど、ラテンアメリカ老人クラブの 総会があり、そのアトラクションに踊ってもらうためです。
これは実は無報酬なのですが(交通費ぐらいは出るけれども) こころよく出てくれるそうです。
この老人クラブの監査をしている人が友人で アトラクションにいろいろな人を頼んでいるのですが、 ちょうど、ダンサーに心当たりはといわれたのでした。 実は、日本で知り合ったアルゼンチン人ダンサーで、 もう9回も行ったそうです。通算2年半ですって。ダンサーとしてもいいのですが、 先生としても、ちゃんとダンスの先生の免許もあるそうです。今度日本で教えることになるそうです。(すごい!)
ついでに、今日、いろいろにインタビューしたので それを新聞に載せてもらおうと思っています。 本当に日本が好きみたいねー JAPANと書いたTシャツ着てきたんですよ。…
私がアルゼンチンの旗を持ってあるいているのと 反対。…

2000年03月21日 03時51分45秒
今日はなつこの日記です。
今日は、お友達のなつこさん(日本から来アルゼンチン1年、スペイン語留学) が私のうちに遊びに来て、ごはんを食べて、お手伝いをしてくれています。 以下、なつこさん談。
今日はともこちゃんの家に能古(のこ)うどんを持ってきました。
お母さんがわざわざ送ってくれた郷土(福岡市西区)のうどんです。このうどんは半生で、ざるうどんにして 食べました。
久しぶりの日本の味に二人して感動しました。その後、ともこちゃん手作りのPECETO RELLENOを食べました。これはアルゼンチンではおもてなし肉料理の一つ(中に、ハム、チーズ、パイナップル、卵、野菜などを詰めます)で、 かなり手間のかかるものですので、これができると、アルゼンチンでお嫁にいけるといわれています。だから、なつこもAPRENDER(練習)しなくては、。。。。
この後は冷蔵庫の冷凍庫の氷の始末をしなければいけません。
この間、自分の家の冷凍庫を掃除しているときに、ふと思ったのが、、、、ペンギンってたいへんよね、。、。、。でした。
なんでかというと、こんな厚い氷とともに、生活しているなんて、、、あんなに小さいのにたいへんです、と思いました。
それを話したら、ともこちゃんが「ペンギンはいつも氷の上にいないよ、パタゴニアなんて、海辺の砂浜の上にいるよー」と夢を壊すことを言います。
しかし、彼女はペンギン通なんですよ。ふと、何年か前にテレビで見た、“おつかいららちゃん“を思い出しました。
このららちゃんは、皇帝ペンギン?で、宮崎?の喫茶店のオーナーが飼っていて、忙しいために、ある日、ららちゃんに自分のお魚は自分で買ってきなさい、といって、目の前にある、魚屋さんにお使いに生かせたのが始まりで、それから、ららちゃんは一人?で背中にリュックを背負い、オーナーに千円札を入れてもらい、毎日、ひたすらお魚を飼いにいっているとのことです。
こんなところにも、ペンギンは生活していたと考えると、やっぱり氷の世界だけではなかったんだ、、、と改めて、ともこちゃんの話は正しい、と考え直しました。

2000年03月20日 13時50分25秒
また一つの決心
昨日からマーケッティングリーダーシップセミナーに行っている。これが、ビジネスに役立つだけでなく、人生にも応用がきくからおもしろい。また、実は私のスペイン語もここで、かなり上達した気がする。さらに、日本語を教える際に、生徒の対応など、とにかく、人間関係の向上にもいい。アメリカからなんと、アルゼンチン人の講師が来たのもよかった。実は彼、友人の息子でもある。各種企業のマネージャークラスの人への教育活動、コンサルティングをしているが、先日、こちらの新聞LA NACIONが呼んで、EXPO MANAGEMENTのときには$500ぐらい払っての講演会であったが、今回は$130と超お得であった。2日間びっちりである。今回の中心テーマは物事に対する自分の態度を見直すこと、本当に自分がそのテーマについて知っているのか、そして、状況や他人でなく、物事を自分で決定する態度、責任をとること、そして実行することを覚えること、であった。
ここで、また、一つ決心をした。こんなことはわかっていたことだけれども、まだまだ実行が足りない、うーん、もっと人生は自分で決めようと、実はいつも優柔不断なのです。。。この結果はまたお話できるかしら。

2000年03月17日 01時24分22秒
うちの若者生徒。。。。
今日はNICOちゃんとAちゃんの日本語クラス。彼らは異例に17歳!
武道家と語学センスのいい子、そしてアニメファンというのは日本語を学ぶ若い アルゼンチンの代表。…EVANGELIONの歌を訳させられたり、NICOちゃんは 武道大学に行きたいから、調べてくれ、、、仏教のことばとか、、たいへん。 全然、授業が進まないけれども、質問に答えるのも重要なこと。
本当にPREGUNTON(質問したがり、どしてくん、みたいね)で困ってしまうよ。どなたかメイルでお友達になってくれる人いませんか?

2000年03月16日 13時08分29秒
スペイン語テストとMACHISMO
火曜日はスペイン語のCEIのテストでした。これはアルゼンチンで行われ るスペイン語検定のようなもので、ブエノスアイレス大学UBAが主催して行われま す。まだ、BASICO(初級)と中級(INTERMEDIO)しかありません。朝の10時か ら13時半まで筆記テスト、16時から16時半まで聴解、それから順番に口頭 試験があり、終わったのは18時半でした。
しかし、翻訳の仕事の校正が残 っていた私は、お昼休みにうちに帰り、校正し、わからないところを質問するた め友人に電話をかけたりして、それを届けるために呼んだハイヤーに乗って送っ てもらい、15分遅刻して、聴解テストに望んだのでした。
けれども、(聴 けなかった分、半分をもう一度流してくれました。こんな融通が利くのはいいわ よね)、”夜は栄養のある食生活のため”の、講師として呼ばれていて(何と私 は日本食のエキスパートのように思われてしまっている!?)
テスト疲れ( これが長い、一日中かかる)とまだ風邪ひきさんなのをがんばっていって、だる く帰ってきたら少しして、 AMIGOが来て、「もっと 早く来ていたのに。そんなに遅く帰ってくるなんて聞いていない。」と文句を言 われてしまいました。うーん、ご機嫌ななめでたいへん。
基本的にアルゼンチン はマチスモといいまして、いわゆる、男尊女卑ってやつなのです。なんとなく、 LATINOだからいつも軽いこと言っているだけと思われがちですが、結構そうでも ないんですよ。

2000年03月16日 13時07分41秒
暑いブエノスアイレスとLENGUAS VIVAS
また、暑さがぶり返してきました。
暦の上ではもう、秋にさしかかるブエノスアイレスなんですが、 やっぱりまだまだ暑く実は涼しいときなんて、一瞬でいきなり冬になってしまい ます。
今週月曜日、唯一の勤務先のLENGUAS VIVAS(ブエノスアイレス市立外国語 大学)で日本語講座の申込み受付けが始まりました。 月曜日はレベルチェックテストをしまして、受けた人はまずますのできでした。
ブエノスアイレスにいらっしゃる人、遊びに来てください。日本語を学んでいるアルゼンチン人、楽しいですし、みなさん、日本人との交流を楽しみにしています。

2000年03月13日 20時52分46秒
翻訳もするけれども。
やっぱり、アルゼンチンで翻訳していると、ジャンルが選べないし、日本語にとか、スペイン語にだけとか言っていられないので、何でも引き受けてしまうしか仕方がない。最近では、恐ろしい薬学関係まで、やってしまった。これで、まだ死人がでていないから、いいか。。。。
今やっているのは機械関係で、全然わからないけれども(機械のしくみ)やっていて、でも、結構単純作業なので、息抜きで現実逃避してインターネットで遊んでいるけれども、、、もしかして、その時間の方が長いかもしれないね。…
だから、通訳のほうが好きかもね、その場限りの真剣勝負だし。でも、好きなものを訳して皆さんと共有するのは楽しいと思うから、何か訳して皆が読んでくれたらな、、と思うものは隠居のときの楽しみにしようかな?
昔、亜国日報という新聞があって、そこの編集長の田中さんが書いたアルゼンチンの民話ってとてもすてきです。先日、このお花は?と聞かれて(PALO BORRACHO)なんだけれども、詳細に説明できたのは田中さんのおかげです。おじいちゃん、お元気かしら?思い出したので、電話してみましょう。
とっても博識な方なんですよ。

2000年03月13日 13時07分39秒
夜のブエノスアイレス
今は、夜なんですが、夜中ではありません。 (この日記の時間は日本時間で出ますので 12時間引いて考えてください)
ブエノスアイレスでは夜が長い、長い、 夕食時間が9時以降が普通なのだけでもおわかりです。
先日日本からの旅行のかた、掲示板でも、見られました、黒澤さんを夜のRECOLETAにご案内しました。。。。(お迎えに行ったのは午前1時!)
ということで、私は概して夜行性です。また、時間が決められた仕事や、勉強のほうも、だいたい、4時ぐらいから、とか、6時から8時半とか、9時半、10時までなのです。
もちろん、例外はあって、通訳とかで出る日は朝とか、お昼の早いうちとかですから、まちまちですが、うちに電話するときはみなさん、9時以降にしてね、というのがお願いです。それぐらいから、営業時間です、なんて。。。。

2000年03月13日 05時33分23秒
新しい決意!10年目だし、、、、
1991年2月23日が私がアルゼンチン、ブエノスアイレスに到着した日です。
その前はきたこともなく、せいぜい、メキシコだったのに、また、海外開発青年の36人の仲間が途中で一人、また、一人と降りていき、最後に5人のメンバーがこの地に降り立ったのでした。あれから、もう9年以上たつなんて、本当に信じられないのですが、いまや、もう一人のメンバーと私が生き残りとなりました。みんな何しているのでしょうね。
でも、私はこの国を、町を自分のものとして、ようやく最近ここで自分というものを見出してきました。このホームページを始めたのもその一貫です。これからまた、新しい出会いがあるでしょうが、すばらしいツール、インターネット、そして、また、すばらしい人たちと出会いたいと思います。
そのために、少しでも私をしってもらうため、また、ブエノスアイレスのわくわくする毎日、何でもある毎日をお伝えしようと思います。
ご質問等があったらメイルくださいね。

私のホームページへ | HeartLand-Himawariのページへ | メイン | 今すぐ登録